出版案内
福祉事業団

復興へ知識と支援を 立命大で「いのちのつどい」

東日本大震災を教訓に大災害の備えなどについて意見を交わすパネリストら(11日、京都市北区・立命館大国際平和ミュージアム)
東日本大震災を教訓に大災害の備えなどについて意見を交わすパネリストら(11日、京都市北区・立命館大国際平和ミュージアム)

 東日本大震災の被災地の現状や復興を考える追悼企画「いのちのつどい」が11日、京都市北区の立命館大国際平和ミュージアムで開かれた。パネル討論や追悼式典を通し、来場者が命の尊さや災害への備えを改めて確認した。

 パネル討論は「見えないものに目を向ける大切さを考える」と題し、被災地の復興に力を注ぐ4人が登壇。放射能や人々のつながりをテーマに意見を交わした。

 福島県の住民から依頼を受けて各戸の放射線量を調査する立命大の安斎育郎名誉教授は、活動する上で「被災者の不安を共有し、科学者の価値観を押しつけないよう心がけている」と説明。「放射能への無頓着さが、差別や偏見を生む。正しい知識や関心を持つことが、今後はさらに必要となる」と訴えた。

 立命大4年の西崎芽衣さんは春から楢葉町に移住するといい、「正直不安はたくさんある。葛藤も受け止めて、被災地で支援を続けたい」と決意を語った。

 このほか、追悼式典や防災を学ぶ親子向けコーナー、浪江町の現状を伝える写真展、学生ボランティアによる活動報告会なども行われた。

【 2017年03月11日 22時40分 】

ニュース写真

  • 東日本大震災を教訓に大災害の備えなどについて意見を交わすパネリストら(11日、京都市北区・立命館大国際平和ミュージアム)
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      「構図は多くが破綻」 滋賀・日野町事件、弁護士が指摘

      20170424000167

       滋賀県日野町で1984年に酒店の女性経営者が殺害された「日野町事件」で、阪原弘元受刑者..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大学スポーツ振興目指す 関西で連携組織発足へ

      20170424000156

       米国をモデルに日本の大学スポーツの振興を目指す国の指針を踏まえ、京滋など関西の大学教員..... [ 記事へ ]

      経済

      心も満たす幸せ社食 京都の企業、おしゃれに充実

      20170424000151

       ランチは午後からの仕事の活力源だ。外食もいいけれど、やっぱり第一の選択肢は懐に優しい社..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      楼門照らす温和な明かり 西本願寺で試験点灯

      20170424000170

       京都市下京区の西本願寺(浄土真宗本願寺派本山)で、25日から国宝や重要文化財の建造物を..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      偽肝炎薬が病院にも流通
      和歌山市、患者には渡らず

      20170424000051

       C型肝炎治療薬「ハーボニー」の偽造品15本が1月、東京都や奈良県で相次いで見つかった問..... [ 記事へ ]

      国際

      大統領令連発、戦後最多へ
      トランプ氏、実績作り躍起

      20170424000082

       【ワシントン共同】トランプ米大統領は政権発足100日を迎える29日を前にエネルギーや農..... [ 記事へ ]