出版案内
福祉事業団
47NEWS

嘉田氏「原発再稼働は不要」 日本環境会議で政府対応批判

「卒原発」を唱えた県知事時代の取り組みを語る嘉田学長(大津市北比良・びわこ成蹊スポーツ大学)
「卒原発」を唱えた県知事時代の取り組みを語る嘉田学長(大津市北比良・びわこ成蹊スポーツ大学)

 環境問題について専門家が議論するシンポジウム「第32回日本環境会議」滋賀大会が3日、大津市北比良のびわこ成蹊スポーツ大で行われた。前滋賀県知事で「卒原発」を唱えた嘉田由紀子同大学学長らが原発再稼働の危うさを語った。

 日本環境会議(東京都)が主催し、毎年開催している。滋賀県での大会は2回目。今回は「地域環境保全と原子力発電」をテーマに全国から約220人が参加した。

 講演では、嘉田学長が県知事時代の活動を報告。「政府は住民を原発事故から守る意志が欠落しており、避難計画も実効性に欠ける」と批判し、「事故が起きた場合、琵琶湖の放射能汚染は免れない」と訴えた。

 元京都大原子炉実験所助教の小出裕章さんは、東日本大震災による東京電力福島第1原発事故で大気中に放出した放射性物質セシウム137が広島に投下された原爆の約170発分に匹敵すると紹介し、「原発事故は途方もなく悲惨で、再稼働はやめるべきだ」と主張した。

 「びわこの保全と若狭の原発」と題した討論会もあり、NPO法人の代表や大学教授ら3人が原発に依存しないエネルギー社会の実現に向け意見を出し合った。

【 2015年10月04日 09時44分 】

ニュース写真

  • 「卒原発」を唱えた県知事時代の取り組みを語る嘉田学長(大津市北比良・びわこ成蹊スポーツ大学)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      モデル気分で被災地元気に
      女川でファッションショー

      20160626000088

       東日本大震災で被災した女性を元気づけようと、宮城県女川町の路上で26日、住民参加のファ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      「アリ対猪木」から40年
      東京湾で式典、黙とうも

      20160626000098

       プロレスラーだったアントニオ猪木さん(73)がボクシングの世界ヘビー級王者のムハマド・..... [ 記事へ ]

      経済

      北陸新幹線誘致、地元負担など議論停滞 京都・舞鶴

      20160626000048

       年内にも決まる北陸新幹線の敦賀以西ルートについて、京都府舞鶴市議会の一般質問で15、1..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都・和束町宿泊施設1日開設 個室新設やお茶風呂も

      20160626000099

       京都府和束町白栖の宿泊施設「京都和束荘」が7月1日、オープンする。好調な町への観光客を..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      大規模私大、定員増の動き 国の抑制策控え、京都の2校も

      20160626000005

       文部科学省による大規模大学の定員超過抑制策の本格導入を前に、大規模校(収容定員8千人以..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      恐竜時代の哺乳類骨格化石
      国内初発見、福井・勝山

      20160625000074

       福井県立恐竜博物館と福井県立大などは25日、同県勝山市の白亜紀前期(約1億2千万年前)..... [ 記事へ ]