出版案内
福祉事業団
47NEWS

体に着けず心拍計測 京大とパナ、レーダー技術開発

試作段階の心拍計測システム。中央部の箱形のレーダー装置で、電波を人に当てて体表面の微小な動きを捉え、独自の信号処理技術で心拍数を算出する(京都市左京区・京都大)
試作段階の心拍計測システム。中央部の箱形のレーダー装置で、電波を人に当てて体表面の微小な動きを捉え、独自の信号処理技術で心拍数を算出する(京都市左京区・京都大)

 体に装置を着けずに心拍数を計測できるシステムを、京都大とパナソニックが共同開発し、20日発表した。心臓の鼓動に伴う体の表面の微妙な動きをレーダーで捉え、独自に信号処理して心拍数を算出する仕組みで、高齢者や乳幼児の見守りなどに応用できるという。

 パナソニックが開発した高感度なレーダーは、心臓の鼓動による0・1ミリ単位の体表面の動きを捉えることができる。計測結果には、呼吸による体の動きなどもノイズとして含まれるが、京大が独自に開発した解析プログラムは心拍による動きだけを高精度に抽出する。

 レーダーで使われる波長5ミリの電波は衣服を通過するため着衣状態での計測が可能で、室内の天井にレーダーの装置を設置しておけば、日常の健康管理や見守りに使えるという。

 システムの開発を担当した佐藤亨京大情報学研究科教授は「一つの室内に複数の人がいても同時に心拍数を計測できる技術も開発しており、家庭や職場で健康やストレスの測定が手軽にできるようになる。居眠り運転の防止にも応用できる」と話している。

 少子高齢化が進む中で持続可能な社会づくりを目指す研究を支援する国の「COIプログラム」の一環で開発した。

【 2016年01月20日 22時06分 】

ニュース写真

  • 試作段階の心拍計測システム。中央部の箱形のレーダー装置で、電波を人に当てて体表面の微小な動きを捉え、独自の信号処理技術で心拍数を算出する(京都市左京区・京都大)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      馬毛島、登記抹消求め提訴
      開発阻止に向け漁業者ら

      20160829000074

       東京・硫黄島などで実施している米軍空母艦載機の陸上空母離着陸訓練(FCLP)の移転候補..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      Rソックスの田沢は2回を無失点
      ロイヤルズ戦

      20160829000069

       ▽レッドソックス―ロイヤルズ(28日・ボストン) レッドソックスの田沢は4―10の八回か..... [ 記事へ ]

      経済

      マグロ緊急漁獲規制を議論
      福岡で開幕、日本案が軸

      20160829000043

       日本近海を含む北太平洋海域のクロマグロの資源管理を関係国・地域が話し合う中西部太平洋ま..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      地元国際フェスに意欲作 流木アート、京都・舞鶴の上林さん

      20160829000052

       「流木アート」で知られる京都府舞鶴市今田の上林比東三さん(64)が、9月18日から25..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      今どき京都の修学旅行どこへ? 定番・伊勢、トヨタや震災学習も

      20160828000060

       全国から京都市を訪れる修学旅行生は年間約110万人。修学旅行生全体の3人に1人が来ると..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      神戸からのダイオキシン搬出再開
      大阪・豊能の仮置き場へ

      20160829000051

       大阪府能勢、豊能両町でつくる豊能郡環境施設組合が、ダイオキシンを含む廃棄物を神戸市に無..... [ 記事へ ]