出版案内
福祉事業団

ウマも似た世界見ている 京大が識別方法確認

タッチパネルに示された図形認識の課題に答えるウマ(京都大霊長類研究所提供)
タッチパネルに示された図形認識の課題に答えるウマ(京都大霊長類研究所提供)

 ウマの図形の識別方法は、ヒトなど他の哺乳類と似ていることが、京都大霊長類研究所の友永雅己准教授や松沢哲郎教授などの実験から分かった。環境や体の形状によらず、見ている世界がよく似ていることを示す結果で、英科学誌バイオロジー・レターズで26日発表した。

 ウマは視力が0・8程度で、目が側頭部にあり、両目を使った立体視ができる範囲が狭いことは分かっている。一方、○や×などの図形をどのように認識しているかは不明だった。

 グループは、岐阜県内の乗馬施設で飼育するウマ3頭について、八つの図形の識別能力を調べた。実験はタッチパネルを用いて行われ、最初に示された図形と同じだと認識する図形をウマが口で押して回答した。

 分析の結果、「○」や「S」など曲線型、「□」や「H」などの水平線・垂線型、「×」や「△」などの斜線型の各図形について、同じ型では似た形と認識しており、先行研究のあるヒトやイルカ、チンパンジーと似ていた。ヒトでは最初に図形の輪郭を見る傾向があるのに対し、ウマは図形内部に注目しているという違いも確認できた。

 友永准教授は「イルカは水中で暮らしており、視力が0・1しかない。一方、ウマは開けた場所に生息し、視覚の依存度も大きく違うはずなのに、見ている世界は似ているというのが興味深い」と話している。

【 2015年11月26日 12時20分 】

ニュース写真

  • タッチパネルに示された図形認識の課題に答えるウマ(京都大霊長類研究所提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      台風18号、3日にも沖縄接近
      勢力強め北上へ

      20160930000111

       台風18号は30日、フィリピンの東海上を西寄りに進んだ。勢力を強めながら北上して3日に..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      松坂大輔、初の1軍登板へ
      最終戦中継ぎの見込み

      20160930000198

       ソフトバンクの工藤公康監督は30日、シーズン最終戦の10月2日の楽天戦(コボスタ宮城)..... [ 記事へ ]

      経済

      こだわりの服、化粧品…中国の大型連休に照準 京都の百貨店

      20160930000193

       中国の大型連休・国慶節(10月1~7日)が始まるのを踏まえ、京都や大阪の百貨店や小売店..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      大坂冬の陣、和睦交渉内情伝える 武将・片桐且元の書状発見

      20160930000196

       賤ケ岳(しずがたけ)七本槍(やり)の一人として豊臣家に仕えた近江出身の戦国武将片桐且元..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      GLM 2車種目EVカー 京大発ベンチャー 走行距離など向上

      20160929000167

       京都大発の電気自動車(EV)製造ベンチャー、GLM(京都市左京区)は29日、量産車とし..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      オオヒシクイ初飛来、秋の深まり告げる 滋賀・琵琶湖 

      20160930000160

       国の天然記念物に指定されている渡り鳥のオオヒシクイ2羽が30日、長浜市湖北町今西の琵琶..... [ 記事へ ]