出版案内
福祉事業団
47NEWS

睡眠時無呼吸症候群、治療後太りやすく

 睡眠時無呼吸症候群の治療を受けた患者は、治療前と比べて基礎代謝が下がって太りやすい体質になっていることを、京都大医学研究科の陳和夫特定教授と立川良医師らが突き止めた。「肥満は生活習慣病につながるため、治療時には注意が必要」としている。米医学誌にこのほど発表した。

 国内の同症候群患者は約500万人と推定されている。うち40万人は、鼻などから一定圧力の空気を持続的に送って気道の閉塞(へいそく)を防ぐCPAP(シーパップ)治療を受ける。研究グループは、30~70代の患者63人を対象にCPAP治療の前後で体重や基礎代謝、摂取カロリーなどを計測した。結果、治療開始から約3カ月で約5%分の基礎代謝が低下していることが分かった。一方で体重は33人が平均2・1キロ増加し、30人は同1・4キロ減少していた。全体平均では0・4キロの増加となった。

 基礎代謝低下は、睡眠状態の改善による交感神経の活動低下が一因という。体重の増加患者は減少患者に比べ、治療開始後の摂取カロリーの多いことが判明。増加患者には、過食に陥りやすい生活習慣を送っている傾向もあった。

 立川医師は「治療で体が楽になったという側面があり、体重増をネガティブに捉える必要はない。治療時にはよい食生活を意識して」と呼びかける。

【 2016年03月04日 08時30分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      新潟県知事、4選出馬を撤回
      柏崎刈羽再稼働に影響か

      20160830000103

       新潟県の泉田裕彦知事(53)は30日、4選に向けた10月投開票の知事選に出馬しない意向..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      日本バスケ改革へ決意 京都の兒玉氏、協会副会長に就任

      20160830000074

       日本バスケットボール協会の副会長にこのほど、京都府協会の兒玉幸長会長(67)が就任した..... [ 記事へ ]

      経済

      キリン、「氷結」発売中止
      原料果汁に偽装の可能性

      20160830000108

       キリンビールは30日、9月に予定していた「キリン 氷結 ハロウィンオレンジ」の発売を中..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      自転車ごと乗車、ビワイチ手軽に 京都と滋賀結ぶシャトルバス

      20160830000051

       自転車での琵琶湖一周「ビワイチ」を楽しむ愛好家らのために、滋賀県守山市は9月から、JR..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      医大生、地域医療学ぶ 京都・福知山、トリアージも体験

      20160830000084

       地域医療を学ぼうと、京都府立医科大(京都市上京区)の学生が29日、福知山市厚中町の福知..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ネズミ上陸、オオミズナギドリ繁殖に影響? 京都、舞鶴沖の冠島

      20160830000029

       京都府舞鶴市教育委員会と冠島調査研究会は、同市沖の冠島で繁殖する府の鳥オオミズナギドリ..... [ 記事へ ]