出版案内
福祉事業団
47NEWS

体内時計つかさどるタンパク質発見 京大、睡眠薬開発に期待

 体内時計をつかさどる新たなタンパク質を、京都大薬学研究科の岡村均教授や土居雅夫准教授のグループが見つけた。新しいタイプの睡眠薬の開発におけるターゲットになり得るといい、英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズで17日、発表した。

 体内時計は、脳の奥にある視交叉(しこうさ)上核(SCN)が中枢の役割を担っている。グループは、SCNにのみ局所的に存在し、かつ、細胞の表面にあって薬剤が効きやすい膜タンパク質を網羅的に探し、Gpr176というタンパク質を見つけた。

 Gpr176の働きをなくしたマウスは、既に見つかっている時計遺伝子の働きのリズムが乱れたことから、体内時計の調律機能があることが分かった。Gpr176が活性化すると、脳内の状態が「夜型」になることから、Gpr176の働きを活発にする薬剤は睡眠薬として期待できるという。

 既存の睡眠薬は、脳全体の活動を低下させるタイプが多く、副作用も懸念される。岡村教授は「Gpr176を標的にすることで、体内時計の調節にのみ特化した安全な睡眠薬が期待できる。候補物質を探していきたい」と話している。

【 2016年02月17日 22時20分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      共生社会実現、被害者追悼に 相模原殺傷事件1カ月

      20160826000048

       相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で19人が刺殺され、27人が負傷した事件から2..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      マリナーズ青木は4打数無安打
      ホワイトソックス戦

      20160826000065

       ▽ホワイトソックス―マリナーズ(25日・シカゴ) マリナーズの青木は「1番・左翼」で出場..... [ 記事へ ]

      経済

      NY株続落、33ドル安
      様子見で値動き小幅

      20160826000016

       【ニューヨーク共同】25日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前日比..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      揚げものでアゲアゲ 滋賀・湖南 9月3、4日に食イベント

      20160826000034

       全国から集まった揚げもの店の味を確かめ来場者の投票でナンバーワンを決める「あげあげサミ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      各校の特色、保護者らに紹介 京都・左京で私立中・高展

      20160826000063

       2017年度入試を前に京都府内の私学の特色を紹介する「第30回京都私立中学・高校展」(..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      クマノミ見に来て 京都水族館、日本で見られる6種「洞窟」誕生

      20160825000163

       日本近海で見ることのできる6種類のクマノミを観察できる「クマノミの洞窟」が京都水族館(..... [ 記事へ ]