出版案内
福祉事業団
47NEWS

新たな脅威、琵琶湖に外来ナマズ 県水産試験場が生態調査

瀬田川や琵琶湖で増加しており、生態の解明が急がれるチャネルキャットフィッシュ=滋賀県水産試験場提供
瀬田川や琵琶湖で増加しており、生態の解明が急がれるチャネルキャットフィッシュ=滋賀県水産試験場提供

 琵琶湖の生態系の新たな脅威となっている特定外来生物「チャネルキャットフィッシュ」(アメリカナマズ)について、滋賀県水産試験場(彦根市)が生態の解明を進めている。同ナマズは瀬田川や南湖で捕獲が相次ぎ、捕らえた個体の大型化が報告されている。今後、効率的な駆除へ向けてさらにデータを集めていくという。

 同ナマズは北米原産。成魚は体長1メートルを超えることもあり、エビや小魚を食べる。鋭いヒレを持つため、漁網にかかった際に漁師が負傷するなど被害も出ている。県内では2001年に長浜市沖の琵琶湖で初めて発見され、11年には幼魚が見つかり、繁殖も懸念されている。

 近年は特に瀬田川での増加が目立っている。同試験場によると、14年度は35匹、15年度も25匹が捕獲された。捕獲個体を調べてみると、12年の平均体長は25・6センチだったが、15年は同41・5センチと年々大型化していることがわかった。

 同試験場では、15年度に衛星利用測位システム(GPS)を使った調査や飼育実験に取り組んできた。捕獲個体に発信器を付けて瀬田川に放流する調査では、日中は水深5、6メートルの下流にいるが、日が暮れると上流の浅い水域に移動していることを確認。えさを求めて移動しているとみられるという。

 捕獲地点の川底の地形も調べ、岩礁地帯が多いこともわかった。調査を担当した臼杵崇広専門員は「今後は季節による移動や、産卵、繁殖行動などのデータも集め、効率的な駆除技術の開発につなげていきたい」と話している。

【 2016年03月03日 23時01分 】

ニュース写真

  • 瀬田川や琵琶湖で増加しており、生態の解明が急がれるチャネルキャットフィッシュ=滋賀県水産試験場提供
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      麻生氏「証券会社勤めはやばい」
      首相時代に批判も

      20160830000146

       麻生太郎副総理兼財務相は30日、東京都内の会合で「債券、株に投資するのは危ないという思..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      巨5―2ヤ(30日)
      巨人、5連敗で止める

      20160830000144

       巨人が連敗を5で止めた。2―2の三回に村田の右前への2点打で勝ち越し。五回は坂本の適時..... [ 記事へ ]

      経済

      キリン、「氷結」発売中止
      原料果汁に問題

      20160830000108

       キリンビールは30日、9月に予定していた「キリン 氷結 ハロウィンオレンジ」の発売を中..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      自転車ごと乗車、ビワイチ手軽に 京都と滋賀結ぶシャトルバス

      20160830000051

       自転車での琵琶湖一周「ビワイチ」を楽しむ愛好家らのために、滋賀県守山市は9月から、JR..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      医大生、地域医療学ぶ 京都・福知山、トリアージも体験

      20160830000084

       地域医療を学ぼうと、京都府立医科大(京都市上京区)の学生が29日、福知山市厚中町の福知..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ネズミ上陸、オオミズナギドリ繁殖に影響? 京都・舞鶴沖の冠島

      20160830000029

       京都府舞鶴市教育委員会と冠島調査研究会は、同市沖の冠島で繁殖する府の鳥オオミズナギドリ..... [ 記事へ ]