出版案内
福祉事業団

南米原産種、琵琶湖北部に拡大 ナガエツルノゲイトウ

 琵琶湖での大量繁茂が課題になっている特定外来生物のナガエツルノゲイトウが、滋賀県長浜市湖北町海老江や竹生島など北湖の北部にも拡大していることが、1日の琵琶湖外来水生植物対策協議会で報告された。繁殖力が旺盛で、水路や農地への拡大も懸念されることから、協議会では駆除を急ぐことを確認した。

 滋賀県によると、ナガエツルノゲイトウは2004年に彦根市薩摩町の神上沼で初確認された。これまでは、琵琶湖東岸は同市の矢倉川、西岸は高島市安曇川町北船木がそれぞれ分布の北限だったが、15年度には東岸側は長浜市の海老江や豊公園、南浜、早崎、竹生島、米原市の蓮池で確認された。西岸では高島市の藁園や針江、饗庭でも見つかった。

 生育規模は蓮池で約1360平方メートルに広がっているが、他は人手で駆除が可能な範囲にとどまっているという。分布域の拡大について、県自然環境保全課は「南米原産種だが、琵琶湖の水温に順応している。近年の温暖化も繁茂に寄与していることは否めない」とみている。

 北湖では、高島市や米原市で同じ特定外来生物のオオバナミズキンバイも確認されている。このため、駆除などの対策を協議する同協議会に彦根、長浜、高島、米原4市も参加することが決まった。この日の協議会では、参加者から「刈り取った水草を焼却前に乾燥させる場所の確保に協力してほしい」「水草の特性を広く県民に知ってもらうことが必要だ」などの意見が出された。

【 2016年03月02日 08時41分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      アウトドアで観光振興 滋賀・長浜市とモンベルが連携協定

      20170223000062

       滋賀県長浜市は22日、アウトドア用品メーカーのモンベル(大阪市西区)と「連携・協力に関..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      小池氏、国際パラ委会長と会談
      ボッチャで対戦

      20170223000058

       東京都の小池百合子知事は23日、国際パラリンピック委員会(IPC)のクレーブン会長と都..... [ 記事へ ]

      経済

      京都のホテル、閑散期も好調 外国人客急増で収益性向上

      20170223000064

       訪日外国人客の急増で、京都市内のホテルの採算性が向上している。従来は閑散期とされた夏季..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      朝日焼・十六世襲名記念展、シンプルモダンな新作ずらり 京都

      20170223000040

       江戸時代から続く宇治の茶陶、朝日焼の十六世松林豊斎さん(36)の襲名記念展が22日、京..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      一足早い春、京都で笑顔弾ける 公立高前期選抜で合格発表

      20170222000159

       京都府内の公立高入試で前期選抜の合格発表が22日、54校であった。全日制と定時制の計5..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      建設中の中間貯蔵施設公開、福島
      除染廃棄物を保管

      20170222000120

       環境省は22日、東京電力福島第1原発事故の除染で出た汚染土壌や草木などの廃棄物を保管す..... [ 記事へ ]