出版案内
福祉事業団

自転車危険個所、マップに表示 立命大でアプリ作成

自転車安全マップの画面。地図上のアイコンごとに事故や危険箇所の情報が登録されている
自転車安全マップの画面。地図上のアイコンごとに事故や危険箇所の情報が登録されている

 立命館大の研究者などでつくるプロジェクトがキャンパス周辺での自転車事故を防ごうと、インターネット上の地図に危険箇所を表示する無料アプリ「みんなでつくろう自転車安全マップ」を作成した。同大学びわこ・くさつキャンパス(BKC)周辺の事故現場や、「道幅が狭い」「見通しが悪い」など学生から寄せられた情報を地図に加えていく仕組みで、危険の可視化を目指す。作成者は「他大学や中学、高校生にも取り組みを広げたい」と話している。

 近年、自転車事故の賠償額が高額化し、滋賀県などで自転車の損害賠償保険の加入を義務づける条例が施行されている。BKC周辺では学生が関係する自転車事故が多いことから、同大学理工学部の笹谷康之准教授や大学生協共済連などでつくるプロジェクトが開発した。

 地図を使ったまちづくりに取り組む笹谷准教授が監修し、グーグルマップなどの地図上に事故発生地点や危ない場所のアイコンを表示することで、危険の多い地域を視覚化した。

 滋賀県警からは、BKC周辺の草津市や大津市などで2011年から15年までに発生した自転車事故の千件を超えるデータを提供してもらった。歩行者妨害や一時不停止など事故の種類ごとにアイコンを分け、事故ごとに「乗用車×自転車、大学生、出合い頭、重傷」のような概要を表示する。学生たちは、見通しの悪い場所や坂、交通量の多い道などを投稿していて、アイコンをクリックすると写真で現場の様子を確認できる。

 現在はBKC周辺のほか、プロジェクトに参加する山形大周辺で情報が登録されている。今後、危険箇所の改善情報や原付自転車の事故などの追加を検討している。笹谷准教授は「参加者が増えるほど情報が増える。自転車での移動が多い中高生の通学路の安全や防犯マップにも活用できるので、PTAや他大学など幅広く参加してほしい」と話している。

 自転車安全マップのURLはhttp://bicyclesafetymap.jp/

【 2017年08月15日 20時30分 】

ニュース写真

  • 自転車安全マップの画面。地図上のアイコンごとに事故や危険箇所の情報が登録されている
  • 情報の活用に関する県内の会議でアプリを紹介する笹谷准教授(7月28日、大津市におの浜・ピアザ淡海)
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      米空母と海自が共同訓練
      北朝鮮けん制、28日まで

      20170922000155

       海上自衛隊は22日、米海軍の原子力空母ロナルド・レーガンと海自の護衛艦が太平洋で共同訓..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      テニス、ムグルサが準決勝進出
      ケルバーも4強、東レ第5日

      20170922000180

       女子テニスの東レ・パンパシフィック・オープン第5日は22日、東京・有明テニスの森公園で..... [ 記事へ ]

      経済

      洗濯機もデザインにこだわり
      シャープ新製品、扉は鏡面仕立て

      20170922000164

       シャープは22日、天板やドアに鏡面仕立てのガラスを採用し、デザインにこだわった洗濯乾燥..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      1日10食限定、高級ステーキ丼 リーガロイヤル京都

      20170922000175

       リーガロイヤルホテル京都(京都市下京区)は、近江牛などの高級牛100グラムをご飯の上に..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      入場者が100万人を突破
      熊本県の水俣病資料館

      20170922000101

       水俣病の歴史と患者らの苦難を伝えてきた熊本県水俣市の市立水俣病資料館は22日、開館以来..... [ 記事へ ]

      国際

      日本救助チームが活動開始
      メキシコ地震、死者282人

      20170922000171

       【メキシコ市共同】メキシコ中部で起きたマグニチュード(M)7・1の地震発生から3日目を..... [ 記事へ ]