出版案内
福祉事業団

引きこもり仕組み、一端解明へ 京大教授らマウスの脳内変化確認

 群れから隔離され不安めいた行動をするようになったマウスの脳内の変化を、京都大医学研究科の成宮周教授と長崎大医歯薬学総合研究科の出口雄一准教授らが突き止めた。人間の引きこもりに関するメカニズムの解明につながるという。米科学誌セル・リポーツに23日、発表する。

 内閣府は、家族以外とほとんど交流を持たない15~39歳の「引きこもり」の人は、全国で54万1千人いると推計。引きこもり生活を終えたいと思っている人の支援が課題となっている。

 グループは縦30センチ、横20センチのケージで6週間、マウス1匹だけを飼育することで「社会隔離ストレス」を与え、引きこもりに似た状況を再現した。するとマウスは壁から離れないなど、不安を感じているような行動を取るようになった。

 マウスの脳内を解析すると、側坐核(そくざかく)という部位の神経細胞の末端にタンパク質「mDia」が蓄積し、収縮した形に変わっていた。この時、神経細胞の末端から次の神経細胞に刺激が伝わる効率は低下しており、不安そうな行動との関連を示した。

 出口准教授は「新たな抗不安薬の開発に期待できる。引きこもりから脱却する時の一助にもなるかもしれない」とする。

【 2016年11月23日 14時12分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      乳幼児の玩具のみ込みに注意
      2センチ以下、喉に詰まりやすい

      20171120000113

       消費者安全調査委員会(消費者事故調)は20日、乳幼児が小さなおもちゃを口に入れ、誤って..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      王者・拳四朗選手の一日追う 山道はって鍛錬

      20171120000088

       京都府城陽市出身で、年末に2度目の防衛戦が決まったボクシング世界WBCライトフライ級王..... [ 記事へ ]

      経済

      東証反落、終値135円安
      円高で業績期待が後退

      20171120000090

       週明け20日の東京株式市場は外国為替相場が円高に振れたことで企業業績拡大への期待が後退..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      紫式部文学賞、津村記久子さんに贈呈 京都・宇治

      20171120000028

       女性作家の優れた文学作品に贈る「第27回紫式部文学賞」(京都府宇治市主催)の贈呈式が1..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ビワマス遡上「今年こそ」 滋賀・野洲に魚道設置

      20171120000079

       滋賀県の野洲市中心部まで琵琶湖固有種のビワマスが遡上(そじょう)する光景を復活させよう..... [ 記事へ ]

      国際

      NY百貨店、サンタ面会は予約制
      懐疑的な声も

      20171120000101

       米老舗百貨店のメーシーズは19日までに、クリスマスを控えてサンタクロースと会い、記念撮..... [ 記事へ ]