出版案内
福祉事業団

目薬で近視予防の臨床試験 京都府立医大

 京都府立医科大は、子どもの近視の進行防止に効果がある点眼薬を開発するため、臨床試験を進めている。海外では低濃度のアトロピンで予防効果があるとの報告があり、国内でも効果を確認する。

 目の焦点の調節機能を緩めるアトロピンは、国内でも眼科の検査で処方される。一方、海外では、定期的な点眼で近視の進行を抑え、副作用も少ないという報告がある。日本でも効果を検証するため、府立医大を含む国内の7医療機関で臨床試験を行っている。

 臨床試験への参加資格は、視力が0・3未満程度の6~12歳の男女。アトロピンか生理食塩水のいずれかを処方し続ける2グループに分け、2年間1日1回点眼し、進行状態を確認する。どちらのグループかは参加者自身は分からない。定期的に医師が診察し、進行に応じてメガネを無償で提供する。試験開始時や経過観察での診察費は必要となる。

 23日午後1時から府立医大で参加説明会を行う。予約不要。問い合わせは府立医大眼科学教室TEL075(251)5578。

【 2016年01月21日 00時49分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      初の防災訓練、地域に応じた対策必要 京都・向日の2町

      20161206000056

       京都府向日市の上植野町と鶏冠井町の住民組織がこのほど、初めての防災訓練を相次いで実施し..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      宇野昌磨、GPファイナルへ渡欧
      「実力で3位以上に」

      20161206000050

       フィギュアスケート男子でグランプリ(GP)ファイナル(8日開幕・マルセイユ=フランス)..... [ 記事へ ]

      経済

      燗や冷、温度に合った清酒酵母 京都発、開発に力

      20161206000026

       京都市産業技術研究所(京都市下京区)が、燗(かん)酒や冷酒など、清酒の飲む温度に応じた..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      ポインセチア、クリスマスへ色づく 京都府立植物園

      20161206000044

       クリスマスシーズンを彩るポインセチアの展覧会が、京都市左京区の府立植物園で開かれている..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      古民家を活動拠点に 京都・井手で京産大生

      20161206000061

       京都府井手町井手の空き家の古民家で、京都産業大(京都市北区)の学生たちが活動場所となる..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ゴア元副大統領と会談
      トランプ氏、気候変動協議

      20161206000020

       【ワシントン共同】トランプ次期米大統領(共和党)は5日、気候変動問題への取り組みで20..... [ 記事へ ]