出版案内
福祉事業団
47NEWS

体内時計つかさどるタンパク質発見 京大、睡眠薬開発に期待

 体内時計をつかさどる新たなタンパク質を、京都大薬学研究科の岡村均教授や土居雅夫准教授のグループが見つけた。新しいタイプの睡眠薬の開発におけるターゲットになり得るといい、英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズで17日、発表した。

 体内時計は、脳の奥にある視交叉(しこうさ)上核(SCN)が中枢の役割を担っている。グループは、SCNにのみ局所的に存在し、かつ、細胞の表面にあって薬剤が効きやすい膜タンパク質を網羅的に探し、Gpr176というタンパク質を見つけた。

 Gpr176の働きをなくしたマウスは、既に見つかっている時計遺伝子の働きのリズムが乱れたことから、体内時計の調律機能があることが分かった。Gpr176が活性化すると、脳内の状態が「夜型」になることから、Gpr176の働きを活発にする薬剤は睡眠薬として期待できるという。

 既存の睡眠薬は、脳全体の活動を低下させるタイプが多く、副作用も懸念される。岡村教授は「Gpr176を標的にすることで、体内時計の調節にのみ特化した安全な睡眠薬が期待できる。候補物質を探していきたい」と話している。

【 2016年02月17日 22時20分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      日本一の観覧車オープン、大阪
      エキスポシティ、高さ123m

      20160701000126

       大阪府吹田市の大型複合施設「エキスポシティ(EXPOCITY)」で高さ123メートルの..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      9月のソフト国際大会アピール
      代表選手ら五輪復帰見据え

      20160701000112

       4カ国・地域によるソフトボールのジャパンカップ国際女子大会(9月2~4日・群馬県高崎市..... [ 記事へ ]

      経済

      シャープ本社、堺工場に移転
      経費削減、新天地で再起

      20160701000121

       経営再建中のシャープは1日、本社を大阪市阿倍野区から堺市堺区の堺工場へ移転した。経費節..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      輝く夏 いざなう波音 京都府北部で海開き

      20160701000098

       海水浴シーズンを迎え、京都府北部の海水浴場で1日、「海開き」が始まった。梅雨の晴れ間が..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      役になりきり自信の狂言 大津・長等小 能舞台で熱演

      20160701000050

       大津市大門通の長等小は30日、「狂言発表会」を同市園城寺町の市伝統芸能会館で開いた。は..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      シーラカンスの新種化石
      西ティモールの2億年前地層

      20160701000081

       北九州市立自然史・歴史博物館などの研究グループは1日、インドネシア東部の西ティモールで..... [ 記事へ ]