出版案内
福祉事業団

復興へ知識と支援を 立命大で「いのちのつどい」

東日本大震災を教訓に大災害の備えなどについて意見を交わすパネリストら(11日、京都市北区・立命館大国際平和ミュージアム)
東日本大震災を教訓に大災害の備えなどについて意見を交わすパネリストら(11日、京都市北区・立命館大国際平和ミュージアム)

 東日本大震災の被災地の現状や復興を考える追悼企画「いのちのつどい」が11日、京都市北区の立命館大国際平和ミュージアムで開かれた。パネル討論や追悼式典を通し、来場者が命の尊さや災害への備えを改めて確認した。

 パネル討論は「見えないものに目を向ける大切さを考える」と題し、被災地の復興に力を注ぐ4人が登壇。放射能や人々のつながりをテーマに意見を交わした。

 福島県の住民から依頼を受けて各戸の放射線量を調査する立命大の安斎育郎名誉教授は、活動する上で「被災者の不安を共有し、科学者の価値観を押しつけないよう心がけている」と説明。「放射能への無頓着さが、差別や偏見を生む。正しい知識や関心を持つことが、今後はさらに必要となる」と訴えた。

 立命大4年の西崎芽衣さんは春から楢葉町に移住するといい、「正直不安はたくさんある。葛藤も受け止めて、被災地で支援を続けたい」と決意を語った。

 このほか、追悼式典や防災を学ぶ親子向けコーナー、浪江町の現状を伝える写真展、学生ボランティアによる活動報告会なども行われた。

【 2017年03月11日 22時40分 】

ニュース写真

  • 東日本大震災を教訓に大災害の備えなどについて意見を交わすパネリストら(11日、京都市北区・立命館大国際平和ミュージアム)
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      虐待防止、訴え琵琶湖一周 10月にリレー、参加募る

      20170821000021

       琵琶湖一周を走って子どもの虐待防止を呼び掛ける「びわ湖一周オレンジリボンたすきリレー」..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ヤンキース田中、復帰に闘志
      23日のタイガース戦

      20170821000028

       【ボストン共同】右肩炎症で故障者リスト(DL)に入っているヤンキースの田中将大投手が2..... [ 記事へ ]

      経済

      「さくら筆」のメーク術を指導 京都で22日

      20170820000067

       化粧筆専門店「京都六角館さくら堂」(京都市中京区)を運営するMURAGISHI(大阪府..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      幻想的に重文照らす 滋賀・石塔寺でフェス

      20170820000121

       国内最古の三重石塔で重要文化財「阿育王塔(あしょかおうとう)」などをライトアップする「..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      iPS創薬応用へ初の提携契約 京都のベンチャーと理研

      20170820000123

       iPS細胞(人工多能性幹細胞)の創薬応用を推進するため、京都市上京区のベンチャー企業「..... [ 記事へ ]

      国際

      車3台で爆破テロ計画か
      警察、隠れ家遺体特定急ぐ

      20170821000013

       【バルセロナ共同】スペイン北東部カタルーニャ自治州の連続テロで、警察当局は20日の記者..... [ 記事へ ]