出版案内
福祉事業団

睡眠時無呼吸症候群、治療後太りやすく

 睡眠時無呼吸症候群の治療を受けた患者は、治療前と比べて基礎代謝が下がって太りやすい体質になっていることを、京都大医学研究科の陳和夫特定教授と立川良医師らが突き止めた。「肥満は生活習慣病につながるため、治療時には注意が必要」としている。米医学誌にこのほど発表した。

 国内の同症候群患者は約500万人と推定されている。うち40万人は、鼻などから一定圧力の空気を持続的に送って気道の閉塞(へいそく)を防ぐCPAP(シーパップ)治療を受ける。研究グループは、30~70代の患者63人を対象にCPAP治療の前後で体重や基礎代謝、摂取カロリーなどを計測した。結果、治療開始から約3カ月で約5%分の基礎代謝が低下していることが分かった。一方で体重は33人が平均2・1キロ増加し、30人は同1・4キロ減少していた。全体平均では0・4キロの増加となった。

 基礎代謝低下は、睡眠状態の改善による交感神経の活動低下が一因という。体重の増加患者は減少患者に比べ、治療開始後の摂取カロリーの多いことが判明。増加患者には、過食に陥りやすい生活習慣を送っている傾向もあった。

 立川医師は「治療で体が楽になったという側面があり、体重増をネガティブに捉える必要はない。治療時にはよい食生活を意識して」と呼びかける。

【 2016年03月04日 08時30分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      佐賀県が「カキ小屋発祥」
      公開したPR動画が話題

      20170221000013

       有明海に面する佐賀県太良町を「カキ小屋発祥の地」として売り出そうと、佐賀県が公開したP..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      集客“最下位”脱出なるか Bリーグ・京都

      20170221000024

       集客面での下位脱出なるか-。プロバスケットボールBリーグで、ホーム試合の観客数が1部1..... [ 記事へ ]

      経済

      省エネの家電制御マイコン、ロームが開発

      20170221000022

       ロームは、家電や産業機器の動作を制御するマイコンで、消費電力を低減し、回路の故障を検知..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      大賞の上坂さんら新鋭たたえる 京都で続「日本画新展」授賞式

      20170220000180

       京都市下京区の美術館「えき」KYOTOで開催中の第4回続(しょく)「京都 日本画新展」..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      小4いじめ報告書公表せず、大津
      市教委、家族要望に反し

      20170221000019

       大津市で2015年、市立小4年だった男児(11)がいじめ被害を訴えて不登校になり、市教..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      東電、ドローンで3次元構造把握
      導入目指し飛行試験実施

      20170220000120

       東京電力は20日、福島第1原発の廃炉作業に役立てるため、3次元で施設内の空間構造の把握..... [ 記事へ ]