出版案内
福祉事業団

竹林活用ツアー、起業グランプリ頂点挑む 京都・桂高生

最終審査会の出場を前に、立案したビジネスプランの点検や発表練習に励む古田さん(中央)ら=京都市西京区・桂高
最終審査会の出場を前に、立案したビジネスプランの点検や発表練習に励む古田さん(中央)ら=京都市西京区・桂高

 高校生が起業アイデアを競う「第4回高校生ビジネスプラングランプリ」(日本政策金融公庫主催)の頂点を決める8日の最終審査会に、桂高(京都市西京区)が京都、滋賀の高校で唯一、出場する。目標の初優勝に向け、京都の竹林を整備する体験ツアーのプランを練り上げた。本番を前に生徒たちが発表練習に励んでいる。

 いずれも植物クリエイト科2年の古田萌黄さん(17)、尾島あかりさん(16)、瀧瀬楓子さん(17)の女子生徒3人が出場する。今回は全国324校、計2662チームが応募し、選考で最終審査に進む10組に残った。同高の本大会進出は2年ぶり3回目となる。

 提案する事業は、外国人観光客向けの「竹林整備ボランティアツアー」。桂高を含む洛西・乙訓地域で広がる放置竹林問題に着目し、竹林の再生と名産のタケノコのPRにつなげる体験型観光プランを思い付いた。

 京都全体で外国人観光客は増えているが、地域別の訪問数で乙訓は府内最下位。一方、京都に多い欧米からの観光客にとって竹は珍しく、ツアーの需要はあると判断した。

 間伐した竹を粉砕したチップや伝統の栽培法で収穫した高級タケノコを販売し、収益を確保する計画。インターネットで資金調達するクラウドファンディングも活用し、事業開始3年後の売上高を4千万円とはじいた。

 リーダーの古田さんは「自治体への聞き取りを重ね、収支計画を考えながら立案した」と話し、尾島さんと瀧瀬さんは「このプランが実現し、放置竹林の解決につながればうれしい」と期待する。

 最終審査会は8日、東京大本郷キャンパスで開かれる。

【 2017年01月03日 08時54分 】

ニュース写真

  • 最終審査会の出場を前に、立案したビジネスプランの点検や発表練習に励む古田さん(中央)ら=京都市西京区・桂高
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      文化庁移転、関連事業や提言まとめる 京都、推進本部が初会合

      20170426000182

       京都市は26日、文化庁の京都移転に向け、市幹部でつくる「文化首都・京都推進本部」の初会..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ACL、浦和が2年連続決勝Tへ
      鹿島も16強入り

      20170426000174

       【蔚山(韓国)共同】サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)1次リーグ第5戦は..... [ 記事へ ]

      経済

      経済同友会、憲法改正を議論
      北朝鮮緊迫、安保含め

      20170427000001

       経済同友会の小林喜光代表幹事は26日までに共同通信などのインタビューに応じ、今後の同友..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      愛のカタチ、写真で表現 京都でアニエスベー展

      20170426000143

       世界的なファッションデザイナー、アニエスベーが収集した写真作品を展示する「アニエスベー..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      認知症、最新の研究成果やケア学ぶ 京都、27日から国際会議

      20170426000155

       認知症に関する最新の研究成果やケアを学び、地域社会とのつながりについて考える「第32回..... [ 記事へ ]

      国際

      金正恩氏が攻撃演習視察
      軍創建記念で過去最大規模

      20170426000048

       【平壌共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は26日、朝鮮人民軍創建85年(25日)を祝う過去最大..... [ 記事へ ]