出版案内
福祉事業団

爽やか「みかんうどん」 龍大生、余った皮使い開発

龍谷大の学生たちが考案した「みかんうどん」。ミカンのほのかな香りが魅力という
龍谷大の学生たちが考案した「みかんうどん」。ミカンのほのかな香りが魅力という

 ミカンの皮を粉末にしてうどんに練り込んだオリジナル商品「みかんうどん」を、龍谷大の学生と和歌山県の農家が作った。農家がホームページで24日に販売を始め、今後は和歌山県内の観光地などで土産物としても売る。学生たちは「ミカンが香っておいしいのでぜひ食べてみて」と呼びかけている。

 果皮を5%含み、麺は鮮やかな黄みを帯びている。すっきりした味わいで、サラダや鍋物に適しているという。

 龍谷大経営学部の藤岡章子教授のゼミ生4人が、和歌山県有田市の農業生産法人「早和果樹園」と協力して開発した。果肉を使うジュースなどを作った後に余りがちなミカンの皮を有効活用する。ミカンとうどんという組み合わせの妙で商品としてのインパクトを重視。果皮の粉末を使って製麺してくれる業者も学生が探した。

 1袋2人前で680円(税込み)。開発に加わった3年竹中健人さん(20)は「将来的には和歌山県の特産品として定着させたい。大学構内でも販売できれば」と話している。

【 2016年02月24日 22時40分 】

ニュース写真

  • 龍谷大の学生たちが考案した「みかんうどん」。ミカンのほのかな香りが魅力という
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      フリーゲージトレイン、検証走行
      来年3月まで摩耗対策確認

      20161203000133

       鉄道建設・運輸施設整備支援機構は3日深夜、九州新幹線長崎ルート(博多―長崎)に導入予定..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      スピード、高木美帆が千で初優勝
      W杯第2日

      20161203000116

       【アスタナ共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)第3戦第2日は3日、カザフスタ..... [ 記事へ ]

      経済

      年80万人、高速やクルーズ追い風 京都・舞鶴とれとれセンター

      20161203000110

       舞鶴の観光名所としてにぎわう道の駅「舞鶴港とれとれセンター」(京都府舞鶴市下福井)が来..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      山城ブーム、「丹波下村城」を観光に 京都・美山で住民ら調査

      20161203000119

       全国で山城ブームが広がる中、京都府南丹市美山町下区の住民たちがこのほど、地域の山中にあ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      パリ協定の行方、トランプ氏を注視 京都で温暖化防止シンポ

      20161203000126

       脱炭素社会の道筋を探るシンポジウム「市民が進める温暖化防止2016」が3日、京都市上京..... [ 記事へ ]

      国際

      ウズベク大統領選、4日投票
      路線継承掲げる首相が有力

      20161203000069

       【タシケント共同】中央アジアのウズベキスタンで4日、ソ連時代末期から約27年間にわたり..... [ 記事へ ]