出版案内
福祉事業団

英語教員、TOEIC“合格”2割 京都府中学「資質」はOK?

 京都府教育委員会は9日、京都市を除く中学校の英語科教員で、本年度に英語能力試験TOEICを受験した74人のうち、府教委が目標として課した英検準1級に相当する730点以上を獲得したのは16人で、約2割にとどまることを明らかにした。最低点は280点で、500点未満も14人いたという。府教委は「英語科教員の資質が問われかねない厳しい状況だ」としている。

 国は、次期学習指導要領で、中学校の英語科の授業は基本的に英語で行うことを盛り込む方向で、2017年度内に中学校教員で英検準1級以上50%という目標を掲げている。

 そのため府教委は、本年度から英検準1級以上を取得していない英語科教員に、英語のコミュニケーション能力を測るTOEICの受験を促し、受験料を負担する事業を約750万円かけて始めた。

 対象となる50歳未満の教員は約150人で、本年度は74人が受験した。まず昨年6月に試験実施したところ、4人しか達成できなかった。その後、8月と10月に集中セミナーを3日間実施。その後1月までに追加で8人が合格した。ただ受験者の平均点は、1回目が578点、2回目が588点で、セミナーや自習を経ても10点しか上がっていない。

 今回達成しなかった教員は、来年度に再受験させるとともに、個別の課題に応じた自習を促し、支援も行うという。学校教育課は「採用試験に受かっているのだから、英語力はあるはずだが、教師生活の中でさびついているのではないか。中学校教員は、多忙化が課題だが、学校にも理解を求め、勉強する体制を整える」としている。

 一方、中学教員全体での英検準1級相当の達成率は昨年度の25・8%から34・5%に増えた。

【 2017年02月10日 08時16分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      大久保氏再選、新人2人を破る 滋賀・彦根市長選

      20170423000126

       任期満了に伴う滋賀県彦根市長選は23日、投開票され、無所属現職の大久保貴氏(53)が、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ダルビッシュは2勝目
      ロイヤルズ戦

      20170424000009

       ▽レンジャーズ―ロイヤルズ(23日・アーリントン) レンジャーズのダルビッシュは先発で8..... [ 記事へ ]

      経済

      「生活に最低限の所得給付を」 京都でスイスの活動家らシンポ

      20170423000099

       暮らしに必要な所得を全員一律に支給する「ベーシックインカム(BI)」について、スイスで..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      特産の天然砥石で研ぎ体験 京都、展示施設リニューアル

      20170423000036

       京都府亀岡市の特産品を紹介する展示・体験施設「森のステーションかめおか」が22日、同市..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      クニマス産卵の撮影成功、山梨
      生態解明へ一歩前進

      20170424000007

       秋田県・田沢湖の固有種で、富士五湖の西湖(山梨県富士河口湖町)で約70年ぶりに発見され..... [ 記事へ ]

      国際

      北朝鮮問題などで舌戦、韓国
      大統領選向け第1回討論会

      20170423000118

       【ソウル共同】韓国大統領選に向けた中央選挙管理委員会主催の第1回テレビ討論会が23日、..... [ 記事へ ]