出版案内
福祉事業団
47NEWS

睡眠時無呼吸症候群、治療後太りやすく

 睡眠時無呼吸症候群の治療を受けた患者は、治療前と比べて基礎代謝が下がって太りやすい体質になっていることを、京都大医学研究科の陳和夫特定教授と立川良医師らが突き止めた。「肥満は生活習慣病につながるため、治療時には注意が必要」としている。米医学誌にこのほど発表した。

 国内の同症候群患者は約500万人と推定されている。うち40万人は、鼻などから一定圧力の空気を持続的に送って気道の閉塞(へいそく)を防ぐCPAP(シーパップ)治療を受ける。研究グループは、30~70代の患者63人を対象にCPAP治療の前後で体重や基礎代謝、摂取カロリーなどを計測した。結果、治療開始から約3カ月で約5%分の基礎代謝が低下していることが分かった。一方で体重は33人が平均2・1キロ増加し、30人は同1・4キロ減少していた。全体平均では0・4キロの増加となった。

 基礎代謝低下は、睡眠状態の改善による交感神経の活動低下が一因という。体重の増加患者は減少患者に比べ、治療開始後の摂取カロリーの多いことが判明。増加患者には、過食に陥りやすい生活習慣を送っている傾向もあった。

 立川医師は「治療で体が楽になったという側面があり、体重増をネガティブに捉える必要はない。治療時にはよい食生活を意識して」と呼びかける。

【 2016年03月04日 08時30分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      「9条守る願いを託して」 共産・志位委員長、京都で訴え

      20160626000117

       共産党の志位和夫委員長は、参院選(7月10日投開票)公示後、初の日曜となった26日、京..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サンガ、今季初連敗 サッカーJ2

      20160626000123

       サッカーJ2第20節は26日、西京極陸上競技場などで11試合を行い、京都サンガFCは1..... [ 記事へ ]

      経済

      市場安定へG20の協調訴え
      中国、指導力発揮狙う

      20160626000089

       【天津共同】中国の李保東外務次官は26日、英国の欧州連合(EU)離脱問題をきっかけに混..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      キキョウ、晴れ間の彩り 京都・天得院

      20160626000116

       京都市東山区の東福寺塔頭・天得院で、キキョウが見頃を迎えている。連日の雨で深みを増した..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      大規模私大、定員増の動き 国の抑制策控え、京都の2校も

      20160626000005

       文部科学省による大規模大学の定員超過抑制策の本格導入を前に、大規模校(収容定員8千人以..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      群大手術死、医師に説明要求へ
      遺族会を結成

      20160626000103

       群馬大病院で男性医師(退職)の手術を受けた患者が相次いで死亡した問題で、一部の遺族らが..... [ 記事へ ]