出版案内
福祉事業団

植物細胞内の体内時計、昼夜存在で整然と機能 京大グループ発表

植物の体内時計のイメージ。細胞ごとの時計は、昼夜のない条件下(図左)ではばらつきがあるが、昼と夜がある条件(図右)にすると、約2日間できれいにそろう(小山教授提供)
植物の体内時計のイメージ。細胞ごとの時計は、昼夜のない条件下(図左)ではばらつきがあるが、昼と夜がある条件(図右)にすると、約2日間できれいにそろう(小山教授提供)

 植物の体内時計は、個々の細胞のリズムは不安定だが、昼と夜がある条件では時計がそろって整然と時間を刻むようになることを、京都大理学研究科の小山時隆教授のグループが解明した。農作物の効率的な生産などにつながる成果で、米科学誌サイエンス・アドバンシズでこのほど発表した。

 体内時計は、複数の遺伝子が協調的に働いて体の内部に24時間周期のリズムを作る仕組みで、植物では光合成や成長、花を咲かせることなどに関係している。ただ、細胞レベルでの挙動はよく分かっていなかった。

 グループは、時計遺伝子が動くと発光する遺伝子をウキクサの細胞の一部に導入し、超高感度カメラで観察した。その結果、昼夜のない環境では、時計遺伝子のリズムは細胞ごとにばらつきがあったが、12時間ごとに明暗のある条件下に置き換えると、2日間ほどで各細胞の周期がそろい、明暗のサイクルに同調した。

 各細胞にある体内時計は周期が異なり、精度も低いが、昼と夜がある環境で初めて時計としての機能を発揮すると考えられるという。

 小山教授は「植物の時計の精度が昼夜の有無によって変化するメカニズムを明らかにしていきたい」と話している。

【 2016年07月28日 08時39分 】

ニュース写真

  • 植物の体内時計のイメージ。細胞ごとの時計は、昼夜のない条件下(図左)ではばらつきがあるが、昼と夜がある条件(図右)にすると、約2日間できれいにそろう(小山教授提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      学校史の集合写真切り取り、岐阜
      県図書館120ページ被害

      20170501000087

       岐阜県は1日、県図書館(岐阜市)で所蔵している県内の小学校や中学校の学校史や記念誌など..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      中村氏が野球部指導に意気込み
      浜松開誠館高コーチ就任

      20170501000082

       プロ野球の近鉄、中日などで活躍し、米大リーグでもプレーした中村紀洋氏(43)が4月から..... [ 記事へ ]

      経済

      東証、午前終値1万9274円
      企業業績への期待で反発

      20170501000066

       週明け1日午前の東京株式市場は、堅調な企業業績に対する期待や、円安ドル高の進行が好感さ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      国宝、間近にずらり 京都・神護寺で虫払い始まる

      20170501000079

       京都市右京区高雄の神護寺で1日、宝物の虫払いが始まった。鎌倉時代の似絵の傑作「伝源頼朝..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      高浜4号機、燃料装填完了
      今月中旬の再稼働目指す

      20170501000064

       関西電力は1日、高浜原発4号機(福井県高浜町)の原子炉への核燃料装填が同日午前に完了し..... [ 記事へ ]

      国際

      伊レンツィ前首相、与党党首再選
      再結束目指す

      20170501000031

       【ローマ共同】イタリアの与党、民主党(中道左派)は4月30日、書記長(党首)選を行い、..... [ 記事へ ]