出版案内
福祉事業団
47NEWS

ALS原因分解タンパク質発見 京大

 運動神経が変性して全身が動かなくなる難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)で見られる凝集物の分解に関わるタンパク質を、京都大医学研究科の漆谷真准教授と元大学院生の内田司さんらのグループが見つけた。ALSの治療法の開発につながる成果で、英科学誌サイエンティフィック・リポーツで11日発表した。

 ALSでは、脳や脊髄にタンパク質「TDP43」の異常な構造体が凝集しており、運動神経の変性を招く原因と考えられている。本来、細胞には異常なタンパク質を処理する機構が備わっているが、TDP43については詳しい仕組みがよく分かっていなかった。

 グループは、タンパク質のCUL2とVHLが結合した分子が異常な構造のTDP43を認識し、別の酵素による分解につなげていることを突き止めた。ALSでは、この仕組みが破綻し、VHLが異常に多く作られるようになり、VHLとTDP43が結合した分子が凝集することが分かった。CUL2とVHLは、他のタンパク質の分解でも働いている。

 漆谷准教授は「VHLを阻害したり、CUL2を増やしたりする薬剤はALSの治療薬の候補となる可能性がある」と話している。

【 2016年01月11日 22時30分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      保育士基本給アップ事業者を優遇
      厚労省が17年度追加対策

      20160825000094

       厚生労働省は25日、待機児童の解消に向け、来年度に追加対策を実施する方針を固めた。不足..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      リオ欠場の判断「間違ったかも」
      ゴルフのマキロイ

      20160825000090

       ジカ熱感染を懸念してリオデジャネイロ五輪を欠場した男子ゴルフのロリー・マキロイ(英国)..... [ 記事へ ]

      経済

      ホンダ、国内でNSX発売
      10年ぶり復活、2370万円

      20160825000056

       ホンダは25日、約10年ぶりに復活した高級スポーツカー「NSX」を国内で発売し、受注を..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都・醍醐寺の寺宝展、中国で人気 文化交流一助に期待

      20160825000071

       中国・西安市の陝西(せんせい)歴史博物館で開催中の醍醐寺(京都市伏見区)の寺宝を紹介す..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都・大津の中学美術部員、芸術を語ろう 27日に初サミット

      20160823000041

       美術部に所属する京滋の中学生が集まり、芸術の未来について語り合う初の「中学生美術部サミ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      伊方再稼働後、初の訓練へ
      来月4日、事故想定し避難

      20160825000087

       愛媛県の中村時広知事は25日の記者会見で、9月4日に四国電力伊方原発(同県伊方町)での..... [ 記事へ ]