出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「9歳の壁」克服へ放課後教室 滋賀・米原、ゆっくり復習

教員OBらが、3年生の復習に寄り添う放課後補充教室「学びっ子」(米原市入江・米原小)
教員OBらが、3年生の復習に寄り添う放課後補充教室「学びっ子」(米原市入江・米原小)

 滋賀県米原市教委は本年度から、小学3年生を対象とした放課後補充教室「学びっ子」を市内全9小学校で始めた。県教委によると、全小学校で補充教室を行うのは県内他市で例がないという。

 分数や小数点、文章題など抽象的・論理的な学習が始まる3年生は、教育界で「9歳の壁」と表現され、その後の学力格差を生む分岐点とされる。

 同市の児童・生徒の全国学力テストの平均は、国語、算数ともに小学生は全国平均を下回り、中学生も全国平均並みとなっている(2017年度)。分数や小数が不確かな中学生もいることなどから、3年生を対象とした補充教育を導入した。

 補充教室には、市内の教員OBら13人を雇用。各小に2人を配置し、希望者に週1回、算数と国語を計1時間、復習に重点を置いた学習を実施している。市内全3年生の6割にあたる242人が参加している。

 8日に米原小で実施した「学びっ子」では、算数のメートルやセンチの計算、文章を作る問題のプリントに取り組んだ。参加した伊藤千智さん(8)は「授業は新しいことばかりで難しい。学びっ子は、2年生の学習もあり、できることが多くて楽しい」と言う。教員OBの川谷ひと美さん(61)は「質問する子が多い。授業は進行優先で質問しづらい雰囲気があるのかも。ゆっくりとした進行を心がけている」と話す。

 平尾道雄市長は「経済的な事情で塾に行けない子どももいる。学ぶ意欲のある子どもたちに等しく学習する機会を保障する、社会的な支援が必要」と意図を説明している。

【 2018年06月14日 09時39分 】

ニュース写真

  • 教員OBらが、3年生の復習に寄り添う放課後補充教室「学びっ子」(米原市入江・米原小)
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      屋根損壊、余震と雨を警戒 大阪北部地震、京都の被災者ら

      20180620000246

       大阪府北部地震で、八幡市では、民家など95棟で屋根の損壊や瓦が落下するなど、建物被害が..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ウルグアイとロシアが16強
      ロナルド早くも4点目

      20180620000265

       サッカー・ワールドカップ(W杯)第7日(20日・モスクワほか)1次リーグA組のウルグア..... [ 記事へ ]

      経済

      瓶の「ザ・モルツ」一時出荷停止 京都の工場、地震被害

      20180620000238

       サントリーホールディングス(大阪市)は20日、大阪北部地震で被災したビール工場の京都ブ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      僧兵姿で勝負伐り、速さ競う 京都・鞍馬寺、豊凶占う

      20180620000211

       大蛇に見立てた青竹を勢いよく切り、その速さを競う「竹伐(き)り会式」が20日、京都市左..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      陸上・桐生を医でサポート 京大・奥平医師、けが防止に尽力

      20180620000247

       陸上の男子100メートルで日本人初の9秒台をマークした桐生祥秀選手(日本生命、洛南高-..... [ 記事へ ]

      国際

      米への移民女児に同情、寄付殺到
      支援団体へ9億円超

      20180620000100

       【ニューヨーク共同】米南部テキサス州国境で当局に拘束された移民の母親を見上げて泣く女児..... [ 記事へ ]