出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

戦前の道徳教育紹介 京都、教育勅語謄本など70点展示

明治初期から第2次世界大戦期までの道徳教育の歩みを紹介した企画展(京都市下京区)
明治初期から第2次世界大戦期までの道徳教育の歩みを紹介した企画展(京都市下京区)

 今春から小学校で道徳が教科化されるのを前に、京都市下京区の市学校歴史博物館で企画展「近代日本の道徳教育」が開かれている。明治初期から第2次世界大戦期までの道徳教育の歩みを取り上げている。

 戦後の道徳は1958年に特設され、教科外活動として続いてきた。江戸期には私塾で道徳が説かれ、明治期には「修身科」を中心に道徳教育が行われてきたという。

 会場では、教科書や写真など約70点を展示し、欧化の時代を経て、自由民権運動を背景に教育方針が転換されていく様子を紹介。

 1890年に出された教育勅語のコーナーでは、1948年に全国すべての学校から回収することが決められた謄本(公式な印刷物)を展示している。市内の公立小で発見された貴重な史料となっている。基本理念として言われる「忠君愛国」の言葉は教育勅語にはなく、その後の解説で使われ広まったことなどを伝えるコラムも添えている。

 このほか、天皇の誕生日とキリストをあがめる歌が同じページに併記されている唱歌集(1888年)や、楠木正成が子どもに戦死の覚悟を説き、戦時下の歴史教育のあり方が分かる国民学校6年の国定国史教科書(1944年)などもある。

 担当者は「時代とともに道徳の内容は変わっている。戦前の道徳教育について正しく知ってもらいたい」としている。4月15日まで。水曜休館。入館料必要。(寺内繭)

【 2018年02月04日 17時20分 】

ニュース写真

  • 明治初期から第2次世界大戦期までの道徳教育の歩みを紹介した企画展(京都市下京区)
  • 京都市内の公立小で発見された教育勅語謄本
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      陸自水陸機動団が搬送訓練
      「負傷者」搬送、種子島

      20180520000130

       離島防衛強化のために3月に新設された陸上自衛隊相浦駐屯地(長崎県佐世保市)所属の専門部..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      トランポリン、上山と森が代表に
      世界選手権などの選考会

      20180520000123

       トランポリンの世界選手権(11月・サンクトペテルブルク)などの代表選考会を兼ねた全日本..... [ 記事へ ]

      経済

      京都の技体験、地張り提灯作りに挑戦 東京・六本木で催し

      20180519000112

       京都の地張り提灯の技に触れるワークショップが19日、東京都港区であった。定員の6倍を超..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      川面に浮かぶ平安絵巻 京都・渡月橋上流で「三船祭」

      20180520000101

       平安時代の船遊びを今に伝える車折神社(京都市右京区)の「三船祭」が20日、同区の渡月橋..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      規制庁、東電に原発運転可能判断
      柏崎刈羽、住民に説明

      20180519000101

       原子力規制庁の担当者は19日、新潟県柏崎市であった住民説明会に出席し、東京電力柏崎刈羽..... [ 記事へ ]

      国際

      台湾、少子化最大の試練
      蔡総統、政権2年で訴え

      20180520000082

       【台北共同】台湾で独立志向の民主進歩党(民進党)の蔡英文政権が発足してから2年となった..... [ 記事へ ]