出版案内
福祉事業団

自転車危険個所、マップに表示 立命大でアプリ作成

自転車安全マップの画面。地図上のアイコンごとに事故や危険箇所の情報が登録されている
自転車安全マップの画面。地図上のアイコンごとに事故や危険箇所の情報が登録されている

 立命館大の研究者などでつくるプロジェクトがキャンパス周辺での自転車事故を防ごうと、インターネット上の地図に危険箇所を表示する無料アプリ「みんなでつくろう自転車安全マップ」を作成した。同大学びわこ・くさつキャンパス(BKC)周辺の事故現場や、「道幅が狭い」「見通しが悪い」など学生から寄せられた情報を地図に加えていく仕組みで、危険の可視化を目指す。作成者は「他大学や中学、高校生にも取り組みを広げたい」と話している。

 近年、自転車事故の賠償額が高額化し、滋賀県などで自転車の損害賠償保険の加入を義務づける条例が施行されている。BKC周辺では学生が関係する自転車事故が多いことから、同大学理工学部の笹谷康之准教授や大学生協共済連などでつくるプロジェクトが開発した。

 地図を使ったまちづくりに取り組む笹谷准教授が監修し、グーグルマップなどの地図上に事故発生地点や危ない場所のアイコンを表示することで、危険の多い地域を視覚化した。

 滋賀県警からは、BKC周辺の草津市や大津市などで2011年から15年までに発生した自転車事故の千件を超えるデータを提供してもらった。歩行者妨害や一時不停止など事故の種類ごとにアイコンを分け、事故ごとに「乗用車×自転車、大学生、出合い頭、重傷」のような概要を表示する。学生たちは、見通しの悪い場所や坂、交通量の多い道などを投稿していて、アイコンをクリックすると写真で現場の様子を確認できる。

 現在はBKC周辺のほか、プロジェクトに参加する山形大周辺で情報が登録されている。今後、危険箇所の改善情報や原付自転車の事故などの追加を検討している。笹谷准教授は「参加者が増えるほど情報が増える。自転車での移動が多い中高生の通学路の安全や防犯マップにも活用できるので、PTAや他大学など幅広く参加してほしい」と話している。

 自転車安全マップのURLはhttp://bicyclesafetymap.jp/

【 2017年08月15日 20時30分 】

ニュース写真

  • 自転車安全マップの画面。地図上のアイコンごとに事故や危険箇所の情報が登録されている
  • 情報の活用に関する県内の会議でアプリを紹介する笹谷准教授(7月28日、大津市におの浜・ピアザ淡海)
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      ばいじん排出、元市職員への損害賠償請求断念 滋賀・高島

      20171122000194

       滋賀県高島市の福井正明市長は22日、市環境センター(市今津町)が環境基準値を超えるダイ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ラグビー堀江「違う姿見せたい」
      日本代表、フランス戦に向け

      20171122000193

       【トゥールーズ(フランス)共同】フランス遠征中のラグビー日本代表は22日、最終戦となる..... [ 記事へ ]

      経済

      日清、カップそば自主回収
      864食、容器取り違え

      20171122000156

       日清食品は22日、20日に発売したカップそば「日清のどん兵衛 ラー油香る鴨だしねぎ太そ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      当初60冊の予定が… 「冷泉家時雨亭叢書」100冊で完結

      20171122000190

       歌聖の藤原俊成・定家親子を祖先とする冷泉家に伝わる古典籍や古文書の影印本(写真複製本)..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      玄海3号機、再稼働2月に
      神鋼データ改ざんで遅れ

      20171122000168

       九州電力が来年1月を目指していた玄海原発3号機(佐賀県)の再稼働について、2月以降に遅..... [ 記事へ ]

      国際

      トランプ氏、七面鳥に恩赦
      オバマ氏の決定「覆さず」

      20171122000019

       【ワシントン共同】トランプ米大統領は21日、米国の家庭で伝統的に七面鳥料理が振る舞われ..... [ 記事へ ]