出版案内
福祉事業団

南米原産種、琵琶湖北部に拡大 ナガエツルノゲイトウ

 琵琶湖での大量繁茂が課題になっている特定外来生物のナガエツルノゲイトウが、滋賀県長浜市湖北町海老江や竹生島など北湖の北部にも拡大していることが、1日の琵琶湖外来水生植物対策協議会で報告された。繁殖力が旺盛で、水路や農地への拡大も懸念されることから、協議会では駆除を急ぐことを確認した。

 滋賀県によると、ナガエツルノゲイトウは2004年に彦根市薩摩町の神上沼で初確認された。これまでは、琵琶湖東岸は同市の矢倉川、西岸は高島市安曇川町北船木がそれぞれ分布の北限だったが、15年度には東岸側は長浜市の海老江や豊公園、南浜、早崎、竹生島、米原市の蓮池で確認された。西岸では高島市の藁園や針江、饗庭でも見つかった。

 生育規模は蓮池で約1360平方メートルに広がっているが、他は人手で駆除が可能な範囲にとどまっているという。分布域の拡大について、県自然環境保全課は「南米原産種だが、琵琶湖の水温に順応している。近年の温暖化も繁茂に寄与していることは否めない」とみている。

 北湖では、高島市や米原市で同じ特定外来生物のオオバナミズキンバイも確認されている。このため、駆除などの対策を協議する同協議会に彦根、長浜、高島、米原4市も参加することが決まった。この日の協議会では、参加者から「刈り取った水草を焼却前に乾燥させる場所の確保に協力してほしい」「水草の特性を広く県民に知ってもらうことが必要だ」などの意見が出された。

【 2016年03月02日 08時41分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      たたら製鉄の火入れ式、島根
      日本刀の原料「玉鋼」作り

      20170118000073

       日本刀の原料となる玉鋼を生産する古来の製鉄技術「たたら吹き」を国内で唯一継承している製..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      米野球殿堂入り19日午前発表
      バグウェル氏ら有力

      20170118000041

       【ニューヨーク共同】米国野球殿堂は米東部時間18日午後6時(日本時間19日午前8時)に..... [ 記事へ ]

      経済

      東証、午前終値1万8776円
      一時1カ月半ぶり安値

      20170118000064

       18日午前の東京株式市場は、円高ドル安の進行や前日の欧米株安を嫌気する売り注文が先行し..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都府茶業会館の修理工事完了 宇治、建築当時の木製扉に

      20170118000046

       国選定の重要文化的景観「宇治の文化的景観」で重要な構成要素となっている京都府茶業会館(..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      通学域や統合、総意得た順に対応 大津市教委が学区説明会

      20170117000120

       将来の児童生徒数の減少が想定される中、大津市教育委員会は17日から、「小規模校」とされ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      もんじゅ廃炉で規則改正へ
      規制委、監視専門チームも

      20170118000074

       原子力規制委員会は18日、定例会合を開き、日本原子力研究開発機構の高速増殖原型炉もんじ..... [ 記事へ ]