出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

滋賀の小学校教員、若さで全国8番 16年度、力量向上が課題

滋賀県の公立小学校教員の年齢構成
滋賀県の公立小学校教員の年齢構成

 滋賀県の公立小学校教員の平均年齢は2016年度時点で41・6歳となり、全国で8番目に低いことが、文部科学省が3年ごとに実施している学校教員統計調査で分かった。指導や校務で中心となる40歳代の中堅教員が少ない一方、団塊世代の大量退職に伴い、近年は毎年200人超の採用が続いている。若手教員の力量アップが課題で、県教育委員会は、実際の仕事を通して人材を育成する「OJT」(オンザ・ジョブ・トレーニング)を進めるなど対策に乗り出している。

 同調査によると、全国平均は43・4歳。平均年齢が低いのは、大阪府(39・4歳)、神奈川県(40・2歳)、東京都(40・4歳)、京都府(40・9歳)など、都市部が上位を占める。

 滋賀県はベッドタウン化が進み、子どもの割合が全国でも高いことから多くの教員が必要な状況にある。一方、ここ数年は250人前後が毎年定年を迎え、「大量退職、大量採用」が続くことが、平均年齢を押し下げる要因となっている。年齢構成は55歳以上が突出して多く、25~29歳が続くが、40~44歳は全体のわずか7%と、いびつになっている。

 県教委によると、最近は若手教員と先輩教員との関わりが薄れる傾向にあり、学習や生活の規律づくりなどで悩む若手が多いという。現状を受け、県教委は16年度より、若手教員育成の具体策を「SHIGA若鮎(あゆ)プラン」と名付け、各学校で教員数人単位による「グループOJT」を進めている。若手が先輩の授業を見学し、教員同士で助言し合える環境づくりに取り組むほか、滋賀大の教職大学院にも教員を派遣している。中堅教員が少ない現状を受け、30~40歳代の教員を対象に、学校運営全般について学ぶミドルリーダー研修も行っている。

 青木洋教育長は「学校の中でいかに若手教員を育てるか。OJTで先輩のノウハウをしっかり学び、学年ごとの部会などでも日々勉強してもらっている」と話す。

【 2017年09月21日 08時51分 】

ニュース写真

  • 滋賀県の公立小学校教員の年齢構成
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      故郷よ、母よ…絶望の沖縄戦に死した、京都出身の兵士の日記

      20180623000032

       23日は沖縄慰霊の日。73年前、激しい地上戦が繰り広げられた沖縄戦で戦死した京都出身者..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      米女子ゴルフ、畑岡2位と好発進
      上原、野村は79位

      20180623000041

       【ロジャーズ(米アーカンソー州)共同】米女子ゴルフのアーカンソー選手権は22日、アーカ..... [ 記事へ ]

      経済

      NY株9日ぶり反発
      119ドル高、石油株主導

      20180623000012

       【ニューヨーク共同】22日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は9営業日ぶりに..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都スタジアム「ぶっ飛んだ仕掛けを」4年半ぶり専門家会議

      20180623000034

       京都府が亀岡市のJR亀岡駅近くで計画している球技専用の京都スタジアム(仮称)について、..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      はやぶさに「クイーン」も注目
      小惑星「りゅうぐう」接近に祝

      20180623000008

       【ワシントン共同】探査機はやぶさ2が捉えた小惑星「りゅうぐう」の画像に、英ロックバンド..... [ 記事へ ]

      国際

      携帯位置情報、無断捜査は違法
      米最高裁「令状必要」

      20180623000018

       【ワシントン共同】米連邦最高裁は22日、事件捜査で容疑者らの携帯電話の位置情報を無断で..... [ 記事へ ]