出版案内
福祉事業団

京大生ら町家でゲストハウス「若者と社会つなぐ場に」

待賢院の共用スペースで運営について話し合う学生スタッフ(京都市上京区)
待賢院の共用スペースで運営について話し合う学生スタッフ(京都市上京区)

 京都大の学生たちが京町家を改修して運営するゲストハウスが京都市上京区黒門通丸太町上ルに完成し、このほど営業を始めた。学生が講師を務める文化教室などの開催も検討しており、「『学生のまち京都』のゲストハウスならではのサービスを提供していきたい」と意気込んでいる。

 施設名は、学区名にちなんで「待賢院」と名付けた。築100年以上となる木造一部2階建て約100平方メートルの元糸問屋で、京大で建築を学ぶ大学院生と学部生の計4人が改修の設計を担った。

 建物は間口4メートル、奥行き30メートル。縦に連なった3棟が1本の通路でつながっている。2棟には客室と寝室、1棟には共用スペースと寝室を設け、3組約10人が宿泊できる。古い木材のぬくもりを大切にしながら、内装には間接照明や和紙を多用して、現代的な落ち着いた空間に仕上げた。共用スペースでは、宿泊者やスタッフが集まって語り合うことができる。

 「学生と社会をつなぐようなことがしたい」と、京大文学研究科の大学院生荻原宏章さん(31)が考えたのがきっかけで、2015年10月から自身が暮らす学生寮の知り合いに声をかけて準備を進めてきた。改修や備品にかかった費用約1500万円は日本政策金融公庫からの融資や、ネット上で出資者を募るクラウドファンディングで賄った。現在の運営スタッフは約20人で、うち1人は待賢院に住み込んで管理人を務める。荻原さんは「地域密着型の施設として、宿泊者だけでなく近所の人も気軽に来られるような場所にしたい」と話す。

 宿泊料は1人5千円から。問い合わせは待賢院の仁田さん携帯電話090(8148)4684。

【 2017年01月08日 16時00分 】

ニュース写真

  • 待賢院の共用スペースで運営について話し合う学生スタッフ(京都市上京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      自民・谷垣氏、政界引退へ 衆院京都5区、けがで入院中

      20170920000240

       昨夏の自転車事故で負傷してリハビリを続けている自民党の谷垣禎一前幹事長(72)=衆院京..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      楽4―8オ(20日)
      金子が12勝目

      20170920000245

       オリックスが快勝した。三回に安達の適時打で1点を先制。4―1の七回にロメロの3ラン、八..... [ 記事へ ]

      経済

      電柱わしづかみ、地中にグサリ JR西が新車両開発

      20170920000202

       大型のアーム(腕)で電柱をわしづかみにし、そのまま地中に差し込める専用車両「電柱ハンド..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      平安神宮の龍尾壇など3件 重文修復国庫補助3次決定分を発表

      20170920000079

       京都府教育委員会は19日、重要文化財や国史跡などの保存修復や防災に充てる国庫補助事業の..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ノーベル賞予想に宮坂氏を選定
      次世代太陽電池を開発

      20170920000235

       米情報会社クラリベイト・アナリティクスは20日、将来ノーベル賞を受賞する可能性が高い研..... [ 記事へ ]

      国際

      共同活動は観光・養殖優先
      北方領土でサハリン首相

      20170920000219

       【ユジノサハリンスク共同】北方領土を事実上管轄するロシア極東サハリン州のシェルビナ首相..... [ 記事へ ]