出版案内
福祉事業団

骨の難病男性「ここまで早く」 京大、iPSで薬候補治験

投与に備えて、医師の診察を受ける山本育海さん=5日、京都市左京区・京都大医学部付属病院 代表撮影
投与に備えて、医師の診察を受ける山本育海さん=5日、京都市左京区・京都大医学部付属病院 代表撮影

 筋肉の中に骨ができる希少難病の患者で、iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使って見つかった薬候補の臨床試験(治験)に参加する山本育海さん(19)が5日、京都市左京区の京都大医学部付属病院で会見した。治験はまだ研究段階と強調しつつ、「ここまで早く実施してくれた先生方に感謝したい」と語った。

 希少難病「進行性骨化性線維異形成症(FOP)」の患者は全国で約80人とされるが、有効な治療法はない。京大の研究チームは山本さんら患者の細胞から作ったiPS細胞での実験を通し、免疫抑制剤などに使われる「ラパマイシン」が、FOPの進行を抑える可能性があるとの研究結果を8月に発表した。薬として国の承認を得るのに必要な治験に参加する患者の登録を9月から始めた。iPS細胞を活用した薬の治験は世界初とみられる。

 治験は6歳以上60歳未満が対象で、京大以外でも実施して計20人が参加する計画。「ラパマイシン」と偽薬のいずれかを約6カ月投与し、日常生活に必要な身体機能について評価。安全性と有効性を確認する。

 山本さんはこの日、投与する前の確認として、首や手首など関節の動きについて医師の診察を受けた。

【 2017年10月05日 22時40分 】

ニュース写真

  • 投与に備えて、医師の診察を受ける山本育海さん=5日、京都市左京区・京都大医学部付属病院 代表撮影
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      岐阜・美濃加茂市長辞職に同意
      最高裁上告棄却で議会

      20171214000057

       汚職事件で事前収賄などの罪に問われ、最高裁が上告を棄却した岐阜県美濃加茂市長の藤井浩人..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大谷選手、契約金は2億6千万
      エンゼルスの上限額とAP通信

      20171214000069

       【ロサンゼルス共同】プロ野球日本ハムからポスティングシステムでの米大リーグ、エンゼルス..... [ 記事へ ]

      経済

      地元企業の決算 ジェイ・エス・ビー

      20171214000031

      ■管理戸数増で増収増益 主力の不動産賃貸管理事業は、取り扱い物件戸数の増加や高水準の入居..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      大しめ縄飾り 京都・向日神社で事始め

      20171214000073

       迎春準備の「事始め」にあたる13日、京都府向日市向日町の向日神社で、氏子らがしめ縄を作..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      最古の首長竜、絶滅逃れる
      ドイツの2億年前の地層

      20171214000009

       「首長竜」と呼ばれる海の大型爬虫類プレシオサウルス類の最古の化石を見つけたと、東京大や..... [ 記事へ ]

      国際

      メルケル首相、大連立へ協議開始
      第2党党首と会談、反対論も

      20171214000041

       【ベルリン共同】ドイツのメルケル首相は13日、自ら率いる第1党の保守、キリスト教民主・..... [ 記事へ ]