出版案内
福祉事業団

体に着けず心拍計測 京大とパナ、レーダー技術開発

試作段階の心拍計測システム。中央部の箱形のレーダー装置で、電波を人に当てて体表面の微小な動きを捉え、独自の信号処理技術で心拍数を算出する(京都市左京区・京都大)
試作段階の心拍計測システム。中央部の箱形のレーダー装置で、電波を人に当てて体表面の微小な動きを捉え、独自の信号処理技術で心拍数を算出する(京都市左京区・京都大)

 体に装置を着けずに心拍数を計測できるシステムを、京都大とパナソニックが共同開発し、20日発表した。心臓の鼓動に伴う体の表面の微妙な動きをレーダーで捉え、独自に信号処理して心拍数を算出する仕組みで、高齢者や乳幼児の見守りなどに応用できるという。

 パナソニックが開発した高感度なレーダーは、心臓の鼓動による0・1ミリ単位の体表面の動きを捉えることができる。計測結果には、呼吸による体の動きなどもノイズとして含まれるが、京大が独自に開発した解析プログラムは心拍による動きだけを高精度に抽出する。

 レーダーで使われる波長5ミリの電波は衣服を通過するため着衣状態での計測が可能で、室内の天井にレーダーの装置を設置しておけば、日常の健康管理や見守りに使えるという。

 システムの開発を担当した佐藤亨京大情報学研究科教授は「一つの室内に複数の人がいても同時に心拍数を計測できる技術も開発しており、家庭や職場で健康やストレスの測定が手軽にできるようになる。居眠り運転の防止にも応用できる」と話している。

 少子高齢化が進む中で持続可能な社会づくりを目指す研究を支援する国の「COIプログラム」の一環で開発した。

【 2016年01月20日 22時06分 】

ニュース写真

  • 試作段階の心拍計測システム。中央部の箱形のレーダー装置で、電波を人に当てて体表面の微小な動きを捉え、独自の信号処理技術で心拍数を算出する(京都市左京区・京都大)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      岡田節人氏死去 京大名誉教授、発生生物学の第一人者

      20170117000137

       発生生物学の第一人者で、岡崎国立共同研究機構長、JT生命誌研究館長などを務めた京都大名..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      空手荒賀、シンクロ乾ら表彰 2団体と10人に関西スポーツ賞

      20170117000161

       関西運動記者クラブ選定の第60回関西スポーツ賞の表彰式がこのほど、大阪市内のホテルで行..... [ 記事へ ]

      経済

      GM、米で1130億円追加投資
      雇用拡大へ、トランプ氏批判

      20170118000006

       【ニューヨーク共同】米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は17日、米国で10億ドル..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      スマホで「ユーフォニアム2」 京阪電鉄、宇治線でラリー開催

      20170117000135

       京阪電気鉄道は、京都府宇治市が舞台の人気アニメ「響け!ユーフォニアム2」をテーマにした..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      通学域や統合、総意得た順に対応 大津市教委が学区説明会

      20170117000120

       将来の児童生徒数の減少が想定される中、大津市教育委員会は17日から、「小規模校」とされ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      インフルで患者3人死亡、松山
      31人にも感染

      20170117000121

       松山市の野本記念病院は17日、入院患者と職員の計34人がインフルエンザに集団感染し、う..... [ 記事へ ]