出版案内
福祉事業団

「算額」文化、中学生がつなぐ 滋賀・三井寺に奉納、対決も

互いの算額の感想を語り合う立命館守山中(左側)と同志社中(右側)の生徒たち(大津市園城寺町・三井寺)
互いの算額の感想を語り合う立命館守山中(左側)と同志社中(右側)の生徒たち(大津市園城寺町・三井寺)

 数学の問題を書いた絵馬や額などの「算額」文化を伝えようと、立命館守山中(滋賀県守山市)と同志社中(京都市左京区)の生徒が12日、大津市園城寺町の三井寺に、自分たちで練り上げた算額計約230枚を奉納した。両校による算額対決も行われ、生徒たちは解を導く楽しさを味わっていた。

 算額は、和算が解けた感謝などを込めたのが始まりとされ、後に問題を書いて参拝者が解き合う日本独特の文化に発展。三井寺には江戸期の算額が伝わり、2013年から同志社中、15年から両校が奉納している。各校4枚の優秀な問題は永年奉納される。

 算額対決では、相手校の算額から2問を解き合った。円の中にある小さな円の半径を求めたり、いびつな四角形を回転させた体積を求めたりする問題に挑戦し、引き分けに終わった。

 永年奉納される立命館守山中3年、積佳鈴さん(15)は「自分の問題がずっと残り、会ったことのない人と数学を通じてつながることを思うと感動しています」、同志社中3年の奥田龍晟さん(15)は「簡単な方法で答えが出せると分かって悔しかったけど、発想の違いを楽しめた」と語っていた。

【 2017年03月13日 11時35分 】

ニュース写真

  • 互いの算額の感想を語り合う立命館守山中(左側)と同志社中(右側)の生徒たち(大津市園城寺町・三井寺)
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      釧路で9年ぶり流氷初日
      気象台観測

      20170323000004

       北海道の釧路地方気象台は22日、この冬初めて釧路市沖に流氷が到来しているのを肉眼で確認..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      田中は5回1/3を無失点
      フィリーズ戦

      20170323000015

       ▽フィリーズ―ヤンキース(22日・クリアウオーター) ヤンキースの田中は先発で5回1/3..... [ 記事へ ]

      経済

      最小の地震検知部品開発 ローム、コンセントなどに組み込み

      20170323000024

       ロームは住宅の分電盤やコンセントに組み込み、地震を検知するセンサーモジュール(複合部品..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      黒と金の輝き再び 世界遺産、二条城・東大手門修理完了

      20170322000076

       世界遺産・二条城(京都市中京区)で重要文化財「東大手門」の修理が完成し、22日に披露式..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原発廃炉へ安全協定改定 滋賀県などと関電・原電

      20170322000148

       滋賀県と高島、長浜両市は、関西電力と日本原子力発電との間でそれぞれ結んでいる原子力安全..... [ 記事へ ]

      国際

      ロシア代表歌手の入国禁止
      欧州音楽祭でウクライナ

      20170323000002

       【モスクワ共同】ウクライナ保安局は22日、同国で5月に開く欧州最大級の音楽祭「ユーロビ..... [ 記事へ ]