出版案内
福祉事業団

植物細胞内の体内時計、昼夜存在で整然と機能 京大グループ発表

植物の体内時計のイメージ。細胞ごとの時計は、昼夜のない条件下(図左)ではばらつきがあるが、昼と夜がある条件(図右)にすると、約2日間できれいにそろう(小山教授提供)
植物の体内時計のイメージ。細胞ごとの時計は、昼夜のない条件下(図左)ではばらつきがあるが、昼と夜がある条件(図右)にすると、約2日間できれいにそろう(小山教授提供)

 植物の体内時計は、個々の細胞のリズムは不安定だが、昼と夜がある条件では時計がそろって整然と時間を刻むようになることを、京都大理学研究科の小山時隆教授のグループが解明した。農作物の効率的な生産などにつながる成果で、米科学誌サイエンス・アドバンシズでこのほど発表した。

 体内時計は、複数の遺伝子が協調的に働いて体の内部に24時間周期のリズムを作る仕組みで、植物では光合成や成長、花を咲かせることなどに関係している。ただ、細胞レベルでの挙動はよく分かっていなかった。

 グループは、時計遺伝子が動くと発光する遺伝子をウキクサの細胞の一部に導入し、超高感度カメラで観察した。その結果、昼夜のない環境では、時計遺伝子のリズムは細胞ごとにばらつきがあったが、12時間ごとに明暗のある条件下に置き換えると、2日間ほどで各細胞の周期がそろい、明暗のサイクルに同調した。

 各細胞にある体内時計は周期が異なり、精度も低いが、昼と夜がある環境で初めて時計としての機能を発揮すると考えられるという。

 小山教授は「植物の時計の精度が昼夜の有無によって変化するメカニズムを明らかにしていきたい」と話している。

【 2016年07月28日 08時39分 】

ニュース写真

  • 植物の体内時計のイメージ。細胞ごとの時計は、昼夜のない条件下(図左)ではばらつきがあるが、昼と夜がある条件(図右)にすると、約2日間できれいにそろう(小山教授提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      九州のよさこい踊り一堂に、熊本
      復興願い、学生ら企画

      20170325000119

       九州・沖縄を中心とするよさこい踊りや伝統芸能のチームが集まるイベント「九州がっ祭」が2..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      女子IH、西武と道路建設決勝へ
      全日本選手権

      20170325000123

       アイスホッケーの全日本女子選手権第3日は25日、札幌市月寒体育館で行われ、昨年覇者の西..... [ 記事へ ]

      経済

      豪華客船、20年4月就航狙う
      両備HD、水戸岡氏設計

      20170325000107

       両備ホールディングス(HD)=岡山市=は25日、JR九州の豪華寝台列車「ななつ星in九..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「子安地蔵」を伝える紙芝居、26日上映会 京都・宮津

      20170325000085

       安産の御利益があると伝わる神宮寺(京都府宮津市中津)の秘仏「子安地蔵」が4月29日に3..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      「挑戦し続けることが大切」 京都、飛行士の山崎さん講演

      20170325000044

       宇宙飛行士の山崎直子さん(46)を招いた講演会が24日、京都府京丹後市峰山町の府丹後文..... [ 記事へ ]

      国際

      ローマ法王、ポピュリズムを批判
      「エゴイズムの産物」

      20170325000036

       【ローマ共同】ローマ法王フランシスコは24日、トランプ米大統領の誕生や英国の欧州連合(..... [ 記事へ ]