出版案内
福祉事業団

社説:阪大の入試ミス  救済遅らせた思い込み

 なぜ、もっと早く誤りを正せなかったのか。悔やまれる事態である。

 大阪大学が昨年2月に実施した入試の物理科目で出題と採点にミスがあり、誤って30人を不合格にしていたことが分かった。

 阪大は30人を追加合格として本人に通知した。30人のうち9人は阪大の第2志望の学科に入学しており、希望すれば第1志望だった学科への移籍を認める。別の大学に進学した学生や、浪人している受験生に対しては必要な補償を行うという。

 本来なら阪大で学ぶことができた貴重な1年間について、大学当局は最大限の配慮をしてほしい。他大学への進学や浪人のための費用の補償、慰謝料も必要ではないか。

 その上で重要なのは、ミスが明らかになるのに1年近くもかかった経緯を検証し、再発防止を図ることだ。検証結果は公表し、他大学も教訓にしてほしい。

 ミスがあった問題は2問あり、1問は正答が三つあったが、阪大は一つのみを正答とした。この問題の正答を前提にもう一つの1問が作成されており、別の二つの回答では問題が成立しなくなった。

 今回のミスが明らかになるまでに、外部から6月と8月に指摘があった。阪大はいずれも認めず、12月にあった別の指摘でようやく間違いを認めた。この間の経緯は子細に検討する必要がある。

 最初の2回の指摘に対しては、阪大は問題作成の責任者と副責任者の教授2人で検討し、学内で共有されていなかった。

 6月か8月にミスを認めていれば、9月入学ができたという指摘もある。

 阪大は記者会見で「問題作成者に思い込みがあったと言われても仕方がない」と述べた。

 ミスを完全に防ぐことはできないとしても、早期に気づき救済する態勢がなかった。残念というほかない。

 合否判定に影響する出題ミスは過去に京都の大学でも起きている。龍谷大は2008年に91人の追加合格を出した。

 入試問題は試験直後から公開される。出題内容や正誤の判定に対する外部の指摘と大学の対応については、各大学が抱え込まず、ネットなどで公開する必要があるのではないか。

 今月13日から大学入試センター試験が始まる。各大学は受験生に動揺が走らないよう態勢を整えてもらいたい。

(京都新聞 2018年01月08日掲載)

【 2018年01月08日 19時00分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      京都の戦禍「馬町空襲」犠牲者しのぶ 献花式に学生や住民参列

      20180117000024

       1945年1月16日に起きた「馬町空襲」の犠牲者をしのぶ献花式が16日、京都市東山区の..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      レイクス田中大地、シーズン途中で早期引退 バスケBリーグ 

      20180117000036

       今季限りでの引退を明言していたレイクスの田中大地選手(28)が10日、シーズン途中での..... [ 記事へ ]

      経済

      美容商品広告の写真、修整せず
      米大手ドラッグチェーン

      20180117000020

       【ニューヨーク共同】米ドラッグストアチェーン大手のCVSヘルスは16日までに、店舗やネ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      旅する「空中茶室」の魅力語らう 京都・八幡で21日シンポ

      20180117000033

       石清水八幡宮(京都府八幡市八幡)の宿坊にかつてあった空中茶室「閑雲軒(かんうんけん)」..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      iPS移植で初「有害事象」 網膜に合併症、新たに手術

      20180116000183

       理化学研究所などのチームは16日、他人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使った移植手術..... [ 記事へ ]

      国際

      独で皇后さま歌集の出版行事開催
      訳者「人生詰まった50首」

      20180117000030

       【ベルリン共同】皇后さまの和歌50首をドイツ語訳した歌集「その一粒に重みのありて」の出..... [ 記事へ ]