出版案内
福祉事業団

華楊、栖鳳など寄贈の名品一堂に 京都で企画展

日本画家の山口華楊が母校の旧格致小に贈った作品「凝視」(洛央小所蔵)
日本画家の山口華楊が母校の旧格致小に贈った作品「凝視」(洛央小所蔵)

 明治初期から戦後にかけて京都市内の小学校に寄贈された美術品を紹介する企画展「学びやタイムスリップ-京都の美術と学校」が15日から、下京区御幸町通仏光寺下ルの市学校歴史博物館で始まる。絵画や墨跡、工芸品など50点の名作をよりすぐり、寄贈にまつわるエピソードとともに振り返る。

 旧格致小の日本画「凝視」(洛央小所蔵)は山口華楊が手掛けた作品で、母校の創立105周年を記念して1974年に寄贈した。雄のライオンが勇猛な姿で一点を見つめる様子を描いている。

 戦前の京都画壇を代表する日本画家の竹内栖鳳が描いた「虞美人草(ぐびじんそう)」は、竹内の息子が旧城巽小を卒業する際に担任の教師に贈った作品。

 その他にも、美人画で知られる上村松園が旧竹間小に贈呈した「静御前」や、洋画家の安井曾太郎が描いた「カーネーション」など、貴重な作品の数々が楽しめる。

 6月18日午後2時から学芸員の森光彦さんによる解説講座「近代京都画壇と学区」が開かれる。定員60人。参加費無料。申し込みは同博物館TEL075(344)1305。

 水曜休館。入館料が必要。

【 2017年04月15日 12時17分 】

ニュース写真

  • 日本画家の山口華楊が母校の旧格致小に贈った作品「凝視」(洛央小所蔵)
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      相模原殺傷事件1年を前に追悼式
      19人犠牲者、人柄しのぶ

      20170724000133

       相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が刺殺されるなどした事件から..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      都市対抗、決勝はNTT東―日通
      ともに2度目V狙う

      20170724000105

       都市対抗野球大会第11日は24日、東京ドームで準決勝が行われ、NTT東日本(東京都)と..... [ 記事へ ]

      経済

      スマホバッテリーを自主回収
      UPQ製、焼損事故

      20170724000127

       家電製品を手掛けるUPQ(アップ・キュー、東京)は24日、同社製のスマートフォン用のバ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都の美と心意気に拍手 祇園祭・後祭の山鉾巡行

      20170724000068

       祇園祭の後祭(あとまつり)の山鉾巡行が24日、曇り空の京都市内で繰り広げられた。舶来の..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      海外原発事故の検知体制強化へ
      規制委、長崎や沖縄に装置

      20170723000106

       原子力規制委員会が、韓国や台湾など、海外の原発で事故が起きた際の放射線拡散情報の検知体..... [ 記事へ ]

      国際

      平壌のビール祭典中止
      干ばつの影響か

      20170724000116

       【北京共同】北朝鮮旅行を取り扱う北京の「高麗ツアーズ」は24日までに、平壌で26日に開..... [ 記事へ ]