出版案内
福祉事業団

英語教員、TOEIC“合格”2割 京都府中学「資質」はOK?

 京都府教育委員会は9日、京都市を除く中学校の英語科教員で、本年度に英語能力試験TOEICを受験した74人のうち、府教委が目標として課した英検準1級に相当する730点以上を獲得したのは16人で、約2割にとどまることを明らかにした。最低点は280点で、500点未満も14人いたという。府教委は「英語科教員の資質が問われかねない厳しい状況だ」としている。

 国は、次期学習指導要領で、中学校の英語科の授業は基本的に英語で行うことを盛り込む方向で、2017年度内に中学校教員で英検準1級以上50%という目標を掲げている。

 そのため府教委は、本年度から英検準1級以上を取得していない英語科教員に、英語のコミュニケーション能力を測るTOEICの受験を促し、受験料を負担する事業を約750万円かけて始めた。

 対象となる50歳未満の教員は約150人で、本年度は74人が受験した。まず昨年6月に試験実施したところ、4人しか達成できなかった。その後、8月と10月に集中セミナーを3日間実施。その後1月までに追加で8人が合格した。ただ受験者の平均点は、1回目が578点、2回目が588点で、セミナーや自習を経ても10点しか上がっていない。

 今回達成しなかった教員は、来年度に再受験させるとともに、個別の課題に応じた自習を促し、支援も行うという。学校教育課は「採用試験に受かっているのだから、英語力はあるはずだが、教師生活の中でさびついているのではないか。中学校教員は、多忙化が課題だが、学校にも理解を求め、勉強する体制を整える」としている。

 一方、中学教員全体での英検準1級相当の達成率は昨年度の25・8%から34・5%に増えた。

【 2017年02月10日 08時16分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      大学授業料「出世払い」に
      20年度導入目指し自民提言

      20170522000179

       自民党教育再生実行本部(本部長・桜田義孝元文部科学副大臣)は22日、安倍晋三首相が憲法..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サーフィン堀越と大音が2回戦へ
      WG第3日

      20170523000021

       【ビアリッツ(フランス)共同】2020年東京五輪の追加種目となったサーフィンの世界一を..... [ 記事へ ]

      経済

      NY株続伸、89ドル高
      防衛関連株が支え

      20170523000010

       【ニューヨーク共同】週明け22日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸し、..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      幕府規制も本堂ゆったり 滋賀・日野、信楽院、県教委が調査

      20170522000045

       滋賀県日野町村井にある県指定文化財の浄土宗寺院「信楽(しんぎょう)院」本堂が、寺院の規..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      「宇宙マウス」に遺伝異常なし
      長期滞在で人に応用も

      20170523000006

       国際宇宙ステーションに凍結乾燥保存された状態で、9カ月間強い宇宙放射線を浴びたマウスの..... [ 記事へ ]

      国際

      フリン前補佐官が議会召喚拒否
      ロシア疑惑、免責要求

      20170523000012

       【ワシントン共同】トランプ米政権のフリン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は22日..... [ 記事へ ]