出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

落語で子ら表現力養う 京都の小学校で体験授業

桂米二さん(左奥)の指導を受けながら、落語の話術や所作を学ぶ児童=亀岡市本梅町・本梅小
桂米二さん(左奥)の指導を受けながら、落語の話術や所作を学ぶ児童=亀岡市本梅町・本梅小

 伝統芸能に親しみながら人前で話す表現力を養おうと、京都府亀岡市本梅町の本梅小の児童たちが落語の体験学習に励んでいる。落語家の桂米二さん(60)=京都市東山区=から話術や所作の指導を受け、身ぶり手ぶりを交えた伝わりやすい表現の仕方を学んでいる。22日には保護者や地域住民を対象にした発表会を開く。

 5、6年14人が国語の時間を活用し、昨年7月から取り組んでいる。古典落語の「動物園」「道具屋」「時うどん」と小噺(こばなし)の4演目で、子どもたちはせりふを暗記した上で、話し方に抑揚を付け、扇子を小道具として用いて練習している。

 14日はリハーサル前の最後の通し稽古が行われた。虎の毛皮をかぶって虎の振りをした男を描いた「動物園」では、米二さんから「虎の毛皮を実際に持つ動作をすると分かりやすい」「その場面で登場人物はどんな気持ちかを想像して演じて」などと助言を受け、児童たちは笑いを生み出す間の取り方に気を配りながら演じた。

 米二さんは「自分が楽しめたらお客さんも楽しんでくれる。落語を通して人前で堂々と話せる力を身に付けてくれればうれしい」と期待する。6年鷦鷯(ささき)健真君(12)は「喜怒哀楽を表現するのが難しかった。本番では来てくれた人全員に笑ってほしい」と意気込む。

 発表会は「本梅子ども寄席」と題し、児童や米二さんが落語をそれぞれ披露する。

【 2018年02月19日 21時29分 】

ニュース写真

  • 桂米二さん(左奥)の指導を受けながら、落語の話術や所作を学ぶ児童=亀岡市本梅町・本梅小
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      橋桁事故2年、安全誓う碑設置
      神戸市北区、遺族が要望

      20180422000052

       神戸市北区の新名神高速道路で巨大な橋桁が建設中に落下し、作業員2人が死亡、8人が重傷を..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      マナイアが無安打無得点試合
      アスレチックスの26歳左腕

      20180422000058

       米大リーグ、アスレチックスのショーン・マナイア投手(26)が21日、本拠地オークランド..... [ 記事へ ]

      経済

      米財務長官、対日FTAに意欲
      訪中も検討

      20180422000005

       【ワシントン共同】ムニューシン米財務長官は21日、ワシントンで記者会見し、巨額の対日貿..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      山県有朋別邸、建築史上の価値語る 京都・無鄰菴

      20180422000035

       明治150周年を記念した特別講座「無鄰菴(むりんあん)会議の日 京都の洋館」が21日、..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      幻の実験道具、島津製に続々帰還 学校統廃合や校舎改築で

      20180422000042

       明治時代初期に教育用の理化学器械の製造を始めた島津製作所。明治・大正時代の機器や標本が..... [ 記事へ ]

      国際

      国連で「琉球独立」主張
      先住民会議、米基地問題も

      20180421000071

       【ニューヨーク共同】米ニューヨークの国連本部で開催中の先住民問題の会議に、沖縄独立を掲..... [ 記事へ ]