出版案内
福祉事業団
47NEWS

積水化学工場と琵琶湖ホテルに生物多様性大賞

「しが生物多様性大賞」を受賞し、今後の豊富を語る受賞団体の代表者(大津市・県公館)
「しが生物多様性大賞」を受賞し、今後の豊富を語る受賞団体の代表者(大津市・県公館)

 滋賀県と滋賀経済同友会による2015年度の「しが生物多様性大賞」の表彰式が15日、大津市の県公館であった。積水化学工業滋賀栗東工場(栗東市)などが進める工場の部材を有効活用した魚道づくりと、棚田米をレストランで用いる琵琶湖ホテル(大津市)などの「里山の食彩プロジェクト」が大賞を受賞した。

 同工場では、繊維強化プラスチックの切れ端を、琵琶湖の魚が田んぼに遡上(そじょう)しやすくする魚道として活用することを発案。県などと連携し、従来の木製より耐久性の高い魚道を設け、本年度の「日本自然保護大賞」にも選ばれた。

 琵琶湖ホテルは、2002年から里山の保全活動を始めた。高島市や大津市の棚田で育てた米をレストランで提供したり、棚田米を使った地酒づくりに取り組んできた。フィールド教育として、社員が棚田での稲刈りも実施している。

 表彰状を受け取った同工場の武克己工場長は「自然豊かな滋賀で生産活動しており、保全の一助になれば幸い」と述べ、琵琶湖ホテルの稲地利彦社長は「食べることが守ること、とのスローガンで始めた取り組みを続けたい」と話した。

 同賞は生態系や自然環境保全について県内の優れた活動を表彰し、今年で3年目。特別賞には、市民団体「琵琶湖を戻す会」などが取り組む「琵琶湖外来魚駆除の日」が選ばれた。

【 2016年03月16日 22時01分 】

ニュース写真

  • 「しが生物多様性大賞」を受賞し、今後の豊富を語る受賞団体の代表者(大津市・県公館)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      二条城、地域に開放を 「創造する会」初会合

      20160529000119

       世界遺産・二条城(京都市中京区)の活用促進策を市民目線で話し合う「二条城の価値を活かし..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      京産大、関学大とドロー 京都ラグビー祭

      20160529000112

       京都ラグビー祭は29日、西京極陸上競技場で行われ、メインの大学交流戦は京産大が28-2..... [ 記事へ ]

      経済

      伝統技法のつえ世界に 京都の「つえ屋」、欧州など進出計画

      20160529000043

       ステッキ・つえ専門店を展開するつえ屋(京都市上京区)が海外進出を計画している。来春のシ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      新選組元隊士、写真は何語る 生き残った島田魁

      20160529000097

       西本願寺を本山とする浄土真宗本願寺派の寺院・長圓寺(京都市上京区)で、1枚の古い写真が..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「『個』育ての勧め」 京都で教育創造フォーラム

      20160529000123

       「第9回京都21世紀教育創造フォーラム」が29日、京都市中京区の京都堀川音楽高で開かれ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      奄美大島でサンゴ産卵
      海はピンクの彩りに

      20160529000078

       サンゴ礁に囲まれた鹿児島県・奄美大島の沿岸で、今年もサンゴの産卵が確認された。精子と卵..... [ 記事へ ]