出版案内
福祉事業団

京都市立芸大、延べ面積1・4倍に 移転で3計画案

京都市立芸大の移転配置案
京都市立芸大の移転配置案

 京都市は23日、京都駅東側にある下京区の崇仁地域へ2023年度の移転を予定する市立芸術大(西京区)の整備基本計画案を発表した。施設配置を示すのは初めてで、提示した3案とも移転費用は約280億円との見込みも明らかにした。市は同駅周辺で高さ規制を緩和しており、各案はいずれも現キャンパスより建物を高くして土地を有効利用し、延べ面積を1・4倍に広げる。キャンパス北側に美術ギャラリーや音楽ホールを並べ、新たな芸術の発信や地域交流の拠点化を図る。

■キャンパス北側にギャラリーやホール

 予定地は市有地を中心とした3万8千平方メートル。大学敷地は今の6割ほどに減るが、現在は主に2~3階建ての建物を4~6階建てにして、延べ面積は1万6千平方メートル増の5万5千平方メートルを確保する。

 案では予定地を鴨川に近い東側のA地区(1万2千平方メートル)、須原通と河原町通に挟まれたB地区(6千平方メートル)、西側の河原町通-高倉通間のC地区(2万平方メートル)に分けた上で、建物の組み合わせで3パターンを示した。(1)A地区に音楽学部、C地区に美術学部(2)A地区にギャラリー、C地区に両学部を配置(3)A地区に音楽学部とギャラリー、ホールを集約-とする内容。B地区は各案とも両学部共有施設などとした。

 いずれの案も共通して、高大連携を狙いに、銅駝美術工芸高(中京区)をC地区に移転させるとした。

 予定地内には市営住宅7棟(262戸)があり、入居の約160世帯には近くに建て替える市営住宅に移るよう求めている。利用が多い下京地域体育館・崇仁児童館、人権資料を展示する柳原銀行記念資料館は残す。崇仁保育所は元六条院小(下京区)敷地に移す。

 事業費は大学と高校の移転費だけで280億円と見積もるが、西京区のキャンパス跡地の活用・処理費も必要で、関連費用を含めると増える可能性が高い。

 市は2月1日から基本計画案への市民意見を公募する。17~19年度の基本・実施設計で施設配置の詳細を決め、20年度に着工する。

【 2017年01月23日 23時10分 】

ニュース写真

  • 京都市立芸大の移転配置案
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      写真記者協会賞に「沖縄の視線」
      12月19日から展示

      20171125000007

       東京写真記者協会(新聞、通信、放送など33社加盟)は24日、今年の優れた報道写真に贈る..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      W杯複合、第1戦で渡部暁が3位
      ノルディックスキー

      20171125000003

       【ルカ(フィンランド)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合は24日、フ..... [ 記事へ ]

      経済

      ハウスがカレー14万個回収
      樹脂片が混入した可能性

      20171124000123

       ハウス食品グループ本社は24日、ハウス食品が販売するレトルトカレーに樹脂片が混入した可..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      とりま、見舞品を…大政奉還の慶喜、西本願寺が微妙な命令

      20171124000169

       江戸幕府15代将軍で150年前に大政奉還した直後の徳川慶喜の微妙な立場が読み取れる資料..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      湯川博士、原爆開発関与疑われ聴取 終戦直後米軍に

      20171124000057

       敗戦後の食料難に苦しみ、焼け跡をさまよう失意の日本に希望と勇気を与えた、京都大・湯川秀..... [ 記事へ ]

      国際

      エジプトでテロ、235人死亡
      武装集団、シナイ半島モスク襲

      20171124000180

       【カイロ共同】エジプト北東部シナイ半島で24日、武装集団が爆弾と銃でモスク(イスラム教..... [ 記事へ ]