出版案内
福祉事業団

しろちゃん「分身」似てるかな? 児童がヤギの張りぼて

しろちゃんに手作りした張りぼてを対面させる児童ら(長岡京市友岡1丁目・長岡第四小)
しろちゃんに手作りした張りぼてを対面させる児童ら(長岡京市友岡1丁目・長岡第四小)

 長岡第四小(京都府長岡京市友岡1丁目)で飼育しているヤギの「しろちゃん」を模した張りぼてが、このほど完成した。市民団体から譲り受けた張りぼての表面をはがし、骨組みを利用して児童が手作りした。校内で、巣立つ6年生や進級する子どもたちを見守る。

 全国から約160作品が寄せられた「こども手づくり作品コンテスト2015」で、グランプリを獲得したしろちゃんの服を飾るため、同小で放課後に行っているものづくり教室で手掛けた。昨年10月に市内で開かれた催しで、地元の森林ボランティア団体「里山再生市民フォーラム」が竹を骨組みに利用して作ったヒツジの張りぼてを譲り受け、ヤギに「改造」した。

 製作は1月から始め、作業は3日間に渡り、毎回5~15人ほどの児童が参加した。ヒツジの張りぼての表面に貼ってあった紙をはがし、骨組みだけの状態にした。その上に網を掛け、新聞紙を貼り付け、さらに白の和紙を何重にも重ね貼りしていった。竹でできていたヒツジの角はヤギの耳に作り替え、ひづめを紙粘土で表現している。体長約1・5メートル、高さ90センチほどで、しろちゃんより一回り小さくできている。

 最終の作業をした今月2日は、くしくもしろちゃんの10歳の誕生日。完成した張りぼてを対面させると、しろちゃんは不思議そうに眺め、自分の「分身」が何なのかを口でつついて確かめていた。

 張りぼては、服を着せて校舎内に飾り、製作した児童が「しろのはりぼて完成」「きれいだよすごいんだよ!しろのふく」などと書いたポスターも添える。

【 2016年03月15日 13時50分 】

ニュース写真

  • しろちゃんに手作りした張りぼてを対面させる児童ら(長岡京市友岡1丁目・長岡第四小)
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      北陸新幹線、小浜京都で大筋合意
      与党PT、20日にも決定

      20161207000140

       北陸新幹線で未着工となっている福井県・敦賀以西のルートを巡り、与党整備新幹線建設推進プ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカー・クラブW杯、8日開幕
      鹿島、1回戦へ最終調整

      20161207000136

       サッカーのクラブ世界一を決めるクラブワールドカップ(W杯)は8日に横浜市の日産スタジア..... [ 記事へ ]

      経済

      セブン、創業者次男が昇格
      グループ構造改革を主導へ

      20161207000135

       セブン&アイ・ホールディングスは7日、創業者次男の伊藤順朗執行役員(58)を、19日付..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      写真と映像で振り返る1年 京都で報道展、本紙ドローン企画も

      20161207000058

       写真とニュース映像でこの1年を振り返る「第61回新聞・通信・テレビ・ニュース報道展」(..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ヤマネコ事故死過去最多、西表島
      今年7件目

      20161207000125

       環境省は7日、沖縄県・西表島(竹富町)に生息し、絶滅の恐れのある国の特別天然記念物イリ..... [ 記事へ ]

      国際

      オバマ氏、最後の対テロ政策演説
      政治的遺産守る論陣

      20161207000110

       【ワシントン共同】来年1月に退任するオバマ米大統領は6日、任期最後の対テロ政策演説を行..... [ 記事へ ]