出版案内
福祉事業団

全児童、校内の絵描き「ありがとう」 閉校の京都・醒泉小

校舎や校庭の木々を描いた作品が並ぶ廊下(京都市下京区・醒泉小)
校舎や校庭の木々を描いた作品が並ぶ廊下(京都市下京区・醒泉小)

 閉校に伴い解体される校舎を心に刻もうと、京都市下京区の醒泉小で、全校児童が写生した校内風景の絵画が展示されている。18日には閉校記念式典を開き、築80年を超える懐かしい校舎のたたずまいと一緒に市民に見学してもらう。

 醒泉小は1869(明治2)年に下京第13番組小として誕生し、現在の本館は1936(昭和11)年に建てられた。アーチ状に造られた廊下の天井や、真ちゅう製の階段の手すり、木製の窓枠など、古い校舎ならではの風情がある。

 同小では、今春の淳風小との統廃合で校舎が解体されるのを前に、思い出の学びやを絵に残そうと、昨年4月から図工の授業の一環で写生を実施。1~6年の全児童223人が作品を手がけてきた。

 このほど始まった展示では、絵の具やクレヨンなどを使ってのびのびと描いた作品を廊下の壁に掲げた。モザイク柄が目を引く階段のタイル飾りや、校舎をバックに鉄棒で遊ぶ児童の姿、色づく校庭のイチョウや満開のサクラなど、子どもらしい感性豊かな絵が並ぶ。

 18日の閉校記念式典では、体育館で卒業生や地元住民向けに行われる催しとともに、市民向けの校舎見学会を午前9時~午後3時に実施。作品展も同時に見られる。

 祖父と父が現校舎で学び、式典で児童代表の言葉を述べる梶原綾音さん(12)は「教室や廊下、体育館など一つ一つにありがとうと言いたい」。高橋義弘校長(58)は「長年、多くの児童を見守ってくれた校舎への感謝の気持ちを、子どもたちが大切にしてくれたら」と話している。

【 2017年02月14日 10時01分 】

ニュース写真

  • 校舎や校庭の木々を描いた作品が並ぶ廊下(京都市下京区・醒泉小)
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      シャンシャン生後130日
      ママ大好き、後追いも

      20171021000102

       上野動物園(東京都台東区)は21日、生後130日を迎えたジャイアントパンダの子ども、シ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ソ4―3楽(21日)
      ソフトバンク逆転勝ち

      20171021000098

       ソフトバンクが逆転勝ちした。2―3の六回に内川が4試合連続本塁打となるソロを放って同点..... [ 記事へ ]

      経済

      イオンと生協、環境枠組み参加へ
      加工食品使用のパーム油

      20171021000090

       加工食品に広く使われている「パーム油」の生産過程で環境破壊や児童労働が世界的な関心事に..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      神輿練り歩き、お祭りムード 京都・亀岡祭のおいで祭り

      20171021000086

       亀岡祭の本祭に向けて、京都府亀岡市上矢田町の鍬山神社からご神体を横町の御旅所・形原神社..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      口の中の細菌、腸難病の原因か
      予防や治療に期待

      20171020000004

       普段、口の中にいる細菌が腸の中で増えると、腸に慢性の炎症が起きる潰瘍性大腸炎やクローン..... [ 記事へ ]

      国際

      日中首脳交流に前向き
      中国共産党幹部が会見

      20171021000082

       【北京共同】中国共産党中央対外連絡部の郭業洲副部長は21日の記者会見で、来年の日中平和..... [ 記事へ ]