出版案内
福祉事業団
47NEWS

南米原産種、琵琶湖北部に拡大 ナガエツルノゲイトウ

 琵琶湖での大量繁茂が課題になっている特定外来生物のナガエツルノゲイトウが、滋賀県長浜市湖北町海老江や竹生島など北湖の北部にも拡大していることが、1日の琵琶湖外来水生植物対策協議会で報告された。繁殖力が旺盛で、水路や農地への拡大も懸念されることから、協議会では駆除を急ぐことを確認した。

 滋賀県によると、ナガエツルノゲイトウは2004年に彦根市薩摩町の神上沼で初確認された。これまでは、琵琶湖東岸は同市の矢倉川、西岸は高島市安曇川町北船木がそれぞれ分布の北限だったが、15年度には東岸側は長浜市の海老江や豊公園、南浜、早崎、竹生島、米原市の蓮池で確認された。西岸では高島市の藁園や針江、饗庭でも見つかった。

 生育規模は蓮池で約1360平方メートルに広がっているが、他は人手で駆除が可能な範囲にとどまっているという。分布域の拡大について、県自然環境保全課は「南米原産種だが、琵琶湖の水温に順応している。近年の温暖化も繁茂に寄与していることは否めない」とみている。

 北湖では、高島市や米原市で同じ特定外来生物のオオバナミズキンバイも確認されている。このため、駆除などの対策を協議する同協議会に彦根、長浜、高島、米原4市も参加することが決まった。この日の協議会では、参加者から「刈り取った水草を焼却前に乾燥させる場所の確保に協力してほしい」「水草の特性を広く県民に知ってもらうことが必要だ」などの意見が出された。

【 2016年03月02日 08時41分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      伊豆諸島沖で高知の漁船火災
      カツオ一本釣り漁獲2位

      20160527000055

       27日午前0時ごろ、伊豆諸島・御蔵島の南東約37キロを航行していた高知県黒潮町のカツオ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      IOC副会長が江の島視察
      東京五輪セーリング会場

      20160527000061

       2020年東京五輪・パラリンピックの準備状況を確認するため来日した国際オリンピック委員..... [ 記事へ ]

      経済

      ARで妖怪体験 京都・大将軍商店街、7月からツアー

      20160527000049

       妖怪伝説が残る京都市上京区の大将軍商店街で、地元のソフト開発会社、都ソフトウェアが、A..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      冠句や俳句の上達祈願 京都・長岡天満宮で文芸祭、優秀作奉納

      20160527000039

       京都府長岡京市天神2丁目の長岡天満宮で26日、学芸の神様として知られる祭神・菅原道真に..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「青い目の人形」 贈り主の孫夫妻 京都・高倉小を訪問

      20160527000026

       日米友好の懸け橋として戦前に米国から贈られた「青い目の人形」がある京都市中京区の高倉小..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      宇宙の新住居棟、膨らまず
      NASAが試験中止

      20160526000137

       【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は26日、宇宙空間で風船のように膨らむ新型の..... [ 記事へ ]