出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ヒトの毒性試験「幹細胞で可能」 京大iPS研でシンポ

薬剤開発での安全性確認へ幹細胞を活用する意義について議論したシンポジウム(京都市左京区・京都大iPS細胞研究所)
薬剤開発での安全性確認へ幹細胞を活用する意義について議論したシンポジウム(京都市左京区・京都大iPS細胞研究所)

 動物福祉の観点から、ヒト用の薬剤開発などの安全性確認に動物を使わない動きが強まる中、ヒトES細胞(胚性幹細胞)などを代わりに活用する方法を探るシンポジウムが27日、京都市左京区の京都大iPS細胞研究所であった。製薬や化学、食品関連の企業関係者約100人が集まり、現場の状況を踏まえて議論を交わした。

 同研究所の藤渕航教授らが中心になって7月に設立した「幹細胞を用いた化学物質リスク情報共有化」コンソーシアムが主催した。

 藤渕教授は、ヒトES細胞に毒性のある化合物20種類を作用させ、それぞれのケースで遺伝子発現に生じた変化を調べた研究を紹介。「ヒトの毒性試験では幹細胞を使うことが可能であるという結果が得られた」と話した。

 今後、さらに多くの化合物とES細胞の反応を調べ、データベースを構築していくと説明。ヒトとマウスでは毒性のある化合物への反応に違いがあり、ヒトES細胞を使う利点があるとも述べた。個人ごとに作製して安全性を確かめられるiPS細胞(人工多能性幹細胞)の有用性も強調した。

 このほか、製薬企業や食品会社の関係者が、安全性試験の現状の課題を解説した。

【 2017年10月27日 22時51分 】

ニュース写真

  • 薬剤開発での安全性確認へ幹細胞を活用する意義について議論したシンポジウム(京都市左京区・京都大iPS細胞研究所)
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      京都市長、地震発生後に渡仏 被害は確認、記念式典出席へ

      20180619000069

       大阪府北部で起きた地震を受け、京都府は18日、京都市上京区の府庁で災害対策本部会議を開..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      競泳の日本勢、欧州GPから帰国
      17歳池江璃花子「自信つい

      20180619000046

       競泳の欧州グランプリを終えた日本勢が19日、成田空港に帰国した。女子で100メートルと..... [ 記事へ ]

      経済

      京都のホテル、キャンセル相次ぐ 大阪北部地震、開店遅れも

      20180618000180

       大阪府北部を中心に被害が出た地震は、京都、滋賀の経済活動にも影響を及ぼした。交通機関が..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「建築界の宝」も無残 大阪地震、モダン住宅聴竹居の見学中止

      20180619000054

       18日に発生した大阪北部地震で、戦前のモダン住宅として知られる京都府大山崎町の「聴竹居..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      政府調査委、地震断層の見解出ず
      震度6弱で臨時会合

      20180618000163

       大阪府北部で18日朝に最大震度6弱を記録した地震を受けて、政府の地震調査委員会(委員長..... [ 記事へ ]

      国際

      和平合意を見直しの右派が当選
      南米コロンビア大統領

      20180618000043

       【ボゴタ共同】2016年に半世紀以上にわたった内戦が終結した南米コロンビアで、大統領選..... [ 記事へ ]