出版案内
福祉事業団

京大で宇宙飛行士の実習 土井教授ら講義、微小重力実験も

有人宇宙学実習のオリエンテーションで、土井教授(左から2人目)の説明を熱心に聞く学生たち=11日午前10時40分、京都市山科区・京大花山天文台 撮影・船越正宏
有人宇宙学実習のオリエンテーションで、土井教授(左から2人目)の説明を熱心に聞く学生たち=11日午前10時40分、京都市山科区・京大花山天文台 撮影・船越正宏

 京都大の全学共通科目「有人宇宙学実習」が11日、京都市山科区の京大花山天文台で始まった。宇宙飛行士の土井隆雄・京大宇宙総合学研究ユニット教授ら5人の教員が講義を担当し、学生たちが宇宙活動を模擬体験する5泊6日の教育プログラム。テントを張って泊まり込み、閉鎖的な空間を体験し、天体観測や微小重力環境での実験などを行う。

 昨年に京大に着任した土井教授がプログラム作りを進めてきた。全国的にも例がない取り組みで、今春に受講生を募集したところ定員10人に対して約8倍の応募があったという。

 初日の11日は午前中、受講する女性2人を含む9人が同天文台に集合して、大型の屈折望遠鏡などを備えた施設を見学し、テントを設営した。午後以降、無重力に近い環境をつくり出す装置を使って植物の生育状況を調べる実験や、夜間に系外惑星の観測を行う。携帯電話は原則使用禁止で、夕食は自炊するなど宇宙ステーションに似た環境を体験してもらい、ストレスを調べる心理検査も毎日行う。

 受講生の工学部3年の平田大さん(20)は「今回のような宇宙に似た環境の経験を生かし、宇宙で人が住むのに必要な機械を作りたい。チャンスがあれば、宇宙にも行ってみたい」と意気込みを見せた。土井教授は「有人宇宙活動に興味のある学生がこんなに多くいたことは、非常に頼もしくやりがいを感じる」と話していた。

【 2017年09月11日 13時21分 】

ニュース写真

  • 有人宇宙学実習のオリエンテーションで、土井教授(左から2人目)の説明を熱心に聞く学生たち=11日午前10時40分、京都市山科区・京大花山天文台 撮影・船越正宏
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      初の空路墓参、23日実施
      北方領土の元島民ら

      20170922000144

       北方領土の元島民らによる初の空路墓参が23日、行われる。これまで船で移動しており、高齢..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      テニス、ムグルサが準決勝進出
      ケルバーも4強、東レ第5日

      20170922000180

       女子テニスの東レ・パンパシフィック・オープン第5日は22日、東京・有明テニスの森公園で..... [ 記事へ ]

      経済

      洗濯機もデザインにこだわり
      シャープ新製品、扉は鏡面仕立て

      20170922000164

       シャープは22日、天板やドアに鏡面仕立てのガラスを採用し、デザインにこだわった洗濯乾燥..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      1日10食限定、高級ステーキ丼 リーガロイヤル京都

      20170922000175

       リーガロイヤルホテル京都(京都市下京区)は、近江牛などの高級牛100グラムをご飯の上に..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      入場者が100万人を突破
      熊本県の水俣病資料館

      20170922000101

       水俣病の歴史と患者らの苦難を伝えてきた熊本県水俣市の市立水俣病資料館は22日、開館以来..... [ 記事へ ]

      国際

      日本救助チームが活動開始
      メキシコ地震、死者282人

      20170922000171

       【メキシコ市共同】メキシコ中部で起きたマグニチュード(M)7・1の地震発生から3日目を..... [ 記事へ ]