出版案内
福祉事業団
47NEWS

琵琶湖全循環、今春大幅遅れ 暖冬で湖面冷却不足

全循環が遅れている琵琶湖。秋以降の影響が懸念される(12日、大津市におの浜より北を望む)
全循環が遅れている琵琶湖。秋以降の影響が懸念される(12日、大津市におの浜より北を望む)

 酸素を豊富に含んだ表層の水が、湖底の水と完全に混ざり合う琵琶湖の「全循環」が今年は遅れていることが12日までにわかった。例年は1~2月に確認されるが3月に入っても湖底の一部で水が混ざりきっていない。大幅な遅れは2007年以来で、当時は秋に湖底の低酸素化が報告されており、研究者が注意深くデータの収集を続けている。

 冬場の琵琶湖では、外気で冷やされた表層の水や雪解け水が湖底へ沈み込み、対流が起きて上下の水が混ざり合う。酸素をたっぷり含んだ水が深い湖底まで届けられる年に一度の機会で、全循環は「琵琶湖の深呼吸」とも呼ばれる。

 毎年、琵琶湖環境科学研究センター(大津市)が、「第一湖盆」と呼ばれる水深約90メートルの北湖湖底などを調べて判断している。例年は1月下旬から2月中旬に、湖底付近の1リットルあたりの溶存酸素濃度が各調査地点で一様に10ミリグラムを超える。だが、今年は濃度が回復しきらず、3月4日の調査では7地点の値が同4・5ミリグラムから9・3ミリグラムまでの間にとどまった。同湖盆をのぞく湖底全体の9割以上では、水の循環が確認できているという。

 原因は暖冬とみられる。今冬は県内で降雪が極端に少なく、冬場の気温も平年より1~2度高かった。同センターの焦春萌専門研究員は「湖面冷却が不足したため、水深の深い地点では水温の低い水の塊がまだ残っている」と説明する。

 07年も記録的な暖冬で全循環が3月下旬までずれ込み、同年冬には、低酸素化の進んだ第一湖盆でイサザやスジエビの大量死が報告された。湖底の低酸素化は猛暑や台風通過の有無、植物プランクトンの増殖などにも左右されることがわかっており、同センターは「全循環の遅れている今年はより注意が必要」とし、調査を続けていくという。

【 2016年03月13日 09時29分 】

ニュース写真

  • 全循環が遅れている琵琶湖。秋以降の影響が懸念される(12日、大津市におの浜より北を望む)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      路上で女性刺され死亡、浜松
      殺人容疑で男逮捕

      20160701000003

       6月30日午後10時20分ごろ、浜松市東区小池町の路上で通行人が「首や胸を刺された女性..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      イブラヒモビッチ、来季はマンU
      フェイスブックで公表

      20160701000009

       サッカーの欧州選手権で敗退し、スウェーデン代表からの引退を表明したFWイブラヒモビッチ..... [ 記事へ ]

      経済

      マリアージュで万里を超える…餃子の王将、全店で白ワイン販売

      20160630000119

       「餃子の王将」を展開する王将フードサービスが、看板メニューのギョーザを女性でも食べやす..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      15世紀ごろの屋敷跡出土 京都嵐山の嵯峨遺跡、陶磁器も発見

      20160630000143

       京都市右京区嵯峨天龍寺若宮町の発掘調査で、15~16世紀の有力者の屋敷とみられる遺構が..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      震災被災地励ます親子地蔵、京都伝統工芸大の学生が制作

      20160630000140

       東日本大震災で亡くなった人たちの鎮魂と被害を受けた人たちの心の安寧を願い、京都府南丹市..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ゲノム編集で免疫ないサル誕生
      慶大など、霊長類に応用

      20160701000004

       効率的に遺伝子を改変できる「ゲノム編集」の技術を使い、免疫が働かない小型サルのマーモセ..... [ 記事へ ]