出版案内
福祉事業団
47NEWS

爽やか「みかんうどん」 龍大生、余った皮使い開発

龍谷大の学生たちが考案した「みかんうどん」。ミカンのほのかな香りが魅力という
龍谷大の学生たちが考案した「みかんうどん」。ミカンのほのかな香りが魅力という

 ミカンの皮を粉末にしてうどんに練り込んだオリジナル商品「みかんうどん」を、龍谷大の学生と和歌山県の農家が作った。農家がホームページで24日に販売を始め、今後は和歌山県内の観光地などで土産物としても売る。学生たちは「ミカンが香っておいしいのでぜひ食べてみて」と呼びかけている。

 果皮を5%含み、麺は鮮やかな黄みを帯びている。すっきりした味わいで、サラダや鍋物に適しているという。

 龍谷大経営学部の藤岡章子教授のゼミ生4人が、和歌山県有田市の農業生産法人「早和果樹園」と協力して開発した。果肉を使うジュースなどを作った後に余りがちなミカンの皮を有効活用する。ミカンとうどんという組み合わせの妙で商品としてのインパクトを重視。果皮の粉末を使って製麺してくれる業者も学生が探した。

 1袋2人前で680円(税込み)。開発に加わった3年竹中健人さん(20)は「将来的には和歌山県の特産品として定着させたい。大学構内でも販売できれば」と話している。

【 2016年02月24日 22時40分 】

ニュース写真

  • 龍谷大の学生たちが考案した「みかんうどん」。ミカンのほのかな香りが魅力という
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      先斗町防火へ初会合 京都、住民ら避難誘導など議論

      20160728000153

       京都市中京区の先斗町で5日に発生した火災を受け、地元の住民団体や行政機関で結成した「先..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      テニス、錦織が準々決勝進出
      ロジャーズ杯

      20160729000006

       【トロント共同】テニスのロジャーズ・カップは28日、トロントで行われ、男子シングルス3..... [ 記事へ ]

      経済

      ジャンボ機の生産終了検討
      受注低迷で米ボーイング

      20160729000004

       【ニューヨーク共同】米大手航空機メーカーのボーイングが「ジャンボ」の愛称で知られる大型..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      暮れなずむ湖上、息災願い炎舞う 大津・唐崎神社、みたらし祭

      20160728000169

       疲れや悩みを癒やし今後の無病息災を願う「みたらし祭」が28日、大津市唐崎1丁目の唐崎神..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      福島原発、溶融燃料が炉底部に
      ミュー粒子調査で初確認

      20160728000138

       東京電力は28日、福島第1原発2号機の原子炉内を、宇宙線から生じ、物質を透過する性質が..... [ 記事へ ]

      国際

      法王、アウシュビッツへ
      ポーランド訪問開始

      20160728000005

       【クラクフ共同】ローマ法王フランシスコは27日、ポーランド南部クラクフに到着し、同国訪..... [ 記事へ ]