出版案内
福祉事業団

日野皓正さんと思い出共演 京都、来春閉校の淳風小学校

日野さんとジャズの合奏を楽しむ児童たち(京都市下京区・淳風小)
日野さんとジャズの合奏を楽しむ児童たち(京都市下京区・淳風小)

 日本を代表するジャズ・トランペット奏者、日野皓正(てるまさ)さんを招いた音楽会が30日、京都市下京区の淳風小であった。児童たちは本格的なジャズ演奏を一緒に楽しんだり、ユーモアあふれる語りに耳を傾けたりして、来年春の閉校を前にひとときの思い出をつくった。

 淳風小には関西の小学校で唯一のジャズクラブ「スイングキッズ」がある。本年度末で醒泉小と統合し、147年の歴史に幕を下ろすのを前に、児童に一流の演奏を聞いてもらおうと日野さんに依頼し、実現した。

 日野さんは、児童の質問に一つ一つ丁寧に答えた。9歳で始めたトランペットが当初は我流だったため、よく唇を傷めたというエピソードなどを紹介し、「音楽は人に喜びや癒やしを与えること。心温かく包容力のある演奏を、心の底から出してほしい」とアドバイスした。

 演奏会では、日野さんとスイングキッズの児童たちが「モーニン」など2曲をセッション。自在にトランペットを操る日野さんのテクニックに、児童たちもこん身の力でドラムや管楽器を奏で、会場に詰めかけた保護者たちも一体となってリズムに手を打った。

 トランペットを演奏した5年の小路恵太郎君は「高い音が軽々と出せるところがすごい。小学校が変わっても、演奏は続けていきたい」と目を輝かせていた。

【 2016年12月01日 10時00分 】

ニュース写真

  • 日野さんとジャズの合奏を楽しむ児童たち(京都市下京区・淳風小)
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      活性化で市民チーム立ち上げ 京都・亀岡のスタジアム計画

      20171211000014

       京都府亀岡市は、府が建設する球技専用スタジアムをまちの活性化に生かすソフト事業を市民参..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      鈴木愛は世界ランク31位に浮上
      女子ゴルフ、野村敏京は35

      20171211000041

       女子ゴルフの11日付最新世界ランキングが発表され、鈴木愛は前週の32位から31位に浮上..... [ 記事へ ]

      経済

      WTO閣僚会議が開幕
      自由貿易体制の堅持促す

      20171211000006

       【ブエノスアイレス共同】世界貿易機関(WTO)閣僚会議が10日、アルゼンチンの首都ブエ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「読者と一緒に考えたい」 ミシマ社の異色雑誌「ちゃぶ台」

      20171211000038

       ミシマ社の異色の総合雑誌「ちゃぶ台」が創刊3号を迎えた。「多くの人がまだ気付いていない..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      京都議定書20年、誕生地で会議
      市主催、温暖化考える

      20171210000121

       1997年の気候変動枠組み条約第3回締約国会議(COP3)で、先進国に温室効果ガスの排..... [ 記事へ ]

      国際

      ユニセフ、若年ネット利用に警鐘
      影響に関する報告書発表

      20171211000029

       【ニューヨーク共同】国連児童基金(ユニセフ)は11日付で、インターネットが子どもや若者..... [ 記事へ ]