出版案内
福祉事業団
47NEWS

iPSの中間細胞作製に成功 京大、遺伝子操作しやすく

遺伝子操作によって初めて撮影された「OCT4遺伝子」を発現したiPS細胞(緑色部分)=多田准教授提供
遺伝子操作によって初めて撮影された「OCT4遺伝子」を発現したiPS細胞(緑色部分)=多田准教授提供

 ヒトの体細胞がiPS細胞(人工多能性幹細胞)に変わるまでの中間段階にある「再プログラム化中間細胞」(iRS細胞)の作製に、京都大再生医科学研究所の多田高准教授と医学研究科大学院生の勅使河原利香さんらが成功した。遺伝子操作しやすい特長があり、謎の多いiPS化の過程解明や創薬応用が期待できるという。英科学誌に5日、発表した。

 グループは、iPS細胞作製に必要な4遺伝子をヒト体細胞に導入。4遺伝子の発現終了を待つ通常の手法とは異なり、遺伝子が発現している状態で、塊から細胞を取り出して培養した。これらの細胞は効率よくiPS化したため、iRS細胞と判断した。

 iPS細胞と比べ、遺伝子操作しやすいことも判明。遺伝子操作で遺伝性疾患のモデル細胞を作り、創薬研究へ活用できる。

 また、この特長を生かし、iRS細胞に蛍光遺伝子を導入して、iPS細胞に特徴的な「OCT4遺伝子」が発現する瞬間の撮影に成功した。iPS化の過程を調べる上でも貴重な成果という。

 多田准教授は「従来と比べ、効率よくiPS細胞を作製できる。基礎研究での応用に期待したい」と話している。

【 2016年01月05日 22時00分 】

ニュース写真

  • 遺伝子操作によって初めて撮影された「OCT4遺伝子」を発現したiPS細胞(緑色部分)=多田准教授提供
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      入国審査短縮に新機器導入
      10月1日、3空港

      20160930000028

       政府は30日、訪日外国人の入国審査の待ち時間を短縮するため、審査ブースに並んでいる間に..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      フィギュア羽生結弦、今季初戦へ
      オータム・クラシック

      20160930000033

       【モントリオール共同】フィギュアスケート男子の羽生結弦が、30日(日本時間10月1日)..... [ 記事へ ]

      経済

      万博誘致は「関西全体で」  京商会頭が広域開催提案

      20160930000029

       京都商工会議所の立石義雄会頭は29日の定例記者会見で、大阪府が2025年の開催を目指す..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      闇夜に躍る 御影堂 京都・西本願寺

      20160929000175

       浄土真宗本願寺派(本山・西本願寺、京都市下京区)は29日、夜間に同寺境内をライトアップ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      GLM 2車種目EVカー 京大発ベンチャー 走行距離など向上

      20160929000167

       京都大発の電気自動車(EV)製造ベンチャー、GLM(京都市左京区)は29日、量産車とし..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      グリーン債券、3年で4倍
      パリ協定が追い風に

      20160930000021

       国連環境計画(UNEP)は30日、企業や自治体などが環境対策に必要な資金を、市場を通じ..... [ 記事へ ]