出版案内
福祉事業団
47NEWS

京大院生の電子音楽が人気 高分子研究の傍ら音の夢創造

自宅のワンルームマンションに置かれた音楽制作の機材を前に、「作り手でいたい」と語る有村さん(京都市西京区)
自宅のワンルームマンションに置かれた音楽制作の機材を前に、「作り手でいたい」と語る有村さん(京都市西京区)

 京都大工学研究科で高分子を研究する大学院生の有村崚(りょう)さん(24)=京都市西京区=がインターネット上で公開する電子ポピュラー音楽が人気を集めている。分子の連なった高分子が新たな性質を獲得するように、パソコンで音を幾重にも重ね合わせて音楽の新たな風景を作り出した。評判から、レコードが発売され、クラブ出演依頼も相次いでいる。

 有村さんは「in the blue shirt」名義で曲を制作、動画投稿サイト「ユーチューブ」や「サウンドクラウド」で無料で聴くことができる。代表曲の一つ「toward morning」は、ドラムスやベース、キーボードの音をパソコンで打ち込んで作った楽曲に、ギターの生の音を重ねて制作した。夢の中を漂うような浮遊感とノスタルジックな雰囲気が特徴だ。

 ダンスミュージックが多いが、温かみのある音でじっくり聴かせる曲も制作する。ボーカルの素材を細かく刻み、順番を変えてつなぎ直す手法も多用。「声を細かく切っていったときに『意味を持った単語』が『無意味な音節』になる感じがいい」と話す。

 音楽制作のきっかけは留年だ。数単位が足りず、2年の前期終了後にコース配属されなかった。「暇ですることがない」とパソコンに音楽制作ソフトを入れて曲作りを始めた。ギターも弾けたが、「楽器がうまい人は多い。スタジオミュージシャンには簡単に勝てない」と、いわゆる「打ち込み」音楽を目指した。

 ネット公開後、パソコンで音楽を作る人たちとのネットワークができた。ファンの声にも後押しされ、約2年前から左京区の「METRO(メトロ)」をはじめ、京都や大阪のクラブにも出演するようになった。同じジャンルのアーティストのアルバムにも参加。昨夏には自身単独の初作品も出した。

 現在、修士課程1年で、来年4月には就職予定だが「曲作りは続けていきたい」という。大学では「高分子の自己組織化シミュレーション」を研究する傍ら、帰宅後はパソコンに向かって曲作りに没頭する。

【 2016年02月05日 12時18分 】

ニュース写真

  • 自宅のワンルームマンションに置かれた音楽制作の機材を前に、「作り手でいたい」と語る有村さん(京都市西京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      吉本芸人のテントさん死亡
      大阪、車にはねられる

      20160928000001

       27日午後7時50分ごろ、大阪市天王寺区生玉前町の交差点で、吉本興業所属の芸人テントさ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      アラダイス監督と契約解除
      問題発言、事実上の解任

      20160928000019

       【ロンドン共同】イングランド・サッカー協会(FA)は27日、7月に就任したばかりだった..... [ 記事へ ]

      経済

      キム世界銀行総裁の続投決定
      任期は17年7月から5年間

      20160928000030

       【ワシントン共同】世界銀行は27日の理事会で、キム総裁(56)の続投を全会一致で決めた..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      空間丸ごと幻想アート 滋賀・近江八幡で国際芸術祭

      20160928000036

       国内外の現代アート作家55組の作品を集めた国際芸術祭「BIWAKOビエンナーレ」が、滋..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      鳥取砂丘で月面探査車試験
      国際コンテスト参加の民間チーム

      20160927000116

       民間による月面探査一番乗りを競う国際コンテストに参加している日本の民間チーム「HAKU..... [ 記事へ ]

      国際

      古川さん不明で画像公開、カナダ
      男性と歩く姿

      20160928000043

       【ニューヨーク共同】カナダ警察は27日、同国西部バンクーバー留学中に行方が分からなくな..... [ 記事へ ]