出版案内
福祉事業団

「花の18歳」トリオ、フラワーアレンジ初V 滋賀・湖南農業高

フラワーアレンジメントの作品づくりに励む(左から)片岡さん、伴さん、川野さん=草津市草津町・湖南農業高
フラワーアレンジメントの作品づくりに励む(左から)片岡さん、伴さん、川野さん=草津市草津町・湖南農業高

 湖南農業高(滋賀県草津市草津町)花緑科の女子生徒3人が、大阪市で開かれた「高校生フラワーアレンジメントバトル」で初優勝した。独創的な発想と手際の良さを買われ、イベントなどで教室開催のオファーも舞い込んでいる。「人の心を落ち着かせられるのが花の魅力」と言う3人は、来春の卒業までフラワーアレンジの楽しさを伝えていく。

 いずれもフラワー装飾技能士の資格を持つ3年の片岡なつみさん(18)と伴美穂さん(18)川野茜音さん(18)。同科草花バイオ班の片岡さんと伴さんは、草津市の花であるアオバナの栽培のほか、大津市と野洲市の生花店で週に1度の実習を受けている。川野さんは園芸装飾班で、リースやしめ縄などの作り方を学んでいる。

 バトルはJR大阪駅で開催されたイベントの一環として10月に実施され、近畿の4校が出場。制限時間内に与えられた花材で作品を仕上げ、出来栄えなどを競った。有馬高(兵庫)との決勝では、ハランの葉を巻いて器として使ったり、バラにラメを塗ったりして細部にまで工夫を凝らし、審査員から高く評価された。予選の作品も一般投票で1位となり、「ダブル優勝」を果たした。

 3人は12日のPTA研修会で講師を務めるほか、来年2月に京都で開かれるイベントの中で教室を開く予定。片岡さんと伴さんは「実習で学んだ花の知識や処理の仕方を伝えられたら」と話す。6日に石川県で行われる「全国高校生フラワーアレンジメントコンテスト」に県代表として臨む川野さんは「悔いのないように表現したい」と意気込んでいる。

【 2016年11月02日 09時51分 】

ニュース写真

  • フラワーアレンジメントの作品づくりに励む(左から)片岡さん、伴さん、川野さん=草津市草津町・湖南農業高
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      醍醐駅だけ乗客減、人口減影響か 京都市地下鉄、烏丸線好調

      20170722000187

       2016年度までの8年間で1日当たりの乗客数が5万人増えた京都市営地下鉄の全31駅で、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      神戸ポドルスキ、別格の存在感
      実戦デビューでアシスト

      20170722000183

       J1神戸に加入した元ドイツ代表FWポドルスキが22日、仙台市のユアテックスタジアム仙台..... [ 記事へ ]

      経済

      ロボットで基盤接続、対応コネクタ 京セラが新製品

      20170722000140

       京セラは、基板同士をつなぐ部品コネクタで、ロボットによる取り付けに対応した製品を発売し..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      宵々山、雨上がりの鉾町にお囃子 京都・祇園祭後祭

      20170722000192

       祇園祭の後祭は山鉾巡行(24日)を前に、22日宵々山を迎えた。京都市中心部では、市民や..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      南半球海域にマンボウ新種
      日豪研究チームが確認

      20170722000018

       オーストラリアやニュージーランド近海など南半球の温帯海域に、新種のマンボウが生息すると..... [ 記事へ ]

      国際

      ダイアナ元妃の愛用品展示
      死後20年、ロンドンの宮殿

      20170722000127

       【ロンドン共同】今年で死後20年となる英国のダイアナ元皇太子妃をしのび、ロンドン中心部..... [ 記事へ ]