出版案内
福祉事業団

iPS細胞変化、継続的に観測 京都大、新たな手法開発

 iPS細胞(人工多能性幹細胞)がさまざまな体の組織に変化する過程を継続的に観測できる新たな手法を、京都大iPS細胞研究所の齊藤博英教授や中西秀之研究員が開発した。目的とする組織を選別しやくすなるという。オランダ科学誌にこのほど発表した。

 iPS細胞が目的の細胞に変化したことを確かめるには、細胞の種類ごとに異なるタンパク質と反応するさまざまな「抗体」を使った測定が一般的になっている。しかしコストがかかり、継続的に観察しづらい点が課題だった。

 齊藤教授らは、細胞の種類ごとに異なる遺伝子「マイクロRNA」に着目。マイクロRNAが働かない時にだけ光るように操作した遺伝子を導入する手法を考案した。例えば心筋に特徴的なマイクロRNAと反応する遺伝子を導入したiPS細胞は、心筋に変化してマイクロRNAが働き出すにつれ、細胞の発光が弱くなった。

 遺伝子の導入は容易で、コスト削減も期待できるという。齊藤教授は「従来の手法と合わせて、効率的に細胞の変化を観察できるのでは」と話す。

【 2017年03月16日 23時00分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      自民・谷垣氏、政界引退へ 衆院京都5区、けがで入院中

      20170920000240

       昨夏の自転車事故で負傷してリハビリを続けている自民党の谷垣禎一前幹事長(72)=衆院京..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      楽4―8オ(20日)
      金子が12勝目

      20170920000245

       オリックスが快勝した。三回に安達の適時打で1点を先制。4―1の七回にロメロの3ラン、八..... [ 記事へ ]

      経済

      電柱わしづかみ、地中にグサリ JR西が新車両開発

      20170920000202

       大型のアーム(腕)で電柱をわしづかみにし、そのまま地中に差し込める専用車両「電柱ハンド..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      平安神宮の龍尾壇など3件 重文修復国庫補助3次決定分を発表

      20170920000079

       京都府教育委員会は19日、重要文化財や国史跡などの保存修復や防災に充てる国庫補助事業の..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ノーベル賞予想に宮坂氏を選定
      次世代太陽電池を開発

      20170920000235

       米情報会社クラリベイト・アナリティクスは20日、将来ノーベル賞を受賞する可能性が高い研..... [ 記事へ ]

      国際

      共同活動は観光・養殖優先
      北方領土でサハリン首相

      20170920000219

       【ユジノサハリンスク共同】北方領土を事実上管轄するロシア極東サハリン州のシェルビナ首相..... [ 記事へ ]