出版案内
福祉事業団

睡眠時無呼吸症候群、治療後太りやすく

 睡眠時無呼吸症候群の治療を受けた患者は、治療前と比べて基礎代謝が下がって太りやすい体質になっていることを、京都大医学研究科の陳和夫特定教授と立川良医師らが突き止めた。「肥満は生活習慣病につながるため、治療時には注意が必要」としている。米医学誌にこのほど発表した。

 国内の同症候群患者は約500万人と推定されている。うち40万人は、鼻などから一定圧力の空気を持続的に送って気道の閉塞(へいそく)を防ぐCPAP(シーパップ)治療を受ける。研究グループは、30~70代の患者63人を対象にCPAP治療の前後で体重や基礎代謝、摂取カロリーなどを計測した。結果、治療開始から約3カ月で約5%分の基礎代謝が低下していることが分かった。一方で体重は33人が平均2・1キロ増加し、30人は同1・4キロ減少していた。全体平均では0・4キロの増加となった。

 基礎代謝低下は、睡眠状態の改善による交感神経の活動低下が一因という。体重の増加患者は減少患者に比べ、治療開始後の摂取カロリーの多いことが判明。増加患者には、過食に陥りやすい生活習慣を送っている傾向もあった。

 立川医師は「治療で体が楽になったという側面があり、体重増をネガティブに捉える必要はない。治療時にはよい食生活を意識して」と呼びかける。

【 2016年03月04日 08時30分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      事故や飲酒運転、タックルで吹っ飛ばせ 京都、府民運動始まる

      20161209000135

       年末の交通事故防止府民運動(11~31日)のスタート式が9日、京都市左京区の岡崎公園で..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      卓球、平野が逆転勝ちで8強へ
      伊藤敗退、グランドファイナル

      20161209000173

       【ドーハ共同】卓球のワールドツアー上位選手で争うグランドファイナル第2日は9日、ドーハ..... [ 記事へ ]

      経済

      エルメス流「おとぎ話の森の世界」 京都、祇園店で催し

      20161209000147

       大丸の創業300年を記念して京都市東山区祇園に期間限定で営業している「エルメス祇園店」..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      お待たせ、真っ白なゲレンデにシュプール 滋賀でスキー場開き

      20161209000139

       滋賀県高島市内にある4スキー場合同の冬山開きが9日、同市今津町の箱館山スキー場で開かれ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      統計データ活用で連携 滋賀大と統計センターが協定締結

      20161209000165

       滋賀大(滋賀県彦根市馬場1丁目)と独立行政法人統計センター(東京都新宿区)は9日、統計..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      こうのとり打ち上げ成功
      6回連続、信頼性高める

      20161209000187

       宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業は9日午後10時26分、国際宇宙ステーショ..... [ 記事へ ]