出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

iPSで生体並み心筋シート 京大などラット移植成功

マイクロファイバーを使った心筋培養用のシートを手にする劉准教授(京都市左京区・京都大)
マイクロファイバーを使った心筋培養用のシートを手にする劉准教授(京都市左京区・京都大)

 マイクロファイバーを使ってヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)から心筋細胞をシート状に培養することに、京都大物質-細胞統合システム拠点の劉莉(りゅうり)准教授や大阪大医学系研究科の南一成准教授らが成功した。生体に近い状態で心筋を作製できたといい、再生医療や薬剤開発へ応用が期待できる。米科学誌ステム・セル・リポーツに27日、発表する。

 iPS細胞を使った心筋シートは、再生医療への応用が期待されている。しかし現状の技術では、心筋の配列が生体と異なるなど課題が残っている。

 グループは、生体内で分解される高分子化合物を使った直径1~2マイクロメートル(マイクロは100万分の1)のファイバーを同じ方向で多数並べた縦横1センチのシートを作製。シート上でヒトiPS細胞から作った心筋細胞を培養した。

 結果、生体の心筋に近い構造を持った厚さ数百マイクロメートルの心筋シートとなり、従来型より細胞の成熟度が高くなった。慢性心筋梗塞を起こさせたラットの心臓に移植して1カ月後には心機能が回復し、拒絶反応も少なかった。

 また、移植していない状態での心筋シートでは、細胞の拍動に合わせて生じる電気活動も安定していた。薬剤開発時の心臓への毒性検査に活用できる可能性があるという。

 劉准教授は「ヒトに応用する時に適したシートの厚さなど、今後も検討を重ねていきたい」と話している。

【 2017年10月27日 01時58分 】

ニュース写真

  • マイクロファイバーを使った心筋培養用のシートを手にする劉准教授(京都市左京区・京都大)
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      全国のコメの酒、搾り作業
      被災地応援と地域連携目的

      20180623000069

       全国47都道府県のコメで造る日本酒の搾り作業が23日、福島県会津坂下町の曙酒造で行われ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      NPB、誤審で謝罪
      オリックスは試合続行を要望

      20180623000072

       22日のオリックス―ソフトバンク10回戦の試合後に審判団が誤審を認めたことを受け、日本..... [ 記事へ ]

      経済

      国産レモンと沖縄海水塩仕上げ、宝酒造がレモンサワー新商品

      20180623000057

       宝酒造(京都市下京区)は、寳「極上レモンサワー」〈つけ込み塩レモン〉を7月10日に発売..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都スタジアム「ぶっ飛んだ仕掛けを」4年半ぶり専門家会議

      20180623000034

       京都府が亀岡市のJR亀岡駅近くで計画している球技専用の京都スタジアム(仮称)について、..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      茶葉収穫、冷害で8・6%減 滋賀、41年ぶり広範囲被害

      20180623000061

       今冬の冷え込みの影響で滋賀県甲賀市内の茶園で茶葉が枯れた寒干害について、滋賀県は22日..... [ 記事へ ]

      国際

      携帯位置情報、無断捜査は違法
      米最高裁「令状必要」

      20180623000018

       【ワシントン共同】米連邦最高裁は22日、事件捜査で容疑者らの携帯電話の位置情報を無断で..... [ 記事へ ]