出版案内
福祉事業団
47NEWS

巨大ナメクジ目撃情報、ツイッターで募る 京大助教が「捜査網」

マダラコウラナメクジ
マダラコウラナメクジ

 近年になって日本に入ってきた外来種のマダラコウラナメクジの目撃情報を、「ナメクジ研究者」の宇高寛子京大理学研究科助教が募っている。「ナメクジ捜査網」と名付けたプロジェクトで、外来種が日本に適応していく過程をリアルタイムで観察できる貴重な事例になるという。宇高助教は「ヒョウ柄で大きいナメクジを見つけたら一報を」と呼び掛けている。

 欧州原産のマダラコウラナメクジは、2006年に茨城県内の民家の庭で見つかったのが国内での最初の発見例。これまでに福島、長野、北海道の4道県で確認されているが、自らこの地域だけに移動したとは考えられず、生息域が拡大している可能性が高いとみられる。

 ナメクジの生態や生活史を研究する宇高助教は昨年10月、自身のホームページや短文投稿サイト「ツイッター」で目撃情報を募り始めた。現時点で国内のどこに生息しているかを正確に把握した上で、時間がたつにつれて生息域がどのように変化していくかを調べるのが目的だ。ホームページには、他種との見分け方もまとめている。

 日本では、戦前は外来種のキイロナメクジがよく見られたが、戦後に持ち込まれたチャコウラナメクジが定着するにつれ、キイロナメクジは姿を消した。宇高助教は「今後、マダラコウラナメクジが他の種と置き換わるかもしれない。京都や滋賀にも、既にすみ着いている可能性も十分にある」と話している。

 情報や写真の提供は、宇高助教のホームページから。

■マダラコウラナメクジ

背中のヒョウ柄模様と、はうと体長が20センチにも達する大きさが特徴。現在、日本で最もよく見られる外来種のチャコウラナメクジと同じコウラナメクジ科だが、チャコウラは体長7センチ程度でヒョウ柄はない。

【 2016年02月12日 17時00分 】

ニュース写真

  • マダラコウラナメクジ
  • 約100匹のマダラコウラナメクジを飼育する宇高寛子助教(京都市左京区・京都大)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      麻生氏「証券会社勤めはやばい」
      首相時代に批判も

      20160830000146

       麻生太郎副総理兼財務相は30日、東京都内の会合で「債券、株に投資するのは危ないという思..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      巨5―2ヤ(30日)
      巨人、5連敗で止める

      20160830000144

       巨人が連敗を5で止めた。2―2の三回に村田の右前への2点打で勝ち越し。五回は坂本の適時..... [ 記事へ ]

      経済

      キリン、「氷結」発売中止
      原料果汁に問題

      20160830000108

       キリンビールは30日、9月に予定していた「キリン 氷結 ハロウィンオレンジ」の発売を中..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      自転車ごと乗車、ビワイチ手軽に 京都と滋賀結ぶシャトルバス

      20160830000051

       自転車での琵琶湖一周「ビワイチ」を楽しむ愛好家らのために、滋賀県守山市は9月から、JR..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      医大生、地域医療学ぶ 京都・福知山、トリアージも体験

      20160830000084

       地域医療を学ぼうと、京都府立医科大(京都市上京区)の学生が29日、福知山市厚中町の福知..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ネズミ上陸、オオミズナギドリ繁殖に影響? 京都・舞鶴沖の冠島

      20160830000029

       京都府舞鶴市教育委員会と冠島調査研究会は、同市沖の冠島で繁殖する府の鳥オオミズナギドリ..... [ 記事へ ]