出版案内
福祉事業団

日野皓正さんと思い出共演 京都、来春閉校の淳風小学校

日野さんとジャズの合奏を楽しむ児童たち(京都市下京区・淳風小)
日野さんとジャズの合奏を楽しむ児童たち(京都市下京区・淳風小)

 日本を代表するジャズ・トランペット奏者、日野皓正(てるまさ)さんを招いた音楽会が30日、京都市下京区の淳風小であった。児童たちは本格的なジャズ演奏を一緒に楽しんだり、ユーモアあふれる語りに耳を傾けたりして、来年春の閉校を前にひとときの思い出をつくった。

 淳風小には関西の小学校で唯一のジャズクラブ「スイングキッズ」がある。本年度末で醒泉小と統合し、147年の歴史に幕を下ろすのを前に、児童に一流の演奏を聞いてもらおうと日野さんに依頼し、実現した。

 日野さんは、児童の質問に一つ一つ丁寧に答えた。9歳で始めたトランペットが当初は我流だったため、よく唇を傷めたというエピソードなどを紹介し、「音楽は人に喜びや癒やしを与えること。心温かく包容力のある演奏を、心の底から出してほしい」とアドバイスした。

 演奏会では、日野さんとスイングキッズの児童たちが「モーニン」など2曲をセッション。自在にトランペットを操る日野さんのテクニックに、児童たちもこん身の力でドラムや管楽器を奏で、会場に詰めかけた保護者たちも一体となってリズムに手を打った。

 トランペットを演奏した5年の小路恵太郎君は「高い音が軽々と出せるところがすごい。小学校が変わっても、演奏は続けていきたい」と目を輝かせていた。

【 2016年12月01日 10時00分 】

ニュース写真

  • 日野さんとジャズの合奏を楽しむ児童たち(京都市下京区・淳風小)
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      障害ある子の親に「親心の記録」 京都、不安緩和へノート

      20170820000116

       相続税対策などを支援する一般社団法人日本相続知財センター京都支部(京都市中京区)が、障..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サンガ、連敗ストップ 大分とドロー、サッカーJ2

      20170820000124

       サッカーJ2の第29節は20日、西京極陸上競技場ほかで11試合を行い、京都サンガFCは..... [ 記事へ ]

      経済

      「さくら筆」のメーク術を指導 京都で22日

      20170820000067

       化粧筆専門店「京都六角館さくら堂」(京都市中京区)を運営するMURAGISHI(大阪府..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      幻想的に重文照らす 滋賀・石塔寺でフェス

      20170820000121

       国内最古の三重石塔で重要文化財「阿育王塔(あしょかおうとう)」などをライトアップする「..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      光合成遺伝子スイッチ先祖返りも 京都府立大教授ら解明

      20170819000129

       京都府立大と京都府立植物園が、同園内で育てられているシダやマツなどの植物を使って光合成..... [ 記事へ ]

      国際

      香港、雨傘主導者の実刑判決抗議
      5万人がデモ

      20170820000102

       【香港共同】香港民主派は20日、2014年の大規模民主化デモ「雨傘運動」の主導者、黄之..... [ 記事へ ]