出版案内
福祉事業団
47NEWS

ウマも似た世界見ている 京大が識別方法確認

タッチパネルに示された図形認識の課題に答えるウマ(京都大霊長類研究所提供)
タッチパネルに示された図形認識の課題に答えるウマ(京都大霊長類研究所提供)

 ウマの図形の識別方法は、ヒトなど他の哺乳類と似ていることが、京都大霊長類研究所の友永雅己准教授や松沢哲郎教授などの実験から分かった。環境や体の形状によらず、見ている世界がよく似ていることを示す結果で、英科学誌バイオロジー・レターズで26日発表した。

 ウマは視力が0・8程度で、目が側頭部にあり、両目を使った立体視ができる範囲が狭いことは分かっている。一方、○や×などの図形をどのように認識しているかは不明だった。

 グループは、岐阜県内の乗馬施設で飼育するウマ3頭について、八つの図形の識別能力を調べた。実験はタッチパネルを用いて行われ、最初に示された図形と同じだと認識する図形をウマが口で押して回答した。

 分析の結果、「○」や「S」など曲線型、「□」や「H」などの水平線・垂線型、「×」や「△」などの斜線型の各図形について、同じ型では似た形と認識しており、先行研究のあるヒトやイルカ、チンパンジーと似ていた。ヒトでは最初に図形の輪郭を見る傾向があるのに対し、ウマは図形内部に注目しているという違いも確認できた。

 友永准教授は「イルカは水中で暮らしており、視力が0・1しかない。一方、ウマは開けた場所に生息し、視覚の依存度も大きく違うはずなのに、見ている世界は似ているというのが興味深い」と話している。

【 2015年11月26日 12時20分 】

ニュース写真

  • タッチパネルに示された図形認識の課題に答えるウマ(京都大霊長類研究所提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      沖縄・うるま市の水路で棒発見
      米軍属の容疑者、事件に使用か

      20160524000181

       沖縄県うるま市の女性会社員(20)が遺体で見つかった事件で、沖縄県警は24日、うるま市..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカー、FC東京は8強ならず
      ACL、上海上港に敗れる

      20160524000182

       【上海共同】サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は24日、各地で決勝トーナ..... [ 記事へ ]

      経済

      家電とスマホ連動システム、4K対応テレビも 三菱電機内覧会

      20160524000138

       三菱電機は24日、京都製作所(長岡京市)で展示会を開き、テレビやデジタルサイネージ(電..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都観光、スマホでおもてなし 音声翻訳し文字表示するアプリ

      20160524000162

       京都市と楽器大手のヤマハ(浜松市)などは6月1日から、バスや電車、観光地などで流れる音..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      学生数低迷、老朽化…京大など原子力教育先細りも

      20160524000131

       東京電力福島第1原発事故後、約2年間止まっている京都大と近畿大の研究用原子炉が原子力規..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      理研、データセンターを学研に立地検討 iPS関連拠点も

      20160524000155

       理化学研究所の松本紘理事長(前京都大総長)は24日、京都府域を含む関西文化学術研究都市..... [ 記事へ ]