出版案内
福祉事業団

積水化学工場と琵琶湖ホテルに生物多様性大賞

「しが生物多様性大賞」を受賞し、今後の豊富を語る受賞団体の代表者(大津市・県公館)
「しが生物多様性大賞」を受賞し、今後の豊富を語る受賞団体の代表者(大津市・県公館)

 滋賀県と滋賀経済同友会による2015年度の「しが生物多様性大賞」の表彰式が15日、大津市の県公館であった。積水化学工業滋賀栗東工場(栗東市)などが進める工場の部材を有効活用した魚道づくりと、棚田米をレストランで用いる琵琶湖ホテル(大津市)などの「里山の食彩プロジェクト」が大賞を受賞した。

 同工場では、繊維強化プラスチックの切れ端を、琵琶湖の魚が田んぼに遡上(そじょう)しやすくする魚道として活用することを発案。県などと連携し、従来の木製より耐久性の高い魚道を設け、本年度の「日本自然保護大賞」にも選ばれた。

 琵琶湖ホテルは、2002年から里山の保全活動を始めた。高島市や大津市の棚田で育てた米をレストランで提供したり、棚田米を使った地酒づくりに取り組んできた。フィールド教育として、社員が棚田での稲刈りも実施している。

 表彰状を受け取った同工場の武克己工場長は「自然豊かな滋賀で生産活動しており、保全の一助になれば幸い」と述べ、琵琶湖ホテルの稲地利彦社長は「食べることが守ること、とのスローガンで始めた取り組みを続けたい」と話した。

 同賞は生態系や自然環境保全について県内の優れた活動を表彰し、今年で3年目。特別賞には、市民団体「琵琶湖を戻す会」などが取り組む「琵琶湖外来魚駆除の日」が選ばれた。

【 2016年03月16日 22時01分 】

ニュース写真

  • 「しが生物多様性大賞」を受賞し、今後の豊富を語る受賞団体の代表者(大津市・県公館)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      岡田節人氏死去 京大名誉教授、発生生物学の第一人者

      20170117000137

       発生生物学の第一人者で、岡崎国立共同研究機構長、JT生命誌研究館長などを務めた京都大名..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      空手荒賀、シンクロ乾ら表彰 2団体と10人に関西スポーツ賞

      20170117000161

       関西運動記者クラブ選定の第60回関西スポーツ賞の表彰式がこのほど、大阪市内のホテルで行..... [ 記事へ ]

      経済

      GM、米で1130億円追加投資
      雇用拡大へ、トランプ氏批判

      20170118000006

       【ニューヨーク共同】米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は17日、米国で10億ドル..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      スマホで「ユーフォニアム2」 京阪電鉄、宇治線でラリー開催

      20170117000135

       京阪電気鉄道は、京都府宇治市が舞台の人気アニメ「響け!ユーフォニアム2」をテーマにした..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      通学域や統合、総意得た順に対応 大津市教委が学区説明会

      20170117000120

       将来の児童生徒数の減少が想定される中、大津市教育委員会は17日から、「小規模校」とされ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      インフルで患者3人死亡、松山
      31人にも感染

      20170117000121

       松山市の野本記念病院は17日、入院患者と職員の計34人がインフルエンザに集団感染し、う..... [ 記事へ ]