出版案内
福祉事業団
47NEWS

学校統廃合、通学区域見直しも 大津市教委が基本方針

 大津市教委は29日、将来的な児童数減少などに備えた「市立小中学校規模適正化ビジョン基本方針」を策定した。教育環境の充実を最大の目的とし、統廃合による規模適正化だけでなく、通学区域の見直しや合同授業などを各地域で検討していく方針を打ち出した。

 今後、市内7地域の「地域別適正化ビジョン」を策定し10月以降、各地域で説明会を開催。保護者や住民らで期限を決めずに検討し「地域の総意」をまとめた学校から適正化を進める。

 基本方針では学校規模に応じた教育環境充実策を例示した。小規模校では、統廃合だけでなく、体育や音楽などで他校との合同授業、部活などで特色ある学校として市内全域を通学区域とする小規模特認校制度の導入などを挙げた。大規模校では、教職員の増員や学校の分離新設などを選択肢として示した。

 また、学校は地域コミュニティーの核という側面もあり、地域における役割なども規模適正化議論で検討していく方針も明記した。

 一方、市は財政難を乗り切るため昨年、公共施設適正化計画をまとめ、学校施設は2042年度までに面積ベースで25・5%の削減を目標に掲げている。基本方針では、削減計画と整合性を図るため、統廃合だけでなく施設の一部を児童館や高齢者福祉施設への用途変更なども選択肢として盛り込んだ。市教委は「将来的に教育環境を確保するため学校がどうあるべきか、地域で議論を始める土台にしてほしい」としている。

 市内では現在の合計特殊出生率を維持した場合、2045年には児童・生徒数が現在の6割程度に減少することが想定されている。現在、1学年1クラスの小中学校が計10校あり、今後増加する見通しである一方、将来的に1学年5クラス以上に増える学校もあるなど、規模適正化が課題となっていた。基本方針は近く市教委のホームページで公開する。

【 2016年02月29日 22時07分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      豊洲市場問題でPT初会合
      移転の経緯を確認

      20160929000098

       築地市場(東京都中央区)の移転先である豊洲市場(江東区)の土壌汚染対策や総事業費などを..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカー、Aマドリードが2連勝
      欧州チャンピオンズリーグ

      20160929000020

       【メンヘングラッドバッハ(ドイツ)共同】サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は2..... [ 記事へ ]

      経済

      明治前期の町家を再生 老舗問屋、辻利一本店

      20160929000062

       宇治茶の老舗問屋、辻利一本店が28日、京都府宇治市宇治の宇治橋通の創業地近くに宇治本店..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      祇園甲部歌舞練場、一時休館 耐震改修で

      20160929000107

       八坂女紅場学園は29日、「都をどり」などの公演舞台である祇園甲部歌舞練場(京都市東山区..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      鳥取砂丘で月面探査車試験
      国際コンテスト参加の民間チーム

      20160927000116

       民間による月面探査一番乗りを競う国際コンテストに参加している日本の民間チーム「HAKU..... [ 記事へ ]

      国際

      ホワイトハウスには「大人」必要
      ミシェル夫人、支援に本腰

      20160929000034

       【ワシントン共同】ミシェル・オバマ米大統領夫人は28日、東部フィラデルフィアの大学で行..... [ 記事へ ]