出版案内
福祉事業団

英語教員、TOEIC“合格”2割 京都府中学「資質」はOK?

 京都府教育委員会は9日、京都市を除く中学校の英語科教員で、本年度に英語能力試験TOEICを受験した74人のうち、府教委が目標として課した英検準1級に相当する730点以上を獲得したのは16人で、約2割にとどまることを明らかにした。最低点は280点で、500点未満も14人いたという。府教委は「英語科教員の資質が問われかねない厳しい状況だ」としている。

 国は、次期学習指導要領で、中学校の英語科の授業は基本的に英語で行うことを盛り込む方向で、2017年度内に中学校教員で英検準1級以上50%という目標を掲げている。

 そのため府教委は、本年度から英検準1級以上を取得していない英語科教員に、英語のコミュニケーション能力を測るTOEICの受験を促し、受験料を負担する事業を約750万円かけて始めた。

 対象となる50歳未満の教員は約150人で、本年度は74人が受験した。まず昨年6月に試験実施したところ、4人しか達成できなかった。その後、8月と10月に集中セミナーを3日間実施。その後1月までに追加で8人が合格した。ただ受験者の平均点は、1回目が578点、2回目が588点で、セミナーや自習を経ても10点しか上がっていない。

 今回達成しなかった教員は、来年度に再受験させるとともに、個別の課題に応じた自習を促し、支援も行うという。学校教育課は「採用試験に受かっているのだから、英語力はあるはずだが、教師生活の中でさびついているのではないか。中学校教員は、多忙化が課題だが、学校にも理解を求め、勉強する体制を整える」としている。

 一方、中学教員全体での英検準1級相当の達成率は昨年度の25・8%から34・5%に増えた。

【 2017年02月10日 08時16分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      温暖化に強いモモ開発、農研機構
      「さくひめ」、味や大きさ上

      20170628000067

       農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)は28日、地球温暖化に強い新品種のモモ「さく..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大リーグ、イチローが勝ち越し打
      前田、7回無失点で6勝目

      20170628000040

       【マイアミ共同】米大リーグは27日、各地で行われ、マーリンズのイチローがマイアミでのメ..... [ 記事へ ]

      経済

      水島製作所、40万台へ倍増
      三菱自動車ゴーン会長が表明

      20170628000030

       三菱自動車のカルロス・ゴーン会長は28日、昨年4月に発覚した燃費不正問題で対象車種の一..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      太川陽介さん、古里の観光大使に 京都・京丹後

      20170627000153

       京都府京丹後市大宮町出身で俳優・タレントの太川陽介さん(58)が27日、同市初の観光大..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      伊方1号機の廃炉計画認可
      原子力規制委、5原発目

      20170628000054

       原子力規制委員会は28日の定例会合で、運転開始から40年となる四国電力伊方原発1号機の..... [ 記事へ ]

      国際

      M・カーさん、9億円宝石当局に
      米の汚職捜査に協力

      20170628000069

       【ロサンゼルス共同】オーストラリアの人気モデル、ミランダ・カーさんの代理人は27日、マ..... [ 記事へ ]