出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

琵琶湖の空に「鳥人間」の夢 コンテストへ京都・滋賀の学生

【上】鳥人間コンテストで使う「結合翼」の機体の模型を手にする江越さん(右から2番目)ら滋賀県立大の学生=彦根市八坂町・同大学【下】大会に向け、機体の整備を進める京都大の学生(京都市左京区・同大学)
【上】鳥人間コンテストで使う「結合翼」の機体の模型を手にする江越さん(右から2番目)ら滋賀県立大の学生=彦根市八坂町・同大学【下】大会に向け、機体の整備を進める京都大の学生(京都市左京区・同大学)

 滋賀県彦根市の琵琶湖岸で今月末に開かれる人力飛行機の大会「第40回鳥人間コンテスト」に、京都と滋賀の大学生が出場する。滋賀県立大(同市)では学生が活動休止状態だったチームを立て直し、「自分が設計した飛行機で、空を飛びたい」と夢見てきた舞台に挑む。

■メンバー集め7年ぶりの出場

 プロペラのない滑空機部門に7年ぶりに出場する県立大航空研究会の部長江越啓太さん(22)は「鳥人間に出るため」会場に近い同大学を選んだ。ところが、入学当初、同会は機体を製作しておらず、同学年で活動する部員は江越さんだけ。1人では飛行機を飛ばすことができず、メンバー集めに奔走した。

 1年前、同じ学科だった鵜飼佳奈さん(21)が入り副部長となり、昨秋と今春に3人が入部した。コンテスト出場経験のある他大学に出向いてノウハウを学び「普通の形ではない飛行機を」と主翼と尾翼がつながる「結合翼」の機体を考案した。

 機体の愛称は滋賀県の鳥カイツブリの別名「鸊鷉(へきてい)」で、地元らしさをPR。200メートル以上の飛行を目指す。パイロットの江越さんは「何とか目標距離を飛びたい」と本番を見据えている。

■新記録へ100万円超の機体

 一方、プロペラ機部門に出る京都大(京都市左京区)チーム。10年ほど前に3位に入った実力を持ち、60人の大所帯だ。部員のアルバイトなどで集めた資金100万円超で飛行機を作り、5回の試験飛行を繰り返してきた。

 目標は過去最高の10キロの飛行。部長の浅井飛鷹さん(22)は「コンテストはものづくりの人間が脚光を浴びる機会で、楽しみ」と話している。

 鳥人間コンテストは29、30日に彦根市松原町の松原水泳場で行われる。

【 2017年07月25日 17時00分 】

ニュース写真

  • 【上】鳥人間コンテストで使う「結合翼」の機体の模型を手にする江越さん(右から2番目)ら滋賀県立大の学生=彦根市八坂町・同大学【下】大会に向け、機体の整備を進める京都大の学生(京都市左京区・同大学)
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      まび記念病院が診療再開、岡山
      敷地内の車両で試験的に

      20180718000193

       西日本豪雨で浸水被害を受けた岡山県倉敷市真備町地区の「まび記念病院」は18日、敷地内に..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ロ2―6楽(18日)
      松井が今季初勝利

      20180718000196

       楽天が今季2度目の同一カード3連戦3連勝を飾った。2―2の八回に藤田の押し出し四球、ペ..... [ 記事へ ]

      経済

      AI活用、各店への電話に一括対応 京都銀行が本店にセンター

      20180718000174

       京都銀行は18日、各営業店への問い合わせ電話に一括対応する「電話受付センター」を京都市..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      炎天下、山鉾町に再び鉾 祇園祭・後祭山鉾建て

      20180718000170

       祇園祭の後祭(あとまつり)巡行(24日)に向けて、京都市中心部で18日、山鉾建てが始ま..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ライチョウひな3羽目死ぬ、栃木
      那須の動物園、残り1羽に

      20180718000071

       栃木県那須町の動物園「那須どうぶつ王国」は18日、人工繁殖に取り組む国の特別天然記念物..... [ 記事へ ]

      国際

      タイで救出の少年ら初の記者会見
      洞窟から奇跡の生還

      20180718000192

       【チェンライ共同】タイ北部チェンライ県の洞窟から奇跡的に生還を果たした地元サッカーチー..... [ 記事へ ]