出版案内
福祉事業団

葛川小・中「特認校」に 大津市全域で通学受け入れ

少人数の授業で、教諭から教わる児童(大津市葛川坂下町、葛川小・中提供)
少人数の授業で、教諭から教わる児童(大津市葛川坂下町、葛川小・中提供)

 児童・生徒の減少が進む大津市の葛川小・中が来年度から「小規模特認校」となり、市内全域から通学受け入れを始める。同市では初の指定で、自然を生かして一人一人に寄り添う教育を打ち出し、学習人数の維持を目指す。地域住民は「葛川に人を呼び込みたい」と、通学する子の家族に短期移住をPRしていく。

 市北部の山あいにある葛川地域は、人口251人で過疎高齢化に悩む。児童生徒は計25人(小学校14人、中学校11人)で、来年度から3年間は、葛川小に入学する地域の子はいない。

 市教育委員会が全市域で学校規模の見直しを検討する中、今年1月の葛川地域説明会で住民が「小規模特認校としての存続」を求めた。4月から住民と学校側で検討会を開き、市教委が特認校に指定した。

 授業では地域の特色を生かし、学校林で生徒児童が木の苗を植え、獣害や雪害の対策を学んでいる。また少人数のため、子どもの苦手分野があれば全員が理解できるまで教える。英語の授業では、地域に住む米国人から海外の生活や文化を学んでいる。川遊びや星空観察など体験学習もある。

 葛川小・中の中井明惠校長(55)は「この学校ではみんなが主人公になれる。1人でも多くの子に来てほしい」と話す。

 また、地域住民でつくる「葛川村づくり協議会」が子どもの家族に短期移住を呼び掛けるチラシを作成。特認校のパンフレットと一緒に市内全域で配布する。同協議会幹事の葛野常喜さん(62)は「街中ではできない自然体験がある。地域のにぎわいにつながれば」と話し、空き家の紹介などを行っていく。

 通学はJR堅田駅からの送迎を予定している。学校説明会を24日と9月7、30日に行う。事前問い合わせが必要。同小077(599)2154。

【 2017年07月23日 21時40分 】

ニュース写真

  • 少人数の授業で、教諭から教わる児童(大津市葛川坂下町、葛川小・中提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      G20大阪開催を正式発表
      菅官房長官

      20180221000069

       菅義偉官房長官は21日の記者会見で、日本で初めての開催となる2019年の20カ国・地域..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大久保、国武は予選敗退
      スノーボード・21日

      20180221000083

       スノーボード新種目の男子ビッグエア予選で、17歳の大久保勇利(ムラサキスポーツ)と16..... [ 記事へ ]

      経済

      ベネズエラ、仮想通貨流通を開始
      財政危機の打開図るも疑問視

      20180221000075

       【リオデジャネイロ共同】南米ベネズエラの反米左翼マドゥロ政権は20日、独自の仮想通貨「..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      150キロ、こんなに大きい 京都・力奉納の餅展示

      20180221000071

       巨大な餅を持ち上げる時間を競う「餅上げ力奉納」が23日に醍醐寺(京都市伏見区)で行われ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      大間原発、進捗率4割弱
      規制委の審査長引く

      20180221000070

       電源開発(Jパワー)は21日、青森県大間町で建設中の大間原発を報道陣に公開した。運転開..... [ 記事へ ]

      国際

      ロシア疑惑捜査で弁護士を起訴
      米特別検察官、偽証罪で

      20180221000005

       【ワシントン共同】トランプ米政権のロシア疑惑に絡み、モラー特別検察官が偽証罪で新たに弁..... [ 記事へ ]