出版案内
福祉事業団

環境影響に質問相次ぐ 京都の森林伐採メガソーラー

住民向けに開かれたメガソーラー計画の説明会+(南山城村北大河原・やまなみホール)
住民向けに開かれたメガソーラー計画の説明会+(南山城村北大河原・やまなみホール)

 京都府南山城村と三重県伊賀市にまたがる一帯で、森林を伐採し、大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建設する計画で、事業者による住民説明会が16日夜、同村北大河原のやまなみホールで開かれた。約40人が参加し、環境への影響などについて質問が相次いだ。事業者は再度説明会を開くとしている。

 この日、「ファースト・ソーラー・ジャパン プロジェクト6合同会社」(東京都)の担当者が、村内の敷地76・6ヘクタールのうち55・3ヘクタールを林地開発して太陽光パネルを設置する計画や国内外の建設実績を説明した。山を削るなどで地形が変わることによって想定される濁水の発生に対し、開発区域内に沈砂池を設け、泥を沈下させてから排水するとした。

 住民からは「環境のためにアセスメントを自主的にしないのか」、「近くの保育園や小学校に通う子どもたちへの影響をどう考えるのか」などの質問が出た。このほか「生態系の変化に伴う獣害被害への対策や補償をどうするのか」という声が上がった。

 担当者は「アセスについては現時点で行う予定はない」とした。子どもへの影響については「健康被害はないという認識だ」と答えた。

 説明会は午後7時半に始まり、終了予定の9時を過ぎた。事業者は「限られた時間で十分に質問に対応できなかった」として、1カ月以内に住民説明会をあらためて開く方針を示した。

 25日まで村産業生活課や府山城広域振興局(宇治市)で計画の資料を見ることができる。意見書は2月9日まで受け付けている。

【 2016年01月18日 09時42分 】

ニュース写真

  • 住民向けに開かれたメガソーラー計画の説明会+(南山城村北大河原・やまなみホール)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      フリーゲージトレイン、検証走行
      来年3月まで摩耗対策確認

      20161203000133

       鉄道建設・運輸施設整備支援機構は3日深夜、九州新幹線長崎ルート(博多―長崎)に導入予定..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカー、大迫はフル出場
      独1部L、原口は後半退く

      20161204000007

       【ジンスハイム(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグは3日、各地で行われ、ケルンの..... [ 記事へ ]

      経済

      年80万人、高速やクルーズ追い風 京都・舞鶴とれとれセンター

      20161203000110

       舞鶴の観光名所としてにぎわう道の駅「舞鶴港とれとれセンター」(京都府舞鶴市下福井)が来..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      山城ブーム、「丹波下村城」を観光に 京都・美山で住民ら調査

      20161203000119

       全国で山城ブームが広がる中、京都府南丹市美山町下区の住民たちがこのほど、地域の山中にあ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      岩盤や急斜面に緑を 京都・北桑田高生、独自キットで植樹

      20161203000112

       京都府内で唯一、林業を学ぶ学科を持つ北桑田高(京都市右京区)の生徒たちが、企業と開発し..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      パリ協定の行方、トランプ氏を注視 京都で温暖化防止シンポ

      20161203000126

       脱炭素社会の道筋を探るシンポジウム「市民が進める温暖化防止2016」が3日、京都市上京..... [ 記事へ ]