出版案内
福祉事業団

RNA目印に細胞を選別 京大iPS研グループ

 細胞内の遺伝子RNAを目印にして目的の細胞を高精度に選別する手法を、京都大iPS細胞研究所の齊藤博英教授のグループが開発した。高品質なiPS細胞の選別などにも応用が期待できる成果で、英科学誌サイエンティフィック・リポーツで23日発表した。

 細胞の選別には、細胞表面のタンパク質に結合する抗体を使う手法が一般的だが、選別に適当なタンパク質が見つかっていない細胞種もある。齊藤教授のグループは、特定のRNA(マイクロRNA)がないと光る蛍光分子を人工的に作製して細胞内に導入し、蛍光の有無で選別する手法を既に開発している。

 今回、蛍光分子を複数使うことで、分子の蛍光比を基に、より精度よく選別できることを確かめた。新手法では、4種類の分子を用いれば100種類の細胞を見分けられるという。

 iPS細胞を使った再生医療では、変異のあるiPS細胞などの目的外の細胞を見分けて除く必要がある。細胞内のマイクロRNAは、細胞の種類や成熟度が異なると分布が大きくことなるため、選別の標的として有望という。

【 2016年02月23日 22時30分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      フリーゲージトレイン、検証走行
      来年3月まで摩耗対策確認

      20161203000133

       鉄道建設・運輸施設整備支援機構は3日深夜、九州新幹線長崎ルート(博多―長崎)に導入予定..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカー、大迫はフル出場
      独1部L、原口は後半退く

      20161204000007

       【ジンスハイム(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグは3日、各地で行われ、ケルンの..... [ 記事へ ]

      経済

      年80万人、高速やクルーズ追い風 京都・舞鶴とれとれセンター

      20161203000110

       舞鶴の観光名所としてにぎわう道の駅「舞鶴港とれとれセンター」(京都府舞鶴市下福井)が来..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      山城ブーム、「丹波下村城」を観光に 京都・美山で住民ら調査

      20161203000119

       全国で山城ブームが広がる中、京都府南丹市美山町下区の住民たちがこのほど、地域の山中にあ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      岩盤や急斜面に緑を 京都・北桑田高生、独自キットで植樹

      20161203000112

       京都府内で唯一、林業を学ぶ学科を持つ北桑田高(京都市右京区)の生徒たちが、企業と開発し..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      パリ協定の行方、トランプ氏を注視 京都で温暖化防止シンポ

      20161203000126

       脱炭素社会の道筋を探るシンポジウム「市民が進める温暖化防止2016」が3日、京都市上京..... [ 記事へ ]