出版案内
福祉事業団
47NEWS

積水化学工場と琵琶湖ホテルに生物多様性大賞

「しが生物多様性大賞」を受賞し、今後の豊富を語る受賞団体の代表者(大津市・県公館)
「しが生物多様性大賞」を受賞し、今後の豊富を語る受賞団体の代表者(大津市・県公館)

 滋賀県と滋賀経済同友会による2015年度の「しが生物多様性大賞」の表彰式が15日、大津市の県公館であった。積水化学工業滋賀栗東工場(栗東市)などが進める工場の部材を有効活用した魚道づくりと、棚田米をレストランで用いる琵琶湖ホテル(大津市)などの「里山の食彩プロジェクト」が大賞を受賞した。

 同工場では、繊維強化プラスチックの切れ端を、琵琶湖の魚が田んぼに遡上(そじょう)しやすくする魚道として活用することを発案。県などと連携し、従来の木製より耐久性の高い魚道を設け、本年度の「日本自然保護大賞」にも選ばれた。

 琵琶湖ホテルは、2002年から里山の保全活動を始めた。高島市や大津市の棚田で育てた米をレストランで提供したり、棚田米を使った地酒づくりに取り組んできた。フィールド教育として、社員が棚田での稲刈りも実施している。

 表彰状を受け取った同工場の武克己工場長は「自然豊かな滋賀で生産活動しており、保全の一助になれば幸い」と述べ、琵琶湖ホテルの稲地利彦社長は「食べることが守ること、とのスローガンで始めた取り組みを続けたい」と話した。

 同賞は生態系や自然環境保全について県内の優れた活動を表彰し、今年で3年目。特別賞には、市民団体「琵琶湖を戻す会」などが取り組む「琵琶湖外来魚駆除の日」が選ばれた。

【 2016年03月16日 22時01分 】

ニュース写真

  • 「しが生物多様性大賞」を受賞し、今後の豊富を語る受賞団体の代表者(大津市・県公館)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      モデル気分で被災地元気に
      女川でファッションショー

      20160626000088

       東日本大震災で被災した女性を元気づけようと、宮城県女川町の路上で26日、住民参加のファ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      バレー日本、ロシアに逆転負け 女子ワールドGP京都大会

      20160626000112

       バレーボール女子・ワールドグランプリ京都大会最終日は26日、島津アリーナ京都で予選第3..... [ 記事へ ]

      経済

      北陸新幹線誘致、地元負担など議論停滞 京都・舞鶴

      20160626000048

       年内にも決まる北陸新幹線の敦賀以西ルートについて、京都府舞鶴市議会の一般質問で15、1..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都の天王山か、岐阜の関ケ原か 天下分け目の地どっち?

      20160626000093

       全国各地で熱い舌戦が繰り広げられている参院選だが、勝負の中でも歴史の節目となった戦いが..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      大規模私大、定員増の動き 国の抑制策控え、京都の2校も

      20160626000005

       文部科学省による大規模大学の定員超過抑制策の本格導入を前に、大規模校(収容定員8千人以..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      群大手術死、医師に説明要求へ
      遺族会を結成

      20160626000103

       群馬大病院で男性医師(退職)の手術を受けた患者が相次いで死亡した問題で、一部の遺族らが..... [ 記事へ ]