出版案内
福祉事業団
47NEWS

環境影響に質問相次ぐ 京都の森林伐採メガソーラー

住民向けに開かれたメガソーラー計画の説明会+(南山城村北大河原・やまなみホール)
住民向けに開かれたメガソーラー計画の説明会+(南山城村北大河原・やまなみホール)

 京都府南山城村と三重県伊賀市にまたがる一帯で、森林を伐採し、大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建設する計画で、事業者による住民説明会が16日夜、同村北大河原のやまなみホールで開かれた。約40人が参加し、環境への影響などについて質問が相次いだ。事業者は再度説明会を開くとしている。

 この日、「ファースト・ソーラー・ジャパン プロジェクト6合同会社」(東京都)の担当者が、村内の敷地76・6ヘクタールのうち55・3ヘクタールを林地開発して太陽光パネルを設置する計画や国内外の建設実績を説明した。山を削るなどで地形が変わることによって想定される濁水の発生に対し、開発区域内に沈砂池を設け、泥を沈下させてから排水するとした。

 住民からは「環境のためにアセスメントを自主的にしないのか」、「近くの保育園や小学校に通う子どもたちへの影響をどう考えるのか」などの質問が出た。このほか「生態系の変化に伴う獣害被害への対策や補償をどうするのか」という声が上がった。

 担当者は「アセスについては現時点で行う予定はない」とした。子どもへの影響については「健康被害はないという認識だ」と答えた。

 説明会は午後7時半に始まり、終了予定の9時を過ぎた。事業者は「限られた時間で十分に質問に対応できなかった」として、1カ月以内に住民説明会をあらためて開く方針を示した。

 25日まで村産業生活課や府山城広域振興局(宇治市)で計画の資料を見ることができる。意見書は2月9日まで受け付けている。

【 2016年01月18日 09時42分 】

ニュース写真

  • 住民向けに開かれたメガソーラー計画の説明会+(南山城村北大河原・やまなみホール)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      放置遺体は塗装業男性、北海道
      自首の60歳男と知り合い

      20160824000123

       北海道岩見沢市の住宅で放置された男性の遺体が見つかった事件で、道警は24日、遺体の身元..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      WBA田口が宮崎戦へ練習公開
      「進化見せたい」

      20160824000126

       世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級王者の田口良一(ワタナベ)は24日、東京都内..... [ 記事へ ]

      経済

      8月の景気判断据え置き
      公共投資は引き上げ

      20160824000107

       政府は24日、8月の月例経済報告を発表し、全体の景気判断を「このところ弱さもみられるが..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      再起に懸けるプロ選手の心描く 京都出身、谷監督「U-31」

      20160824000060

       京都府長岡京市出身の映画監督谷健二さん(40)=東京都=がこのほど、監督として2作目と..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都・大津の中学美術部員、芸術を語ろう 27日に初サミット

      20160823000041

       美術部に所属する京滋の中学生が集まり、芸術の未来について語り合う初の「中学生美術部サミ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      被災農地を転換、芝生生産地に 京都の高校生「復興一助に」

      20160824000078

       農業技術を研究している桂高(京都市西京区)の教員と生徒が、東日本大震災で津波被害を受け..... [ 記事へ ]