出版案内
福祉事業団

琵琶湖学習船、名称変えるの? 組み立て作業と募集開始

琵琶湖岸の造船所に運び込まれた新学習船の船底部分(大津市今堅田1丁目)
琵琶湖岸の造船所に運び込まれた新学習船の船底部分(大津市今堅田1丁目)

 滋賀県教育委員会が建造を進める琵琶湖の新学習船の基礎部分が10日までに、大津市今堅田1丁目の杢兵衛造船所に搬入され、来年5月の運航に向けて本格的な組み立て作業が始まった。現船の名称は「うみのこ」だが、県教委は同日、新船の名称募集も開始。県民が慣れ親しんだ「うみのこ」から変えることに異論も出ると思われるが、「名称を変えることがありきでない」として、県民を中心に幅広く意見を聞きたいとしている。

 新船は広島県の「中谷造船」が建造しており、船底部分などを分割して同県江田島市からトラックで杢兵衛造船所に運び込んでいる。現在は陸上での作業だが、間もなくドッグに据え付けて作業を始める。

 県教委や近畿運輸局によると、総トン数20トン以上の船は船舶法に基づいて運輸局に登録する必要があるが、識別の混乱を避けるため、同じ名称を避けることが望ましいという。来春役目を終える現在の「うみのこ」の扱いについては未定のため、県教委は船籍登録上の手続きも考え、新名称の募集を始めた。担当者は「現名称への愛着も含め、率直な意見を聞きたい」と話し、「うみのこ」の名称も排除しないという。

 募集期間は6月9日まで。県のホームページからアクセスできる「しがネット受付サービス」か郵送で、誰でも応募できる。3点程度に候補を絞り込み、最終的に知事が決定する。

 名称の採用者1人には、新学習船のペア体験乗船と近江米10キロを贈る。問い合わせは県教委教育総務課TEL077(528)4512。

【 2017年05月11日 10時00分 】

ニュース写真

  • 琵琶湖岸の造船所に運び込まれた新学習船の船底部分(大津市今堅田1丁目)
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      千葉市長に熊谷氏3選
      大差で共産推薦の新人破る

      20170528000102

       任期満了に伴う千葉市長選は28日投開票の結果、無所属の現職熊谷俊人氏(39)が、無所属..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      全仏、ダニエルが2回戦進出
      クビトバが復帰戦白星

      20170528000116

       【パリ共同】テニスの四大大会第2戦の全仏オープンは28日、パリのローランギャロスで開幕..... [ 記事へ ]

      経済

      歴史も味も日本一! 開設90年の京都卸売市場、新鮮食べ歩き

      20170528000064

       京都府民の食を支えてきた京都市中央卸売市場が今年、開設90年を迎える。下京区の第一市場..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      八坂の稲、優雅に手植え 京丹波で御田祭

      20170528000126

       京都市東山区の八坂神社に奉納する稲を植える御田(おんだ)祭が28日、京都府京丹波町下山..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      外来魚“大漁”48キロ 滋賀・琵琶湖で駆除釣り大会

      20170528000032

       市民らで外来魚を駆除する催し「もりやま・びわ湖・ブルーギル撲滅釣り大会」が27日、滋賀..... [ 記事へ ]

      国際

      中国外交トップが29日に来日
      7月の首脳会談へ調整

      20170529000001

       【北京共同】中国国営通信、新華社は28日、中国外交担当トップの楊潔チ国務委員(副首相級..... [ 記事へ ]