出版案内
福祉事業団
47NEWS

体内時計つかさどるタンパク質発見 京大、睡眠薬開発に期待

 体内時計をつかさどる新たなタンパク質を、京都大薬学研究科の岡村均教授や土居雅夫准教授のグループが見つけた。新しいタイプの睡眠薬の開発におけるターゲットになり得るといい、英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズで17日、発表した。

 体内時計は、脳の奥にある視交叉(しこうさ)上核(SCN)が中枢の役割を担っている。グループは、SCNにのみ局所的に存在し、かつ、細胞の表面にあって薬剤が効きやすい膜タンパク質を網羅的に探し、Gpr176というタンパク質を見つけた。

 Gpr176の働きをなくしたマウスは、既に見つかっている時計遺伝子の働きのリズムが乱れたことから、体内時計の調律機能があることが分かった。Gpr176が活性化すると、脳内の状態が「夜型」になることから、Gpr176の働きを活発にする薬剤は睡眠薬として期待できるという。

 既存の睡眠薬は、脳全体の活動を低下させるタイプが多く、副作用も懸念される。岡村教授は「Gpr176を標的にすることで、体内時計の調節にのみ特化した安全な睡眠薬が期待できる。候補物質を探していきたい」と話している。

【 2016年02月17日 22時20分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      渋谷のシエスパ爆発、有罪確定へ
      設計担当者、最高裁が上告棄

      20160526000115

       東京・渋谷の温泉施設「シエスパ」で2007年、3人が死亡した爆発事故で、最高裁第1小法..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      車いすテニス、男子決勝へ
      世界国別選手権、女子V逃す

      20160526000114

       車いすテニスの世界国別選手権第4日が26日、東京・有明コロシアムなどで行われ、日本は2..... [ 記事へ ]

      経済

      ウィンドウズ10に勝手に更新
      MSへ問い合わせ相次ぐ

      20160526000094

       米マイクロソフトが提供する最新の基本ソフト(OS)「ウィンドウズ10」への更新を巡り、..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      大島親方、ちゃんこ鍋で募金訴え 京都・隨心院

      20160526000048

       熊本地震の被災地を支援する「復興チャリティーイベント」が25日、京都市山科区の隨心院で..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      学生数低迷、老朽化…京大など原子力教育先細りも

      20160524000131

       東京電力福島第1原発事故後、約2年間止まっている京都大と近畿大の研究用原子炉が原子力規..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      大西さん、宇宙へ最終試験
      「わくわくと緊張」

      20160526000121

       【モスクワ共同】6月24日にロシアのソユーズ宇宙船で国際宇宙ステーション(ISS)に向..... [ 記事へ ]