出版案内
福祉事業団

葛川小・中「特認校」に 大津市全域で通学受け入れ

少人数の授業で、教諭から教わる児童(大津市葛川坂下町、葛川小・中提供)
少人数の授業で、教諭から教わる児童(大津市葛川坂下町、葛川小・中提供)

 児童・生徒の減少が進む大津市の葛川小・中が来年度から「小規模特認校」となり、市内全域から通学受け入れを始める。同市では初の指定で、自然を生かして一人一人に寄り添う教育を打ち出し、学習人数の維持を目指す。地域住民は「葛川に人を呼び込みたい」と、通学する子の家族に短期移住をPRしていく。

 市北部の山あいにある葛川地域は、人口251人で過疎高齢化に悩む。児童生徒は計25人(小学校14人、中学校11人)で、来年度から3年間は、葛川小に入学する地域の子はいない。

 市教育委員会が全市域で学校規模の見直しを検討する中、今年1月の葛川地域説明会で住民が「小規模特認校としての存続」を求めた。4月から住民と学校側で検討会を開き、市教委が特認校に指定した。

 授業では地域の特色を生かし、学校林で生徒児童が木の苗を植え、獣害や雪害の対策を学んでいる。また少人数のため、子どもの苦手分野があれば全員が理解できるまで教える。英語の授業では、地域に住む米国人から海外の生活や文化を学んでいる。川遊びや星空観察など体験学習もある。

 葛川小・中の中井明惠校長(55)は「この学校ではみんなが主人公になれる。1人でも多くの子に来てほしい」と話す。

 また、地域住民でつくる「葛川村づくり協議会」が子どもの家族に短期移住を呼び掛けるチラシを作成。特認校のパンフレットと一緒に市内全域で配布する。同協議会幹事の葛野常喜さん(62)は「街中ではできない自然体験がある。地域のにぎわいにつながれば」と話し、空き家の紹介などを行っていく。

 通学はJR堅田駅からの送迎を予定している。学校説明会を24日と9月7、30日に行う。事前問い合わせが必要。同小077(599)2154。

【 2017年07月23日 21時40分 】

ニュース写真

  • 少人数の授業で、教諭から教わる児童(大津市葛川坂下町、葛川小・中提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      子ども食堂、地域住民と交流も 滋賀「人口比」全国最多

      20170816000157

      子ども食堂の「先進地」といわれる滋賀県で、地域住民による開設がさらに広がりを見せている。..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      全国の強豪集いキックオフ びわ湖カップ少年サッカー

      20170816000163

       全国の強豪が集う「びわ湖カップ少年サッカー大会U-11」(滋賀県、県希望が丘文化公園、..... [ 記事へ ]

      経済

      ドンキホーテ、500店舗展開へ
      20年までに、売上高1兆円

      20170816000110

       ディスカウント店大手のドンキホーテホールディングス(HD)の大原孝治社長は16日、現在..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      供養の光、花火と共に 京都・宮津燈籠流し

      20170816000166

       丹後の夏の風物詩「宮津燈籠(とうろう)流し花火大会」が16日夜、京都府宮津市の宮津湾一..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      中国製混入は「在庫処分のため」
      解熱鎮痛剤不正、和歌山県に

      20170815000144

       解熱鎮痛剤アセトアミノフェン(AA)を製造する国内大手原薬メーカー「山本化学工業」(和..... [ 記事へ ]

      国際

      プーチン大統領側近を批判
      収賄罪のロ前経済発展相

      20170816000171

       【モスクワ共同】昨年11月に巨額の収賄罪で訴追されたロシア前経済発展相のアレクセイ・ウ..... [ 記事へ ]