出版案内
福祉事業団
47NEWS

体内時計つかさどるタンパク質発見 京大、睡眠薬開発に期待

 体内時計をつかさどる新たなタンパク質を、京都大薬学研究科の岡村均教授や土居雅夫准教授のグループが見つけた。新しいタイプの睡眠薬の開発におけるターゲットになり得るといい、英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズで17日、発表した。

 体内時計は、脳の奥にある視交叉(しこうさ)上核(SCN)が中枢の役割を担っている。グループは、SCNにのみ局所的に存在し、かつ、細胞の表面にあって薬剤が効きやすい膜タンパク質を網羅的に探し、Gpr176というタンパク質を見つけた。

 Gpr176の働きをなくしたマウスは、既に見つかっている時計遺伝子の働きのリズムが乱れたことから、体内時計の調律機能があることが分かった。Gpr176が活性化すると、脳内の状態が「夜型」になることから、Gpr176の働きを活発にする薬剤は睡眠薬として期待できるという。

 既存の睡眠薬は、脳全体の活動を低下させるタイプが多く、副作用も懸念される。岡村教授は「Gpr176を標的にすることで、体内時計の調節にのみ特化した安全な睡眠薬が期待できる。候補物質を探していきたい」と話している。

【 2016年02月17日 22時20分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      落雷事故時に電気コントロール 関電、京都の給電所で訓練

      20160725000142

       落雷や台風が多発する時期を迎え、関西電力は25日、京都市内にあり、管内の電気の流れをコ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      女子ゴルフ、野村は22位
      世界ランキング

      20160726000002

       女子ゴルフの25日付世界ランキングが発表され、野村敏京は22位で変わらなかった。渡辺彩..... [ 記事へ ]

      経済

      ロシア工場を拡張 アークレイ、尿検査試薬の製造開始

      20160725000134

       臨床検査機器大手のアークレイ(京都市中京区)は、安定成長が見込めるとしてロシア事業を強..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      文化都市京都の創生提言 「日本人の忘れもの」知恵会議

      20160725000147

       京都から、次世代に伝えるべき文化を考える京都新聞のキャンペーン「日本人の忘れもの」知恵..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自由研究どうすればいい? 京都4施設の職員に相談

      20160724000061

       京都市動物園、府立植物園、京都水族館、市青少年科学センターによる「夏休みの宿題いきもの..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      希少トカゲ、違法に日本で売買か
      マレーシアが取引禁止提案

      20160725000023

       マレーシアとインドネシアのボルネオ島(カリマンタン島)だけに生息する希少な爬虫類「ボル..... [ 記事へ ]