出版案内
福祉事業団
47NEWS

爽やか「みかんうどん」 龍大生、余った皮使い開発

龍谷大の学生たちが考案した「みかんうどん」。ミカンのほのかな香りが魅力という
龍谷大の学生たちが考案した「みかんうどん」。ミカンのほのかな香りが魅力という

 ミカンの皮を粉末にしてうどんに練り込んだオリジナル商品「みかんうどん」を、龍谷大の学生と和歌山県の農家が作った。農家がホームページで24日に販売を始め、今後は和歌山県内の観光地などで土産物としても売る。学生たちは「ミカンが香っておいしいのでぜひ食べてみて」と呼びかけている。

 果皮を5%含み、麺は鮮やかな黄みを帯びている。すっきりした味わいで、サラダや鍋物に適しているという。

 龍谷大経営学部の藤岡章子教授のゼミ生4人が、和歌山県有田市の農業生産法人「早和果樹園」と協力して開発した。果肉を使うジュースなどを作った後に余りがちなミカンの皮を有効活用する。ミカンとうどんという組み合わせの妙で商品としてのインパクトを重視。果皮の粉末を使って製麺してくれる業者も学生が探した。

 1袋2人前で680円(税込み)。開発に加わった3年竹中健人さん(20)は「将来的には和歌山県の特産品として定着させたい。大学構内でも販売できれば」と話している。

【 2016年02月24日 22時40分 】

ニュース写真

  • 龍谷大の学生たちが考案した「みかんうどん」。ミカンのほのかな香りが魅力という
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      航空大訓練機が胴体着陸
      仙台空港、けが人なし

      20160825000095

       25日午後1時40分ごろ、仙台空港(宮城県名取市、岩沼市)の滑走路に、航空大学校仙台分..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      東京パラまで4年イベント
      小池知事「会場を満員に」

      20160825000112

       2020年東京パラリンピックの開幕まで4年となった25日、大会組織委員会と東京都による..... [ 記事へ ]

      経済

      ホンダ、国内でNSX発売
      10年ぶり復活、2370万円

      20160825000056

       ホンダは25日、約10年ぶりに復活した高級スポーツカー「NSX」を国内で発売し、受注を..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都・醍醐寺の寺宝展、中国で人気 文化交流一助に期待

      20160825000071

       中国・西安市の陝西(せんせい)歴史博物館で開催中の醍醐寺(京都市伏見区)の寺宝を紹介す..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      伊方再稼働後、初の訓練へ
      来月4日、事故想定し避難

      20160825000087

       愛媛県の中村時広知事は25日の記者会見で、9月4日に四国電力伊方原発(同県伊方町)での..... [ 記事へ ]

      国際

      韓国、三菱重工に賠償命令
      戦時、広島に動員の14人

      20160825000058

       【ソウル共同】太平洋戦争中に朝鮮半島から動員され、三菱重工業広島機械製作所(広島市)で..... [ 記事へ ]