出版案内
福祉事業団
47NEWS

南米原産種、琵琶湖北部に拡大 ナガエツルノゲイトウ

 琵琶湖での大量繁茂が課題になっている特定外来生物のナガエツルノゲイトウが、滋賀県長浜市湖北町海老江や竹生島など北湖の北部にも拡大していることが、1日の琵琶湖外来水生植物対策協議会で報告された。繁殖力が旺盛で、水路や農地への拡大も懸念されることから、協議会では駆除を急ぐことを確認した。

 滋賀県によると、ナガエツルノゲイトウは2004年に彦根市薩摩町の神上沼で初確認された。これまでは、琵琶湖東岸は同市の矢倉川、西岸は高島市安曇川町北船木がそれぞれ分布の北限だったが、15年度には東岸側は長浜市の海老江や豊公園、南浜、早崎、竹生島、米原市の蓮池で確認された。西岸では高島市の藁園や針江、饗庭でも見つかった。

 生育規模は蓮池で約1360平方メートルに広がっているが、他は人手で駆除が可能な範囲にとどまっているという。分布域の拡大について、県自然環境保全課は「南米原産種だが、琵琶湖の水温に順応している。近年の温暖化も繁茂に寄与していることは否めない」とみている。

 北湖では、高島市や米原市で同じ特定外来生物のオオバナミズキンバイも確認されている。このため、駆除などの対策を協議する同協議会に彦根、長浜、高島、米原4市も参加することが決まった。この日の協議会では、参加者から「刈り取った水草を焼却前に乾燥させる場所の確保に協力してほしい」「水草の特性を広く県民に知ってもらうことが必要だ」などの意見が出された。

【 2016年03月02日 08時41分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      殺人容疑で男に逮捕状、和歌山
      発砲後に会社の車で逃走か

      20160829000094

       和歌山市の建設会社「和大興業」で従業員4人が撃たれ死傷した事件で、和歌山県警は29日、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      テニス、土居は初戦敗退
      全米オープン開幕

      20160830000005

       【ニューヨーク共同】テニスの四大大会最終戦、全米オープンは29日、ニューヨークのビリー..... [ 記事へ ]

      経済

      極薄板ガラスと銅配線を組み合わせる 日電硝がシート開発

      20160829000119

       日本電気硝子は、タッチパネル用のセンサーシートで、曲げることができる極薄板ガラスと銅配..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      歴史都市、発掘に困難も 世界考古学会議京都大会

      20160829000134

       同志社大(京都市上京区)で開催中の「世界考古学会議第8回京都大会(WAC8)」は29日..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      答えのない授業、高校生挑む 京大で開催 「若い発想大切に」

      20160829000135

       著書「ミライの授業」などで若い世代に知の力を伝授する京都大客員准教授瀧本哲史さんが、高..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      猿人も木から落ちる
      ルーシーは転落死と米研究チーム

      20160830000007

       約320万年前に生息していた初期人類の一種で、「ルーシー」の名前で知られる女性の猿人は..... [ 記事へ ]