出版案内
福祉事業団

同志社大と文化庁が包括協定 文化芸術都市の指標研究

協定書に調印し、笑顔を見せる宮田文化庁長官(左から2人目)と松岡学長(同3人目)=京都市上京区・同志社大
協定書に調印し、笑顔を見せる宮田文化庁長官(左から2人目)と松岡学長(同3人目)=京都市上京区・同志社大

 文化庁地域文化創生本部と同志社大は17日、研究に関わる交流や情報交換を促進する包括協定を京都市上京区の同大今出川キャンパスで結んだ。文化芸術を生かして地域振興を目指す「文化芸術創造都市」についての共同研究を軸に、連携を強化する。同庁がこうした協定を大学と結ぶのは初めて。

 文化芸術創造都市は、美術館を核に観光や伝統産業の振興を図る金沢市などが例に挙げられる。文化庁は10年前から、同様の特色を持つ約40都市を表彰して取り組みを後押ししているという。さらに、こうした都市の特性を適切に評価する指標を確立するため、同大と今年11月から共同研究を進めている。

 調印式では、宮田亮平文化庁長官と松岡敬学長が協定書にサインした。協定は2020年3月末まで。研究や授業などで相互の人材や研究基盤を活用する。

 宮田長官は「京都を知って日本を知ることができる。歴史ある京都に根ざした同志社大と協力し、全国津々浦々の日本を知る第一歩にしたい」と述べ、松岡学長は「総合大学の幅広い知見を生かして支えたい」と話した。

【 2017年12月18日 16時50分 】

ニュース写真

  • 協定書に調印し、笑顔を見せる宮田文化庁長官(左から2人目)と松岡学長(同3人目)=京都市上京区・同志社大
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      57年「砂川事件」土屋氏が講演
      「沖縄の大きな負担知って」

      20180224000136

       東京都砂川町(現立川市)で旧米軍立川基地の拡張に反対し、基地に立ち入ったとして有罪とさ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      カーリング・藤沢五月の話
      「着実に日本がレベルアップ」

      20180225000001

       藤沢五月の話 相手のミスで決まったので、最初は信じられなかった。(メダルが)首にかから..... [ 記事へ ]

      経済

      大手が注目、京大発半導体ベンチャー 社長はバイオ専攻

      20180224000031

       京都大発の半導体ベンチャーFLOSFIA(フロスフィア、京都市西京区)が、大手メーカー..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      陽気誘われ春の香り 京都・滋賀各地で梅見頃

      20180224000128

       連日の陽気に誘われ、京滋各地で梅が見頃を迎えている。約150本が並ぶ京都市下京区の梅小..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      宇宙飛行士の金井さんと交信
      小学生、福井の科学館

      20180223000205

       国際宇宙ステーションに滞在中の宇宙飛行士金井宣茂さん(41)と小学生らが交信するイベン..... [ 記事へ ]

      国際

      安保理シリア停戦決議採択
      人道支援目的、30日間

      20180225000009

       【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は24日、内戦が激化するシリアで緊急人道支援を目..... [ 記事へ ]