出版案内
福祉事業団

優勝ミミズは85センチ 滋賀の全国ダービー

河瀬学芸員が見つけた体長85センチのダービー優勝ミミズ(琵琶湖博物館提供)
河瀬学芸員が見つけた体長85センチのダービー優勝ミミズ(琵琶湖博物館提供)

 ミミズの国内種最長「ハッタミミズ」を全国で探し出して長さを競う「全国ハッタミミズ・ダービー」でこのほど、滋賀県甲賀市水口町松尾で昨年6月に採集された85センチが最長となり、優勝ミミズに決まった。松尾地区では同7月にも日本最長記録となる96センチのものが見つかっており、関係者は「豊かな自然が残っている」と話す。

 ハッタミミズは環境省レッドリストの準絶滅危惧種になっている。ダービーは県立琵琶湖博物館(草津市)などが企画。昨年5月から7カ月間の日程で、滋賀、石川などの研究者でつくる実行委(渡辺弘之京都大名誉教授会長)が、ホームページなどを通じて参加を呼び掛けた。

 優勝ミミズは、甲賀市水口町の「みなくち子どもの森自然館」の河瀬直幹学芸員(41)が館内で展示するハッタミミズを探していて休耕田で発見。泥の地面にふんの固まりがあり、穴の中にいる位置を推定した。「体がちぎれないように手で注意深く掘り出した。松尾はハッタミミズの聖地と言われています」と河瀬学芸員。

 実行委事務局長を務めた琵琶湖博物館の大塚泰介学芸員(48)は「ダービーの次はハッタミミズの長さや生息する田んぼを認証する組織をつくり、分布調査が進むようにしたい」と構想を練っている。

【 2016年02月28日 10時20分 】

ニュース写真

  • 河瀬学芸員が見つけた体長85センチのダービー優勝ミミズ(琵琶湖博物館提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      京都の空き家対策、実現性疑問? 「地域ごと事情違う」の声も

      20170123000018

       空き家の活用・流通などを図るため、京都市が策定を進める2017年度から10年間の「空き..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      マインツ武藤、4カ月ぶり復帰
      ドイツ1部サッカー

      20170123000017

       【マインツ(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグで武藤嘉紀のマインツは22日、ホー..... [ 記事へ ]

      経済

      鴻海会長「シャープから学んだ」
      旧正月前に忘年会

      20170122000064

       【台北共同】シャープの親会社である鴻海精密工業(台湾)の郭台銘会長は22日、春節(旧正..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「天翔の櫓」城主の眺め 滋賀・水口岡山城跡

      20170122000062

       昨年11月に国の史跡指定の答申を受けた水口岡山城跡がある甲賀市水口町の古城山(標高28..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      銅駝美工高、京都駅東地区に移転へ 市立芸大と連携

      20170123000014

       京都市と市教育委員会が銅駝美術工芸高(中京区)を下京区の京都駅東地区へ移転させる方向で..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      防衛省初衛星24日打ち上げ
      種子島から午後、H2Aで

      20170122000088

       宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業は22日、防衛省が初めて保有し運用する通信..... [ 記事へ ]