出版案内
福祉事業団
47NEWS

目薬で近視予防の臨床試験 京都府立医大

 京都府立医科大は、子どもの近視の進行防止に効果がある点眼薬を開発するため、臨床試験を進めている。海外では低濃度のアトロピンで予防効果があるとの報告があり、国内でも効果を確認する。

 目の焦点の調節機能を緩めるアトロピンは、国内でも眼科の検査で処方される。一方、海外では、定期的な点眼で近視の進行を抑え、副作用も少ないという報告がある。日本でも効果を検証するため、府立医大を含む国内の7医療機関で臨床試験を行っている。

 臨床試験への参加資格は、視力が0・3未満程度の6~12歳の男女。アトロピンか生理食塩水のいずれかを処方し続ける2グループに分け、2年間1日1回点眼し、進行状態を確認する。どちらのグループかは参加者自身は分からない。定期的に医師が診察し、進行に応じてメガネを無償で提供する。試験開始時や経過観察での診察費は必要となる。

 23日午後1時から府立医大で参加説明会を行う。予約不要。問い合わせは府立医大眼科学教室TEL075(251)5578。

【 2016年01月21日 00時49分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      青森、三セク経営難巡り混迷
      副市長2人目も辞職

      20160829000039

       JR青森駅前の再開発ビル「アウガ」を運営する第三セクターの経営難を巡り、三セクの元副社..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカー清武、無得点で後半退く
      スペイン1部リーグ

      20160829000025

       【ビリャレアル共同】サッカーのスペイン1部リーグ、セビリアに所属する日本代表MF清武弘..... [ 記事へ ]

      経済

      華やか図柄で介護豊かに 京都の中小企業、防水シーツ開発

      20160828000091

       京都の中小企業グループが、京都らしい華やかなデザインの介護用防水シーツを共同開発した。..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      保津川の水運、評価活発化 京都・亀岡で講演会や筏体験など

      20160829000032

       筏(いかだ)流しや保津川下りなど保津川の歴史をたどる動きが、京都府亀岡市で例年以上に活..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      今どき京都の修学旅行どこへ? 定番・伊勢、トヨタや震災学習も

      20160828000060

       全国から京都市を訪れる修学旅行生は年間約110万人。修学旅行生全体の3人に1人が来ると..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      温室ガス削減、府・京都市困難 20年度までに25%減目標

      20160829000015

       京都府と京都市の定める二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスの削減目標達成が、極めて困難..... [ 記事へ ]