出版案内
福祉事業団

京大で宇宙飛行士の実習 土井教授ら講義、微小重力実験も

有人宇宙学実習のオリエンテーションで、土井教授(左から2人目)の説明を熱心に聞く学生たち=11日午前10時40分、京都市山科区・京大花山天文台 撮影・船越正宏
有人宇宙学実習のオリエンテーションで、土井教授(左から2人目)の説明を熱心に聞く学生たち=11日午前10時40分、京都市山科区・京大花山天文台 撮影・船越正宏

 京都大の全学共通科目「有人宇宙学実習」が11日、京都市山科区の京大花山天文台で始まった。宇宙飛行士の土井隆雄・京大宇宙総合学研究ユニット教授ら5人の教員が講義を担当し、学生たちが宇宙活動を模擬体験する5泊6日の教育プログラム。テントを張って泊まり込み、閉鎖的な空間を体験し、天体観測や微小重力環境での実験などを行う。

 昨年に京大に着任した土井教授がプログラム作りを進めてきた。全国的にも例がない取り組みで、今春に受講生を募集したところ定員10人に対して約8倍の応募があったという。

 初日の11日は午前中、受講する女性2人を含む9人が同天文台に集合して、大型の屈折望遠鏡などを備えた施設を見学し、テントを設営した。午後以降、無重力に近い環境をつくり出す装置を使って植物の生育状況を調べる実験や、夜間に系外惑星の観測を行う。携帯電話は原則使用禁止で、夕食は自炊するなど宇宙ステーションに似た環境を体験してもらい、ストレスを調べる心理検査も毎日行う。

 受講生の工学部3年の平田大さん(20)は「今回のような宇宙に似た環境の経験を生かし、宇宙で人が住むのに必要な機械を作りたい。チャンスがあれば、宇宙にも行ってみたい」と意気込みを見せた。土井教授は「有人宇宙活動に興味のある学生がこんなに多くいたことは、非常に頼もしくやりがいを感じる」と話していた。

【 2017年09月11日 13時21分 】

ニュース写真

  • 有人宇宙学実習のオリエンテーションで、土井教授(左から2人目)の説明を熱心に聞く学生たち=11日午前10時40分、京都市山科区・京大花山天文台 撮影・船越正宏
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      皇太子夫妻が育樹祭出席
      香川・まんのう町

      20171119000124

       香川県を訪問中の皇太子ご夫妻は19日、同県まんのう町の県満濃池森林公園を訪れ、第41回..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      日本7―0韓国(19日)
      日本、投打かみ合う

      20171119000131

       日本は投打がかみ合った。四回に外崎の適時打で1点を先制し、五回は外崎の適時打と西川の2..... [ 記事へ ]

      経済

      性的少数者の虹色、伝統工芸に 京都で動き広がる

      20171119000048

       京都の伝統工芸の職人の間で、LGBT(性的少数者)の尊厳を象徴するレインボーフラッグを..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      紅葉の京都に朝鮮通信使
      再現パレード華やかに

      20171119000129

       江戸時代を中心に、朝鮮国王が修好のため日本に派遣した外交使節団「朝鮮通信使」の行列を再..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      森林整備や省エネPR 京都・長岡京で環境フェア

      20171119000028

       京都府長岡京市内で展開している環境活動をPRする「環境フェア」が18日、同市天神4丁目..... [ 記事へ ]

      国際

      聖書博物館がワシントンで開館
      トランプ政権下の展示注目

      20171119000008

       【ワシントン共同】聖書の歴史や聖書が米国社会に与えた影響を振り返る「聖書博物館」が18..... [ 記事へ ]