出版案内
福祉事業団
47NEWS

嘉田氏「原発再稼働は不要」 日本環境会議で政府対応批判

「卒原発」を唱えた県知事時代の取り組みを語る嘉田学長(大津市北比良・びわこ成蹊スポーツ大学)
「卒原発」を唱えた県知事時代の取り組みを語る嘉田学長(大津市北比良・びわこ成蹊スポーツ大学)

 環境問題について専門家が議論するシンポジウム「第32回日本環境会議」滋賀大会が3日、大津市北比良のびわこ成蹊スポーツ大で行われた。前滋賀県知事で「卒原発」を唱えた嘉田由紀子同大学学長らが原発再稼働の危うさを語った。

 日本環境会議(東京都)が主催し、毎年開催している。滋賀県での大会は2回目。今回は「地域環境保全と原子力発電」をテーマに全国から約220人が参加した。

 講演では、嘉田学長が県知事時代の活動を報告。「政府は住民を原発事故から守る意志が欠落しており、避難計画も実効性に欠ける」と批判し、「事故が起きた場合、琵琶湖の放射能汚染は免れない」と訴えた。

 元京都大原子炉実験所助教の小出裕章さんは、東日本大震災による東京電力福島第1原発事故で大気中に放出した放射性物質セシウム137が広島に投下された原爆の約170発分に匹敵すると紹介し、「原発事故は途方もなく悲惨で、再稼働はやめるべきだ」と主張した。

 「びわこの保全と若狭の原発」と題した討論会もあり、NPO法人の代表や大学教授ら3人が原発に依存しないエネルギー社会の実現に向け意見を出し合った。

【 2015年10月04日 09時44分 】

ニュース写真

  • 「卒原発」を唱えた県知事時代の取り組みを語る嘉田学長(大津市北比良・びわこ成蹊スポーツ大学)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      原爆の子の像に折り鶴献納
      小中学生ら「大きな平和へ」

      20160725000041

       広島で被爆し、12歳で亡くなるまで鶴を折り続けた佐々木禎子さんがモデルとなった、広島市..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      グリフィー氏が米野球殿堂式典
      野茂の捕手ピアザ氏も

      20160725000040

       【ニューヨーク共同】米国の野球殿堂入り式典が24日、ニューヨーク州クーパーズタウンで行..... [ 記事へ ]

      経済

      7月の景気判断は据え置き
      企業の業況判断引き下げ

      20160725000045

       政府は25日、7月の月例経済報告を発表し、全体の景気判断を「このところ弱さもみられるが..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      満点の「くじ改め」堂々と 祇園祭後祭・八幡山

      20160725000021

       24日の祇園祭の後祭で巡行した八幡山の「くじ改め」では、嵯峨野高1年の萬木我空さん(1..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自由研究どうすればいい? 京都4施設の職員に相談

      20160724000061

       京都市動物園、府立植物園、京都水族館、市青少年科学センターによる「夏休みの宿題いきもの..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      希少トカゲ、違法に日本で売買か
      マレーシアが取引禁止提案

      20160725000023

       マレーシアとインドネシアのボルネオ島(カリマンタン島)だけに生息する希少な爬虫類「ボル..... [ 記事へ ]