出版案内
福祉事業団

iPS細胞変化、継続的に観測 京都大、新たな手法開発

 iPS細胞(人工多能性幹細胞)がさまざまな体の組織に変化する過程を継続的に観測できる新たな手法を、京都大iPS細胞研究所の齊藤博英教授や中西秀之研究員が開発した。目的とする組織を選別しやくすなるという。オランダ科学誌にこのほど発表した。

 iPS細胞が目的の細胞に変化したことを確かめるには、細胞の種類ごとに異なるタンパク質と反応するさまざまな「抗体」を使った測定が一般的になっている。しかしコストがかかり、継続的に観察しづらい点が課題だった。

 齊藤教授らは、細胞の種類ごとに異なる遺伝子「マイクロRNA」に着目。マイクロRNAが働かない時にだけ光るように操作した遺伝子を導入する手法を考案した。例えば心筋に特徴的なマイクロRNAと反応する遺伝子を導入したiPS細胞は、心筋に変化してマイクロRNAが働き出すにつれ、細胞の発光が弱くなった。

 遺伝子の導入は容易で、コスト削減も期待できるという。齊藤教授は「従来の手法と合わせて、効率的に細胞の変化を観察できるのでは」と話す。

【 2017年03月16日 23時00分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      首相、小平選手にインスタで祝意
      「威風堂々の金メダル」

      20180218000129

       安倍晋三首相は18日、韓国・平昌五輪のスピードスケート女子500メートルで金メダルを獲..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ヘントの久保裕也は終盤退く
      ベルギー1部サッカー

      20180219000001

       【ヘント(ベルギー)共同】サッカーのベルギー1部リーグ、ヘントの久保裕也は18日、ホー..... [ 記事へ ]

      経済

      イオン、21年に新施設開業へ
      スペースワールド跡地

      20180218000090

       昨年末に閉園した北九州市のテーマパーク「スペースワールド」の跡地活用を巡り、土地を所有..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      バー「サンボア」、100年祝う 京都、裏千家家元ら発起人

      20180218000102

       京都市内や大阪、東京で営業するバー「サンボア」の100周年を祝う会が18日、京都市中京..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      甲状腺がん支援の輪を広げて
      新宿の寺で演奏会、患者の手紙も

      20180217000073

       東京電力福島第1原発事故後に甲状腺がんと診断された子どもの療養費を支援するNPO法人「..... [ 記事へ ]

      国際

      エマ・ワトソンらセクハラに抗議
      女優190人が英紙に書簡発

      20180218000135

       【ロンドン共同】英国やアイルランドで活躍する女優190人が18日付の英日曜紙オブザーバ..... [ 記事へ ]