出版案内
福祉事業団

京大生ら町家でゲストハウス「若者と社会つなぐ場に」

待賢院の共用スペースで運営について話し合う学生スタッフ(京都市上京区)
待賢院の共用スペースで運営について話し合う学生スタッフ(京都市上京区)

 京都大の学生たちが京町家を改修して運営するゲストハウスが京都市上京区黒門通丸太町上ルに完成し、このほど営業を始めた。学生が講師を務める文化教室などの開催も検討しており、「『学生のまち京都』のゲストハウスならではのサービスを提供していきたい」と意気込んでいる。

 施設名は、学区名にちなんで「待賢院」と名付けた。築100年以上となる木造一部2階建て約100平方メートルの元糸問屋で、京大で建築を学ぶ大学院生と学部生の計4人が改修の設計を担った。

 建物は間口4メートル、奥行き30メートル。縦に連なった3棟が1本の通路でつながっている。2棟には客室と寝室、1棟には共用スペースと寝室を設け、3組約10人が宿泊できる。古い木材のぬくもりを大切にしながら、内装には間接照明や和紙を多用して、現代的な落ち着いた空間に仕上げた。共用スペースでは、宿泊者やスタッフが集まって語り合うことができる。

 「学生と社会をつなぐようなことがしたい」と、京大文学研究科の大学院生荻原宏章さん(31)が考えたのがきっかけで、2015年10月から自身が暮らす学生寮の知り合いに声をかけて準備を進めてきた。改修や備品にかかった費用約1500万円は日本政策金融公庫からの融資や、ネット上で出資者を募るクラウドファンディングで賄った。現在の運営スタッフは約20人で、うち1人は待賢院に住み込んで管理人を務める。荻原さんは「地域密着型の施設として、宿泊者だけでなく近所の人も気軽に来られるような場所にしたい」と話す。

 宿泊料は1人5千円から。問い合わせは待賢院の仁田さん携帯電話090(8148)4684。

【 2017年01月08日 16時00分 】

ニュース写真

  • 待賢院の共用スペースで運営について話し合う学生スタッフ(京都市上京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      生活習慣見直そう 京都で健康フェス、女優生稲さんら講演

      20180121000049

       病気の予防や早期発見の大切さを学ぶ「健康づくりフェスティバル」が20日、京都市左京区の..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ツインズオーナー、ダル獲得承認
      資金面に余裕も

      20180121000056

       【ニューヨーク共同】米大リーグ、ドジャースからフリーエージェントになったダルビッシュ有..... [ 記事へ ]

      経済

      ドローンビジネス「視界良好」 京都の企業、データ収集活用

      20180120000065

       小型無人機ドローンを活用したビジネスが広がりを見せている。ドローンの販売や関連サービス..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      古代寺院に思いはせ 京都・佐伯遺跡で説明会

      20180121000045

       京都府埋蔵文化財調査研究センターは20日、奈良から平安時代の瓦や仏教信仰の対象とされる..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      快適追求の陰に危うさ <連載「いのちとの伴走」を終えて>

      20180118000179

       科学技術の成果は現代社会の隅々まで張り巡らされ、生の形を変えてきた。だが、快適な生活が..... [ 記事へ ]

      国際

      米とトルコの関係悪化は必至
      シリア新作戦、ロシアにも影響

      20180121000060

       【イスタンブール共同】トルコ軍が20日、敵視するシリアのクルド人勢力をシリア北西部アフ..... [ 記事へ ]