出版案内
福祉事業団

爽やか「みかんうどん」 龍大生、余った皮使い開発

龍谷大の学生たちが考案した「みかんうどん」。ミカンのほのかな香りが魅力という
龍谷大の学生たちが考案した「みかんうどん」。ミカンのほのかな香りが魅力という

 ミカンの皮を粉末にしてうどんに練り込んだオリジナル商品「みかんうどん」を、龍谷大の学生と和歌山県の農家が作った。農家がホームページで24日に販売を始め、今後は和歌山県内の観光地などで土産物としても売る。学生たちは「ミカンが香っておいしいのでぜひ食べてみて」と呼びかけている。

 果皮を5%含み、麺は鮮やかな黄みを帯びている。すっきりした味わいで、サラダや鍋物に適しているという。

 龍谷大経営学部の藤岡章子教授のゼミ生4人が、和歌山県有田市の農業生産法人「早和果樹園」と協力して開発した。果肉を使うジュースなどを作った後に余りがちなミカンの皮を有効活用する。ミカンとうどんという組み合わせの妙で商品としてのインパクトを重視。果皮の粉末を使って製麺してくれる業者も学生が探した。

 1袋2人前で680円(税込み)。開発に加わった3年竹中健人さん(20)は「将来的には和歌山県の特産品として定着させたい。大学構内でも販売できれば」と話している。

【 2016年02月24日 22時40分 】

ニュース写真

  • 龍谷大の学生たちが考案した「みかんうどん」。ミカンのほのかな香りが魅力という
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      アスクル倉庫火災ほぼ消火
      発生から丸6日、埼玉

      20170222000035

       埼玉県三芳町の事務用品通販アスクルの物流倉庫火災は22日、発生から丸6日が経過した。県..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      佐藤が優勝、岩佐2位
      ジャンプ(22日)

      20170222000068

       札幌冬季アジア大会は男子個人ノーマルヒル(ヒルサイズ=HS100メートル)が行われ、佐..... [ 記事へ ]

      経済

      10ヵ月連続前年割れ 京都の4百貨店売上高

      20170222000017

       京都百貨店協会が21日発表した京都市内4百貨店の1月の売上高は、前年同月比2・0%減の..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      春秋座で公演、思い新たに 都をどり写真撮影

      20170222000074

       京都の花街の祇園甲部歌舞会は22日、春の公演「都をどりin春秋座」のプログラム用写真の..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      京都の廃食油再利用窮地 次世代軽油、開発を断念

      20170222000027

       家庭や事業所の廃食油からバイオディーゼル燃料(BDF)を精製し、ごみ収集車などに使う京..... [ 記事へ ]

      国際

      93歳ジンバブエ大統領続投表明
      欧米、独裁的な政権運営に批

      20170222000047

       【ダカール(セネガル)共同】アフリカ南部ジンバブエのムガベ大統領は21日、93歳の誕生..... [ 記事へ ]