出版案内
福祉事業団

大津で「重大事態」いじめ4件 小中校、担任が訴え放置も

 2014、15年度に大津市立の小中学校で、いじめが原因で不登校になる「重大事態」が4件あったことが京都新聞の情報公開請求で分かった。被害を受けた子どもの訴えを担任が放置したり、加害生徒を指導したつもりでもいじめが再発したりと、学校側の対応に課題があるケースがあった。

 市教育委員会が公開した調査報告書によると、重大事態があったのは市立小2校と市立中2校。

 市立小のケースの一つは、13年10月、当時4年の女児が5人の加害グループから押されたり嫌なあだ名で呼ばれたりした。女児は担任に何度かいじめを訴えたが、担任は重く受け止めず1カ月放置した。さらに14年9月にも嫌がらせがあり、女児は担任やいじめ対策担当教員らに相談したが、どの教諭も深刻に捉えず保護者に連絡もしなかった。報告書では「教員の危機意識の希薄さと実効性のある組織的体制が整えられていなかった」と対応の不備を指摘している。

 市立中のケースでは、13年9月から14年2月にかけ、当時1年の男子生徒が加害生徒に物まねをさせられるなどしたため、学校はその都度、「人の気持ちを考えて行動するように」などと加害生徒を指導した。学校は「加害生徒は真剣な様子で話を聞き、反省の態度も示していた」と一定の指導を終えた。だが、2年に進級後、男子生徒は同じ加害生徒から4回、いじめを受けたと学校に訴えていた。

 一方、他校の生徒からツイッターや電話でいじめを受け、登校や外出で身の危険を感じていた中学2年の女子生徒のケースでは、迅速な学校間の連携や警察による巡回パトロールなどで事態が改善した。

 報告書を巡っては、重大事態とされた被害者一人の保護者が一般公表を求めており、市教委は被害者側が希望するケースについては再発防止のため市ホームページで公表する方針。

【 2017年04月21日 23時07分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      鉄道機構財源でJR支援を
      北海道知事、国に要請へ

      20171218000010

       北海道は17日、札幌市でJR北海道の不採算路線見直し問題についてフォーラムを開催し、高..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      バレー、6連覇狙った久光敗れる
      全日本選手権

      20171218000005

       バレーボールの全日本選手権第3日は17日、東京体育館で準々決勝が行われ、女子は6連覇を..... [ 記事へ ]

      経済

      女性12人が起業プラン競う 大津でコンテスト

      20171217000089

       女性起業家を発掘し支援する「大津・女性ビジネスプランコンテスト」が16日、大津市のホテ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「石垣の作り方」に興味津々 彦根城でイベント

      20171217000048

       滋賀県彦根市金亀町の彦根城で16日、城内の石垣を巡るイベント「石垣探検隊」があった。参..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      高校生招きiPS細胞実験教室
      作製10周年、記念イベント

      20171217000111

       京都大iPS細胞研究所は17日、山中伸弥教授による人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)作..... [ 記事へ ]

      国際

      英ヘンリー王子、オバマ氏と対談
      BBCラジオ、27日放送

      20171218000012

       【ロンドン共同】英王室は17日、エリザベス女王の孫に当たるヘンリー王子が英BBC放送の..... [ 記事へ ]