出版案内
福祉事業団

iPS細胞変化、継続的に観測 京都大、新たな手法開発

 iPS細胞(人工多能性幹細胞)がさまざまな体の組織に変化する過程を継続的に観測できる新たな手法を、京都大iPS細胞研究所の齊藤博英教授や中西秀之研究員が開発した。目的とする組織を選別しやくすなるという。オランダ科学誌にこのほど発表した。

 iPS細胞が目的の細胞に変化したことを確かめるには、細胞の種類ごとに異なるタンパク質と反応するさまざまな「抗体」を使った測定が一般的になっている。しかしコストがかかり、継続的に観察しづらい点が課題だった。

 齊藤教授らは、細胞の種類ごとに異なる遺伝子「マイクロRNA」に着目。マイクロRNAが働かない時にだけ光るように操作した遺伝子を導入する手法を考案した。例えば心筋に特徴的なマイクロRNAと反応する遺伝子を導入したiPS細胞は、心筋に変化してマイクロRNAが働き出すにつれ、細胞の発光が弱くなった。

 遺伝子の導入は容易で、コスト削減も期待できるという。齊藤教授は「従来の手法と合わせて、効率的に細胞の変化を観察できるのでは」と話す。

【 2017年03月16日 23時00分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      醍醐駅だけ乗客減、人口減影響か 京都市地下鉄、烏丸線好調

      20170722000187

       2016年度までの8年間で1日当たりの乗客数が5万人増えた京都市営地下鉄の全31駅で、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      神戸ポドルスキ、別格の存在感
      実戦デビューでアシスト

      20170722000183

       J1神戸に加入した元ドイツ代表FWポドルスキが22日、仙台市のユアテックスタジアム仙台..... [ 記事へ ]

      経済

      ロボットで基盤接続、対応コネクタ 京セラが新製品

      20170722000140

       京セラは、基板同士をつなぐ部品コネクタで、ロボットによる取り付けに対応した製品を発売し..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      大本開祖・出口なお生誕地発信へ 京都、没後100年に向け

      20170722000146

       大本の出口なお開祖(1837~1918年)が生まれた京都府福知山市上紺屋の土地を、宗教..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      南半球海域にマンボウ新種
      日豪研究チームが確認

      20170722000018

       オーストラリアやニュージーランド近海など南半球の温帯海域に、新種のマンボウが生息すると..... [ 記事へ ]

      国際

      ダイアナ元妃の愛用品展示
      死後20年、ロンドンの宮殿

      20170722000127

       【ロンドン共同】今年で死後20年となる英国のダイアナ元皇太子妃をしのび、ロンドン中心部..... [ 記事へ ]