出版案内
福祉事業団
47NEWS

RNA目印に細胞を選別 京大iPS研グループ

 細胞内の遺伝子RNAを目印にして目的の細胞を高精度に選別する手法を、京都大iPS細胞研究所の齊藤博英教授のグループが開発した。高品質なiPS細胞の選別などにも応用が期待できる成果で、英科学誌サイエンティフィック・リポーツで23日発表した。

 細胞の選別には、細胞表面のタンパク質に結合する抗体を使う手法が一般的だが、選別に適当なタンパク質が見つかっていない細胞種もある。齊藤教授のグループは、特定のRNA(マイクロRNA)がないと光る蛍光分子を人工的に作製して細胞内に導入し、蛍光の有無で選別する手法を既に開発している。

 今回、蛍光分子を複数使うことで、分子の蛍光比を基に、より精度よく選別できることを確かめた。新手法では、4種類の分子を用いれば100種類の細胞を見分けられるという。

 iPS細胞を使った再生医療では、変異のあるiPS細胞などの目的外の細胞を見分けて除く必要がある。細胞内のマイクロRNAは、細胞の種類や成熟度が異なると分布が大きくことなるため、選別の標的として有望という。

【 2016年02月23日 22時30分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      皇太子夫妻が交流会議出席
      雅子さま、2日連続の公務

      20160929000159

       皇太子ご夫妻は29日、東京都千代田区のホテルニューオータニを訪れ、「国際青年交流会議」..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ヤクルト、広岡が初打席本塁打
      セ高校出新人では56年ぶり

      20160929000150

       ヤクルトのドラフト2位新人の広岡大志内野手(19)が29日、横浜スタジアムで行われたD..... [ 記事へ ]

      経済

      日銀総裁、銀行経営考慮し対応
      新たな金融政策運営で

      20160929000155

       日銀の黒田東彦総裁は29日、東京都内で開かれた全国証券大会であいさつし、短期金利や長期..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      祇園甲部歌舞練場、一時休館 耐震改修で

      20160929000107

       八坂女紅場学園は29日、「都をどり」などの公演舞台である祇園甲部歌舞練場(京都市東山区..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      “ナンバ歩き” 省エネ実証 京都・桃山高生が研究

      20160929000164

       同じ側の手足を同時に動かす歩き方で、江戸時代まで日本人がしていたとされる「ナンバ歩き」..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      宇宙の放射線帯を探査、衛星公開
      JAXA

      20160929000153

       宇宙航空研究開発機構(JAXA)は29日、地球を取り巻く強い放射線帯の謎を調べる探査衛..... [ 記事へ ]