出版案内
福祉事業団

「青い目の人形」絵本に 滋賀、稲枝北小が制作

青い目の人形「マリオンちゃん」(左)の歴史を伝える絵本と冨永さん=彦根市下岡部町・稲枝北小
青い目の人形「マリオンちゃん」(左)の歴史を伝える絵本と冨永さん=彦根市下岡部町・稲枝北小

 戦前に日米友好のため米国から贈られた「青い目の人形」を保管している滋賀県彦根市下岡部町の稲枝北小が、人形の歴史を伝える絵本「マリオンちゃん」を県立大の学生らの協力を得て制作し、20日に児童らに披露した。

 人形は1927年、日米関係が悪化する中、米国の宣教師の呼び掛けで約1万2700体が日本各地の小学校に贈られた。県内にも135体が届いたが、太平洋戦争が始まると「敵性人形」として処分され、県内に現存するのは4体という。

 「マリオン・L・スナイダー」と名付けられた同小の人形は、衣服や木箱がほぼ完全な形で残る。戦争中も「人形に罪はない」と人々が大切に守り抜いた人形を後世に語り継ごうと、同小が絵本の制作を企画した。

 県立大の学生たちが協力し、同小の教員らと話し合いを重ねて絵や本文を練り上げ、英文も併記。戦争の場面をあえて文章にせず、絵だけで子どもに考えさせるようにした。

 絵を担当した人間文化学部4年の冨永彩音さん(21)は「人形を守った優しい心を大事に、学習に役立ててほしい」と話し、同小6年早崎真生さん(11)は「かわいくて、わかりやすい。人形が残っていることを誇りに思います」と話した。

 絵本は同窓会やPTAの寄付で500部制作し、全校児童のほか市内の公民館などに配布する。

【 2016年02月21日 09時05分 】

ニュース写真

  • 青い目の人形「マリオンちゃん」(左)の歴史を伝える絵本と冨永さん=彦根市下岡部町・稲枝北小
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      京都・舞鶴漂着、人骨回収の木造船 右前部大きく損傷

      20161203000015

       京都府舞鶴市沖の若狭湾で11月30日に見つかり、船内や海底から8人分の人骨が回収された..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      米女子ゴルフ予選会、畑岡が首位
      来季の出場資格争う

      20161203000011

       【デイトナビーチ(米フロリダ州)共同】米女子ゴルフツアーの来季出場資格を争う最終予選会..... [ 記事へ ]

      経済

      ペッパーが観光案内や授業 京都府とソフトバンク協定締結

      20161202000159

       京都府は2日、情報通信技術(ICT)を生かした地域活性化を目指し、情報通信大手ソフトバ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      もうすぐシーズン、ゲレンデ作り急ピッチ 滋賀・箱館山スキー場

      20161202000144

       冬季スポーツ本番を前に、滋賀県高島市今津町の箱館山スキー場で、人工雪の「雪まき」が急ピ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      青森、系列農場でも鳥インフル
      アヒル4千羽処分へ

      20161202000115

       青森県は2日、青森市北部の農場で食用アヒル(フランスカモ)が死んでいるのが見つかり、遺..... [ 記事へ ]

      国際

      政権転覆計画で10人拘束
      インドネシア、活動家ら

      20161202000100

       【ジャカルタ共同】インドネシア国家警察の報道官は2日、首都ジャカルタで同日開かれたバス..... [ 記事へ ]