出版案内
福祉事業団
47NEWS

体内時計つかさどるタンパク質発見 京大、睡眠薬開発に期待

 体内時計をつかさどる新たなタンパク質を、京都大薬学研究科の岡村均教授や土居雅夫准教授のグループが見つけた。新しいタイプの睡眠薬の開発におけるターゲットになり得るといい、英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズで17日、発表した。

 体内時計は、脳の奥にある視交叉(しこうさ)上核(SCN)が中枢の役割を担っている。グループは、SCNにのみ局所的に存在し、かつ、細胞の表面にあって薬剤が効きやすい膜タンパク質を網羅的に探し、Gpr176というタンパク質を見つけた。

 Gpr176の働きをなくしたマウスは、既に見つかっている時計遺伝子の働きのリズムが乱れたことから、体内時計の調律機能があることが分かった。Gpr176が活性化すると、脳内の状態が「夜型」になることから、Gpr176の働きを活発にする薬剤は睡眠薬として期待できるという。

 既存の睡眠薬は、脳全体の活動を低下させるタイプが多く、副作用も懸念される。岡村教授は「Gpr176を標的にすることで、体内時計の調節にのみ特化した安全な睡眠薬が期待できる。候補物質を探していきたい」と話している。

【 2016年02月17日 22時20分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      マツダ社員強殺容疑、男を送検
      広島、同じ寮の20歳

      20160925000008

       広島市のマツダ社員寮で菅野恭平さん(19)が殺害された事件で、広島南署捜査本部は25日..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      松井秀喜氏がSFで野球教室
      少年少女30人集め

      20160925000014

       プロ野球巨人など日米で活躍し、現在は米大リーグ、ヤンキースのゼネラルマネジャー特別アド..... [ 記事へ ]

      経済

      USJ、再上場を検討
      投資加速へ今秋にも申請

      20160924000031

       大阪市の米映画テーマパーク、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」の運営会社「..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      府内の出土品、一堂  京都・山城郷土資料館で企画展

      20160925000032

       京都府内の発掘調査の成果をまとめた企画展「京都発掘だより2016」が、木津川市山城町の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      植民地史料、ウェブで共有 立命大教授ら計画 

      20160923000038

       日本の植民地支配に関する史料の情報を、韓国や台湾などの研究者とウェブ上で共有する取り組..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      DNA抽出に中高生挑戦 京都、実験器具使い本格的に

      20160925000015

       採集した植物のDNA情報を解析する体験学習が24日、府立植物園(京都市左京区)と府立大..... [ 記事へ ]