出版案内
福祉事業団
47NEWS

iPSの中間細胞作製に成功 京大、遺伝子操作しやすく

遺伝子操作によって初めて撮影された「OCT4遺伝子」を発現したiPS細胞(緑色部分)=多田准教授提供
遺伝子操作によって初めて撮影された「OCT4遺伝子」を発現したiPS細胞(緑色部分)=多田准教授提供

 ヒトの体細胞がiPS細胞(人工多能性幹細胞)に変わるまでの中間段階にある「再プログラム化中間細胞」(iRS細胞)の作製に、京都大再生医科学研究所の多田高准教授と医学研究科大学院生の勅使河原利香さんらが成功した。遺伝子操作しやすい特長があり、謎の多いiPS化の過程解明や創薬応用が期待できるという。英科学誌に5日、発表した。

 グループは、iPS細胞作製に必要な4遺伝子をヒト体細胞に導入。4遺伝子の発現終了を待つ通常の手法とは異なり、遺伝子が発現している状態で、塊から細胞を取り出して培養した。これらの細胞は効率よくiPS化したため、iRS細胞と判断した。

 iPS細胞と比べ、遺伝子操作しやすいことも判明。遺伝子操作で遺伝性疾患のモデル細胞を作り、創薬研究へ活用できる。

 また、この特長を生かし、iRS細胞に蛍光遺伝子を導入して、iPS細胞に特徴的な「OCT4遺伝子」が発現する瞬間の撮影に成功した。iPS化の過程を調べる上でも貴重な成果という。

 多田准教授は「従来と比べ、効率よくiPS細胞を作製できる。基礎研究での応用に期待したい」と話している。

【 2016年01月05日 22時00分 】

ニュース写真

  • 遺伝子操作によって初めて撮影された「OCT4遺伝子」を発現したiPS細胞(緑色部分)=多田准教授提供
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      和歌山知事「なんで悪いのか」
      たかり発言で

      20160628000091

       和歌山県の仁坂吉伸知事は28日、定例記者会見で、事実上の野党統一候補として参院選和歌山..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      田中将大、香川真司が1位
      「代表に選びたい選手」調査

      20160628000088

       産業能率大スポーツマネジメント研究所は28日、野球とサッカーで日本代表に選びたい選手の..... [ 記事へ ]

      経済

      旭化成がくい打ち問題を謝罪
      株主総会

      20160628000085

       旭化成は28日、東京都内で株主総会を開いた。昨年10月に発覚した、子会社の旭化成建材(..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      二条城の四季、将軍の目線で ドローンでPRビデオ撮影

      20160628000046

       京都市はカメラを搭載した小型無人機「ドローン」を活用し、世界遺産・二条城(京都市中京区..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      18歳投票、大学生が指南 滋賀・聖泉大、米原の高校で模擬選挙

      20160628000043

       参院選で選挙権年齢が18歳以上に引き下げられたのを受けて高校生の投票率向上を図ろうと、..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      拡大竹林、侵食防げ 京都・長岡京、伐採、整備に注力

      20160628000027

       人の管理を離れた放置竹林が雑木林や人工林を侵食していく「拡大竹林」が、京都府長岡京市西..... [ 記事へ ]