出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京料理で嚥下食 京都光華女子大生ら松花堂弁当に挑戦

ミキサーにかけゼリー状に成形する前のハモの処理方法を習う学生(京都市右京区・京都光華女子大)
ミキサーにかけゼリー状に成形する前のハモの処理方法を習う学生(京都市右京区・京都光華女子大)

 京都や滋賀の医師や栄養士と京料理の料理人が開発した「嚥下(えんげ)調整食」(嚥下食)を広げようと、京都光華女子大(京都市右京区)の学生有志が松花堂弁当作りに取り組んでいる。22日の同大学オープンキャンパスで展示する。

 医師や栄養士でつくる「京滋摂食嚥下を考える会」と、NPO法人「日本料理アカデミー」は、加齢や病気でものを飲み込む力が弱くなった人がおいしく食べられる嚥下食の研究を、5年前から続けている。

 健康科学部3年生の中根静香さん(21)=滋賀県豊郷町=は、祖父と同居していることなどから嚥下食に関心を持つようになったといい、昨年から活動に参加。会のイベントがオープンキャンパスに合わせて学内で行われるのを機に、管理栄養士を目指す同じ学科の有志6人とともに嚥下食の松花堂弁当に挑戦することにした。

 ゼリー状の嚥下食で京料理を再現するには特殊な過程も多く、中根さんらは栄養士の指導で「ハモとキュウリの梅肉かけ」「鮎(あゆ)雑炊」などを練習。本番では招待客に出すといい、「どんな表情で食べてくれるか楽しみ」と話す。

 来場者向けには、嚥下食の京菓子などともに22日午後に展示する。また、当日は午後1時半すぎから日本料理アカデミーの村田吉弘理事長の講演もある。申し込み不要。場所などの問い合わせは京都光華女子大075(325)5221。

【 2017年07月12日 10時03分 】

ニュース写真

  • ミキサーにかけゼリー状に成形する前のハモの処理方法を習う学生(京都市右京区・京都光華女子大)
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      準備万端、県内各地で投票所設営 滋賀県知事選

      20180623000135

       滋賀県知事選の投開票を翌日に控えた23日、投票所の設営作業が県内各地の集会所や学校など..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ポーランド監督「面白い試合に」
      W杯、コロンビア戦を前に

      20180624000003

       【カザン共同】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で、日本と同じ1次リーグH組の..... [ 記事へ ]

      経済

      原油価格抑制へ増産で合意
      OPEC、非加盟国

      20180623000150

       【ウィーン共同】石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟国の閣僚級会合が23日、ウィー..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      庭に鳴き声とピアノの調べ 京都・法然院で共生の催し

      20180623000132

       生物との共生のため感性を育もうとする催し「感性と共感の環境学『ゼツメツキグシュノオト』..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      学会、新出生前診断指針見直しへ
      年度内に意見とりまとめ

      20180623000107

       日本産科婦人科学会は23日、妊婦の血液で胎児の染色体異常を調べる新出生前診断の指針の見..... [ 記事へ ]

      国際

      国民投票の再実施要求
      英EU離脱、反対派デモ

      20180623000155

       【ロンドン共同】英国が欧州連合(EU)離脱を決めた国民投票から2年を迎えた23日、英E..... [ 記事へ ]