出版案内
福祉事業団

iPSの中間細胞作製に成功 京大、遺伝子操作しやすく

遺伝子操作によって初めて撮影された「OCT4遺伝子」を発現したiPS細胞(緑色部分)=多田准教授提供
遺伝子操作によって初めて撮影された「OCT4遺伝子」を発現したiPS細胞(緑色部分)=多田准教授提供

 ヒトの体細胞がiPS細胞(人工多能性幹細胞)に変わるまでの中間段階にある「再プログラム化中間細胞」(iRS細胞)の作製に、京都大再生医科学研究所の多田高准教授と医学研究科大学院生の勅使河原利香さんらが成功した。遺伝子操作しやすい特長があり、謎の多いiPS化の過程解明や創薬応用が期待できるという。英科学誌に5日、発表した。

 グループは、iPS細胞作製に必要な4遺伝子をヒト体細胞に導入。4遺伝子の発現終了を待つ通常の手法とは異なり、遺伝子が発現している状態で、塊から細胞を取り出して培養した。これらの細胞は効率よくiPS化したため、iRS細胞と判断した。

 iPS細胞と比べ、遺伝子操作しやすいことも判明。遺伝子操作で遺伝性疾患のモデル細胞を作り、創薬研究へ活用できる。

 また、この特長を生かし、iRS細胞に蛍光遺伝子を導入して、iPS細胞に特徴的な「OCT4遺伝子」が発現する瞬間の撮影に成功した。iPS化の過程を調べる上でも貴重な成果という。

 多田准教授は「従来と比べ、効率よくiPS細胞を作製できる。基礎研究での応用に期待したい」と話している。

【 2016年01月05日 22時00分 】

ニュース写真

  • 遺伝子操作によって初めて撮影された「OCT4遺伝子」を発現したiPS細胞(緑色部分)=多田准教授提供
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      ブイヤベースラーメンを特産に 京都・海洋高生、飲食店にPR

      20170117000047

       海洋高(京都府宮津市上司)の生徒たちが考案し、2015年の「ご当地!絶品うまいもん甲子..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      カブスの選手ら大統領から祝福
      1月に異例の表敬訪問

      20170117000019

       【ワシントン共同】米大リーグで昨季、108年ぶりにワールドシリーズを制覇したカブスの選..... [ 記事へ ]

      経済

      京都・京田辺にスパ&ホテル 来年完成、観光客の利用期待

      20170117000020

       京都府京田辺市山手中央のJR松井山手駅近くの第二京阪道路トンネル上で、ホテルを備えた温..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      漢詩を身近に、地元の姿詠む 京都・大山崎の女性2人が作品集

      20170117000041

       京都府大山崎町の女性2人が、漢詩計120首をしたためた作品集「風雅双韻抄(ふうがそうい..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ネットいじめ、規制より使い方の模索を 滋賀県対策協

      20170116000099

       滋賀県いじめ問題対策連絡協議会が16日、大津市の県庁であり、インターネットなどによるい..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      寒さ日本一、データで立証
      北海道陸別町

      20170117000005

       「日本一寒い町」をアピールしている北海道陸別町は17日までに、過去10年分の気象庁の観..... [ 記事へ ]