出版案内
福祉事業団

iPS細胞変化、継続的に観測 京都大、新たな手法開発

 iPS細胞(人工多能性幹細胞)がさまざまな体の組織に変化する過程を継続的に観測できる新たな手法を、京都大iPS細胞研究所の齊藤博英教授や中西秀之研究員が開発した。目的とする組織を選別しやくすなるという。オランダ科学誌にこのほど発表した。

 iPS細胞が目的の細胞に変化したことを確かめるには、細胞の種類ごとに異なるタンパク質と反応するさまざまな「抗体」を使った測定が一般的になっている。しかしコストがかかり、継続的に観察しづらい点が課題だった。

 齊藤教授らは、細胞の種類ごとに異なる遺伝子「マイクロRNA」に着目。マイクロRNAが働かない時にだけ光るように操作した遺伝子を導入する手法を考案した。例えば心筋に特徴的なマイクロRNAと反応する遺伝子を導入したiPS細胞は、心筋に変化してマイクロRNAが働き出すにつれ、細胞の発光が弱くなった。

 遺伝子の導入は容易で、コスト削減も期待できるという。齊藤教授は「従来の手法と合わせて、効率的に細胞の変化を観察できるのでは」と話す。

【 2017年03月16日 23時00分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      工場夜景の魅力を全国発信
      三重・四日市市でサミット

      20171122000164

       工場の明かりがつくる夜景を観光資源として活用しようと、全国10都市が意見交換する「第8..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      貴乃花親方、協力要請を拒否
      危機管理委の貴ノ岩聴取に

      20171122000180

       大相撲の横綱日馬富士関の暴行問題で、負傷した平幕貴ノ岩関の師匠、貴乃花親方(元横綱)は..... [ 記事へ ]

      経済

      日清、カップそば自主回収
      864食、容器取り違え

      20171122000156

       日清食品は22日、20日に発売したカップそば「日清のどん兵衛 ラー油香る鴨だしねぎ太そ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      当初60冊の予定が… 「冷泉家時雨亭叢書」100冊で完結

      20171122000190

       歌聖の藤原俊成・定家親子を祖先とする冷泉家に伝わる古典籍や古文書の影印本(写真複製本)..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      玄海3号機、再稼働2月に
      神鋼データ改ざんで遅れ

      20171122000168

       九州電力が来年1月を目指していた玄海原発3号機(佐賀県)の再稼働について、2月以降に遅..... [ 記事へ ]

      国際

      トランプ氏、七面鳥に恩赦
      オバマ氏の決定「覆さず」

      20171122000019

       【ワシントン共同】トランプ米大統領は21日、米国の家庭で伝統的に七面鳥料理が振る舞われ..... [ 記事へ ]